So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

QBハスキンズに関心?

 スキンズが、オハイオステートのQBドウェイン・ハスキンズ指名に興味を持っているとの報道が出ています。プロデイにはグルーデンとアレンが出席したほか、ドラフト前にハスキンズとの面談も予定しているそうです。ウチ以外に面談を予定しているのは、DEN、OAK、MIA。あれ、NYGは?

 個人的には、今ドラフトナンバーワンQBは、カイラー・マレーではなく、ハスキンズだと思っています(マレーがなぜ全体1位候補なのかさっぱりワカラナイ)。なので、チームが興味を持っていること自体は、まあウエルカム。

 去年米国出張した時、テレビでオハステの試合をフルで見たんですが、ハスキンズのポケットプレゼンス、コントロール、肩の強さ、どれも素晴らしいと思いました。タイトエンドのような体格でもっさりした動きだけが気になりましたが。。

 一番の懸念は、スターター経験が1年しか無いこと。この記事によると、有名な「パーセルズ・ルール」をクリアしているのは、7項目中2項目だけ(マレーも2項目)。指名するにしても、かなりのギャンブルです。あと、気になるのはキャラクターがどうなのか。見た目の雰囲気が、TBのウィンストンに似ていて、そこが引っかかるんだよなあ。

 1巡は15位なので、ハスキンズを指名するには、トレードアップが絶対に必要でしょう。RG3とかゴフの時のような無茶苦茶なトレードアップは勘弁だけど、今年の1、2、3巡とか、今年と来年の1巡2つまでならまあありかなと。でも、全体3位以内まで上げるとしたら、それでは足りないでしょうね。

 1巡15位で素直にダニエル・ジョーンズ(デューク)でもまあいいです。マレーとドリュー・ロック(ミズーリ)だけは絶対パス。

 1巡でQB指名したら、アスミスとは決別が確定するけど、いいんですかね。この点はワタシもまだ整理されていないです。




nice!(0)  コメント(0) 

うんざりするニュース

 いつになってもこのフランチャイズはだめだな、と思うニュースが流れています。

 Eric Bickelというラジオ番組の司会者が語った内容ですが、HCグルーデンが今年のFA戦略では蚊帳の外に置かれている上、山積する補強ポイントがまったく埋まらない状況に、“super frustrated”だそうです。

 "I'm told he heard of the Landon Collins signing through the media, a guy in the media texted him. He's super frustrated. Bruce [Allen] is calling all the shots. They're not consulting Jay at all. As of Friday, Jay was like 'we have so many needs. We need linebackers. We need outside receivers, we have all these things.' And they had basically signed a backup quarterback and Landon Collins."

 ニーズは山積なのに、フロントが埋めたのはバックアップQBとSだけ。全く同感ですな。現場指揮官がイライラするのは当然でしょう。フロントと現場がバラバラ、悲惨ですわ。

 この話がどこまで本当か分からないけど、Bickelは"I'm telling you this is true. I know this to be true that Jay is super frustrated."と断言しているので、かなり真実に近い話なんでしょう。

 キャップがきついのは分かるけど、レシーバー陣は焼け野原状態。OLはスターターもバックアップも足りない。プレストン・スミスの抜けたパスラッシャーはどうするの。ドラフトだけでニーズが埋まるわけがないのは明々白々。なのに、あまりにのんびりしたFA戦線での動きは、なんなのか。これがせめてHCが同意の上ならいいけど、そうじゃない。

 いつになってもぐちゃぐちゃのチーム、ホント嫌になる。こういうのがファン離れを引き起こしていることがどうして分からないのか。




nice!(0)  コメント(0) 

IN & OUT

 その他の加入・流出を整理しておきます。

【IN】
CB ドミニク・ロジャース=クロマティ
 CBのデプス強化でベテランを加えました。去年のオフも確か獲得に動いた記憶があり、評価しているみたいですね。契約の詳細は出てこないですが、おそらくベテランミニマムに近い金額ではないかと。ウチのフロントは気に入らないことだらけだけど、好感が持てる数少ない要素の一つは、近年は常にCBのデプスを厚くすることを心掛けていること。CBは何人いても構わないというスタンスは支持します。

【OUT】
ILBザック・ブラウン →リリース
 去年オフに3年24ミリオンで契約延長しましたが、キャップスペース捻出のためにカットされました(5.75ミリオンのキャップセーブ)。PFFの評価では上位にランクされていましたが、コーチ陣と衝突していたようでそこが嫌われたようです。個人的にはフレッチャー大先生以来の守備陣の柱というイメージだっただけに残念。
 ILBは、メイソン・フォスター、2年目のショーン・ディオン・ハミルトンの他に、去年、獲得が問題になったリューベン・フォスターがいます。フォスターは確か告発か起訴が見送られたんでしたっけ。それでも、大本営からの数試合の出場停止処分は出るでしょうね。ただ、フォスターはグルーデンの大のお気に入りなので、おそらく戦力と考えているんでしょう。
 FA戦線では、CJモズリーの獲得に積極的に動いたらしいです。その一方で、有能なザック・ブラウンの放出しちゃって、どういう考えて動いているのかわかりにくいです。

DTステイシー・マギー →リリース
 この人もキャップスペース捻出のためにカット(2.275ミリオンのキャップセーブ)。サラリー高いくせにパフォーマンスはほとんど目立ちませんでした。ハズレFAでした。

Sハハ・クリントン=ディックス →CHI
 再契約のオファーを出したそうですが、CHIと1年3.5ミリオンの契約を結びました。そんなに評価の低い選手なのかと正直ビックリ。去年のシーズン途中、トレードで4巡出してまで連れてきたのは何だったのか。やっぱウチのフロントは見る目無いんだよなあ。
 ウチよりもCHIを選んだのも、なんか分かりますね。彼がトレードでウチに来た後、アスミスの離脱で泥舟状態に陥ったので、チームにいい印象はないと思います。なので、最初から再契約は難しいだろうなと思ってました。
 
WRモーリス・ハリス →NE
 RFAでしたが、まさか梅テンダーも出さずにUFAとなり、NEと契約しました。梅テンダーの2ミリオンに値する選手でないということですか。6-3の身長でキャッチ力も高く、ウチの貧弱なレシーバー陣ではトップ3の選手だと思っていたので意外でした。脳震盪が多いのが敬遠された理由でしょうか。




nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -