So-net無料ブログ作成

ハハ・クリントン=ディックスを獲得

 トレードでGBのSハハ・クリントン=ディックスを獲得しました。代償は4巡指名権。

 今年は久しぶりにやってきたプレーオフのチャンスなので、トレードで動いてもいいと思ってました。ただ、獲りに行くとすれば、レシーバーしか頭になかったので、最初にこのニュースを見た時は意味が分からなかったです。

 トレード候補に挙がっていたWRでは、DETのゴールデン・テイトが一番欲しかったです。3巡を差し出してでも獲ったPHIのフロントはさすがですな。

 デショーン復帰説も流れましたが、さっさとショートパスを投げちゃうアスミスとは相性が合いそうもないので、さすがにそれはないだろうと思ってました。

 レシーバー陣が貧弱なのは事実ですが、アスミスがまだオフェンスにフィットしていないという側面もありました。なので、トレードでレシーバーを連れてきてもアジャストに時間がかかってしまう可能性が高く、トレードの代償を払う価値はあまりないなという気がしてました。

 てことで、「トレードでは動かないだろう」というのがワタシの予想でした。ところが、補強に動いたのは、完全にノーマークだったディフェンスでした。特にSは、スエリンジャーが絶好調で、2年目のニコルソンも悪くないだけに、本当に意外でしたね。

 ただ、ドラ4ルーキーのトロイ・アプキがIR入りしてデプスが薄くなり、主力に負傷者が出たらやばいことになる状況ではありました。また、Dラインと比べてパスDは不安定だったことも事実で、セカンダリーを補強する合理性はそれなりにありました。DALがクーパー、PHIがテイトを加えたことに対応する必要性もあったし。4巡という代償はかなり痛いけど、プレーオフに向けた一手としてはまあ悪くないかなあと。

 スエリンジャーとハハは、ショーン・テイラーとラロン・ランドリー以来の最強Sコンビでしょう。前回のエントリで紹介したPFFの評価でも、2人がトップ2だし。ワタシはあんまりSの価値がよく分からないのですが、今季好調の守備陣をさらなる高みに引き上げてほしいですね。

 NFC東は各チームがトレードに積極的に動きましたが、勝者はどのチームですかね。個人的にはフィリーかな。






nice!(3)  コメント(0) 

W8 今週も逃げ切り勝利

 確実に勝てる相手に負けるのがスキンズクオリティーなので、終盤にADの一発が出るまでは結構ドキドキでした。それにしてもNYGはどうしちゃったんですかね。元気が無いというか、ケミストリーが合ってないというか。

スキンズ 20ー13 ジャイアンツ

Sorry D.J.!
 Sスエリンジャーが2INTと獅子奮迅の活躍。モチベーションはこれだったそうで。


 DisRespectful! と、なんでトップの俺様の写真を使わねえんだと激怒したスエリンジャーに対し、PFFが謝罪。


 それにしても、スエリンジャーの活躍はマジで半端なかった。これがレッドゾーンでOBJと競り合って奪ったINTのシーン。素晴らしすぎる判断力&リアクション。


 これまた素晴らしすぎる判断力&リアクション。バークリーへのTDパスをブレイク。


 今シーズンのスエリンジャーの活躍はプロボウルレベルじゃないかと。魂がこもっているというか。今やチームのハート&ソウル。来年が契約最終年なので、オフに2年くらい契約延長したらどうすかね。

ランディフェンス&パスラッシュ
 バークリーを13キャリー、38ヤード、平均2.9ヤードと、ほぼシャットアウト。パスラッシュは怒涛の7サック。完璧に相手OLをドミネイトしました。DL陣の実力は本物だと思う。

CBグレッグ・ストローマン
 スターターのクイントン・ダンバーが負傷欠場したこの2試合、先発でアウトサイドを担当。途中出場を含め、毎試合ぶち抜かれてビッグプレーを献上しています。さすがにドラ7ルーキーには荷が重いですが、まあよく頑張っているほうじゃないですかね。童顔なので、今後はストローマン少年と呼ぶことにしますw バンクス少年以来、久しぶりw

やっぱり相変わらずのO#
 もう10点は取れる試合だよねえ。アスミスのパスヤードは3試合連続で160~170ヤード台。200ヤード以下がノーマルになってきました。ディフェンスが持ちこたえて勝っているけど、このパスオフェンスではキビシイ。ドクトソンの存在感が出てきたのがわずかな明るい材料。

 一方、ランはADのおかげで安定して出ています。ランで試合をコントロールして、守備が踏ん張る、今年はこれでいくしかないですかね。

5勝2敗
 シーズン序盤にこんな好成績はいつ以来ですかね。トップレベルのチームと比べると、実力差は相当あるけど、攻守のラインが安定しているので、そんなに大崩れしない気がしてきました。あとはパスオフェンスの向上、それだけ。




nice!(3)  コメント(2) 

最近気になったニュース

DALがトレードでWRクーパーを獲得
 どこかでレシーバーをテコ入れするだろうとは思ってましたが、まさか1巡を差し出すとは。1巡を差し出したからには、当然、契約延長しなければ割に合わないわけで、少なくとも今後3年くらいはクーパーと一蓮托生となります。パフォーマンスが下がり気味であることを考慮すると、ものすごいギャンブルに出ましたねえ。でも、今季プレーオフを狙うならリスクを冒す必要があるわけで、吉と出るか凶と出るかはわからないけど、その勇気はすごいと思います。

Mr. IrrelevantがIRから復帰へ
 DAL並みにレシーバーが悲惨なことになっているウチはどうなんだ、ってコトですが、今のところトレードで動く雰囲気はないです。グルーデンはトレードにちょっと期待していたところもあったみたいだけど。で、どれほどの戦力アップになるのか微妙だけど、開幕戦で足首を負傷しIR入りしていた今年のMr. Irrelevant、WRトレイ・クインを来週にもロースターに復帰させるそうです。ストリートFAを連れてくるよりは、キャンプからチームに居る選手のほうがちょっとはいいでしょうかね。スロットのクラウダーが怪我でしばらく出られないみたいなので、ポジション的にもクインの復帰はプラスです。

再建モードのNYG
 CBイーライ・アップルは「チームのガン」と言われていたくらいなので、まあトレードもありかなと思いますが、DTデーモン・ハリソンのトレードはちょっと信じられない。しかも見返りが5巡って。。350ポンドの巨体ながら、あれだけ脚力、フットワークの選手って、滅多に見つからないと思う。いつもハリソンにやられまくっていたウチとしては、天敵がいなくなってありがたいですケド。

ニック・セイバニズムの注入
 最近、ざっと読んだ記事の中で、ワシントン・ポストのこの記事が面白かったです。
Alabama players have brought toughness — and Nick Saban-isms — to the Redskins
 去年と今年のドラフトでアラバマの選手を2人ずつ計4人指名したわけですが、ニック・セイバンの教えがチームに注入されている、というお話です。アラバマ産はハズレが少ないという点で基本的に歓迎なのですが、それ以上に常勝軍団のメンタリティーをチームに持ち込んでほしいなとはずっと思ってました。実際にそうなっているようで何より。特にDLジョナサン・アレンの勝っても奢らない、いつもストイックなコメントは、以前から感心させられていました。

ミスタックルが減った!
 ウチの守備陣はタックルが甘いというイメージしかなかったんですが、どうしちゃったんでしょうか。これもアラバマ効果でしょうか。







nice!(3)  コメント(0) 

W7 ヒヤヒヤのエスケープその2

 相手のFGミスでヒヤヒヤの逃げ切り勝利。同点になっていたらモメンタム的に負けていたでしょうね。

スキンズ 20-17 カウボーイズ

運命の5ヤード
 最後のFG、ウチのオフサイドかと思ったら、なんと相手のフォルススタート。LSの「スナップインフラクション」という反則なんだそうですが、初めて聞いたわ。これで47ヤードから52ヤードトライになり、見事に外してくれました。試合中の映像ではさっぱり分かりませんでしたが、この映像を見ても何がいけないのかよく分かりませんw


 LSが相手のオフサイドを誘うようなボールの動かし方をしてはいけないんだそうです。今まで聞いたことのないような反則がなぜこの重要局面で取られたかですが、試合前、ウチのSTコーチからDALのLSが怪しい動きをするという指摘を受けたグルーデンが審判に注意してくれって言ったそうです。それで反則をもらえたとすれば、コーチ陣の超ファインプレーです。

エリオットを止めた!
 エリオットを止められるかどうかが勝負の分かれ道だと思ってましたが、15キャリー、33ヤード(平均2.2ヤード)に抑え込みました。こんなにランを完璧に止めた試合って、シャナハンが3-4を導入してランディフェンスを崩壊させてから初めてな気がする。10年近く続いていたランディフェンスの出血がやっと止まった、そんな気分。

 DLが良くなるとランってこんなに止まるもんなんですねえ。ダロン・ペインに1巡投じた価値がありました。ドラフト直後、ディスってすみませんでしたw


ディフェンスのビッグプレー
 久しぶりに叫びました。それくらいの快感の一撃。OLBケリガンのストリップサックから、リカバーしたOLBプレストン・スミスがそのままTD。ディフェンス頑張っとるなあ。


相変わらずのオフェンス
 「レシーバーがいない対決」なんて揶揄されていた試合でしたが、明らかにウチのレシーバーのほうが貧弱に見えました。リチャードソン、クラウダーが負傷離脱でスカスカの陣容。その中でも、RBピーターソンが気を吐いてくれたおかげで、なんとかドライブが進みました。相手がランを止めに来ることが分かっている展開でも走れるんだからスゴいよなあ。今までウチにそんなランナーいなかった。

NEXT
 次は不調にあえぐNYGとの対戦だけど、そんなに悪いチームには見えないんだよなあ。OJB、バークリー、シェパード、イングラムと、オフェンスのスキルポジションはリーグ屈指。OLも補強したし。なぜ勝てないのか不思議。簡単には勝たせてくれないでしょうね。




nice!(3)  コメント(2) 

W6 ヒヤヒヤのエスケープ

 CARの最後のドライブ、リードは6点差。結局、TDもらって逆転負けがオチだろうな、などと自虐的に見ていたのですが、何とかしのいでくれました。生きている心地がしなかったですな。

スキンズ 23-17 パンサーズ

ターンオーバー3つ
 格上の相手に勝つには相手のミスを誘ってターンオーバーを奪うしかないですが、それを見事にやってくれました。逆にウチは目立ったミスはなく、キャロパンに勝つにはこれしかない、という試合だったと思います。パチパチパチ。

ピーターソン
 17キャリー、97ヤード。試合を通じてコンスタントにゲインしてくれたので、オフェンスが随分楽になりました。彼の走り方って、惚れ惚れするほどカッコいいです。ゾクゾクするというか。ハイレベルのRBが1人いるだけで、オフェンスがこうも変わるものかなのかと。ミニマムで来てくれてありがとう!

CBノーマン
 NO戦のパフォーマンスはボロボロ、ハーフタイムにイヤホンを付けていた態度を叱られて一時ベンチに下げられ、Dホールからも批判され、といいところなしのノーマンでしたが、この試合はINT&FFとビッグプレーを連発。ウチに来て初めて貢献した気がする。

Kホプキンスが好調
 3発すべて決めてくれましたが、56ヤード、49ヤードの長い距離もきっちり決めてくれたのは値千金でした。56ヤードFGの前、ファンブルリカバリーしたLTトレントが怒涛のランで8ヤードゲインしたのが大きかった。あれでギリギリFGレンジに入りましたから。

勝ちパターンはこれだけ?
 今シーズン3勝すべてが序盤に大量リードして、グダグダの後半を何とかしのいで逃げ切る、というパターン。追う展開になってランが出しにくくなると、ランとショートパスでジワジワ攻めるアスミスオフェンスでは厳しいです。だとするとやっぱり8勝ペースかなあというのが率直な印象。

キャロパンに勝った!
 ニュートンがCARに入ってから、ウチはいつもボロ負けしており、ものすごい苦手意識がありました。個人的にはNEの次に「絶対に勝てない相手」というイメージがありましたもん。なので、勝ったことが何よりでかいです。

NEXT
 今季初の地区内ライバルとの対戦。DALは地味に調子を上げているので、タフな試合になると思います。レベルアップしたDL陣がエリオットを止められるか、これがすべてですね。




nice!(3)  コメント(2) 

W5 ボロ負け

 やっと見終わった~。3Qまでライブで見て仕事に出たんですが、その時点で既に大差。残りの4Qを見るのがまあ苦痛なこと。ボロ負けの展開の中で、新記録樹立のブリーズが家族とベタベタしているのを見せられると、もうイライラ感MAX。試合中に家族をフィールドに入れるなよ。ESPNの中継もブリーズばっかり。ぶつ、ぶつ、ぶつ。

スキンズ 19ー43 セインツ

致命的なディフェンスの反則
 セインツの最初の2回の攻撃、3rdダウンを止めたと思ったら、ともに反則でダウン更新。両方ともTDになり、これでほとんど試合は決まった感じでした。これがなければ試合はもう少し競っていたでしょうね。両方とも不必要な反則だっただけに無性に腹が立つ。

ビッグプレー連発
 今シーズンのディフェンスは、ゾーンの切れ目がヤバイなと感じていたのですが、そこを徹底的に狙われた印象を受けました。あんだけポンポン通されるなら、途中からマンに変えるとかできないんですかね。よくわからんけど。

 ブリーズが新記録樹立した時のプレーなんか最悪だった。あれはCBノーマンがチェックダウンに来ると早合点して、カバーしているレシーバーをフリーにしたところをあっさり通されました。後半の最初、ノーマンがベンチに下げられていたくらいなので、グルーデンもよっぽど激怒したんでしょう。

 ノーマンの代わりに出たドラ7ストローマンがあっさりTD献上。やっぱりデプス薄いよ。なぜスキャンドリックをリリースしたのか意味分からない。

アスミスの限界
 W2のコルツ戦と全く同じ課題が見えました。追う展開になってパスを投げざるを得なくなるシチュエーションになると、プレーアクションが使えないからミドル以降が全く通らない。ピンポイントでパスを通して苦しい局面を打開する能力がアスミスには決定的に足りないです。タレント不足でフリーになれないあのレシーバー陣では気の毒ではありますが。でも、ラティモアが負傷離脱したNOのCB陣に完敗というのはものすごくショック。

グルーデン時代の終わりの始まり?
 イケイケノリノリのNOが相手だったとはいえ、バイ開けでこの無様な試合っぷりは許されないです。たっぷり時間があったのに一体何を準備してきたのか。グルーデンのHCとしての力量不足を感じざるを得ないです。




nice!(3)  コメント(2) 

笑える動画

 オフィシャルでこんなナイスな動画をつくるなんて。


 バマの急増は分かっていたけど、オクラホマもこんなにいたんですな。左からPウェイ、AP、トレント、一番右はピーライン? あとPUPに入っているDLマギーもオクラホマ。

 大学のライバル関係で、昔、大笑いしたESPNのCMを思い出しました。





nice!(3)  コメント(2)