So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラフト2日目

 やっぱRBダルヴィン・クックは落ちてきませんでした。世の中甘くないですねえ。MINみたいにトレードアップしてでも獲りに行くべきだったか。欲しいと言えば欲しかったけど、シャナハン政権時代以来、RBは下位で獲るもの、という概念が刷り込まれてしまっているので、まあ無理しなくて良かったです。で、2日目の収穫をば。

2巡49位 OLBライアン・アンダーソン(アラバマ大)
 初日のジョナサン・アレンに続くバマ2枚抜きで、パスラッシャーを獲りました。個人的にはニーズとは思ってなかったけど、トレント・マーフィーが4試合出場停止&契約最終年、プレストン・スミスが伸び悩み、ジュニア・ガレットが過去2年出ていない、確実に計算できるのは結局ライアン・ケリガンだけ、てな状況だったので、まあそんなものかなあと。

 5つ星でバマに入学するものの、レッドシャツスタートで、4年間のスタッツはあまり派手じゃないです。それでも毎年スタッツを地道に上げていることから、伸びしろは十分ありそうな感じ。スピードに欠ける、腕が短い、などの欠点もあるようですが。

 過去4回のドラフトでOLBを2巡で3人も獲ってます。だいぶ投資しているので、そろそろ文句なしの大当たりを引きたいところ。

3巡81位 CBファビアン・モロー(UCLA)
 動画でMoreauの発音は「モロー」と聞こえるので、とりあえずそう表記します。CBはニーズとしてはそれほど高くなかったと思うけど、有能なCBはいくらいてもいいので、個人的にはウエルカム。本来は1~2巡プロスペクトでしたが、先月のプロデーで胸筋を断裂。それで3巡までスリップしてきました。去年もケガでスリップしてきたケンダール・フラーを3巡で獲っているし、BPA傾向は依然強いですね。

 ケガがヒザでないのが救いですが、完治まで4~6カ月らしいので、開幕はギリギリ。PUPスタートで適度なところでロースターに昇格させる、そんなシナリオでしょうか。CBの層は比較的厚いので、焦る必要はないです。

 コンバインでは40ヤード4.35を筆頭に身体能力はフリーク級。契約最終年のCBブリーランドの後継者という意図もあるでしょうね。

3日目展望
 フレッチャー大先生の引退以来不在になっている、守備陣の大黒柱となれるILBがずっと欲しくて、3巡までに獲ってほしいなと思っていたんですが、その願望は叶わず。いいタマが残っていたら4巡で獲ってほしいなあ。

 3日目は、4巡2つ、5巡1つ、6巡2つ、7巡2つの計7つが残ってます。4~5巡はILB、RB、Gもできるバーサタイルな控えCを希望。あとはDL、S、WRあたりかな。

ドラフト初日ほか

 だめだ、ブログを更新する時間的、精神的余裕が全然ないっす。アメリカでは在宅で仕事をすることが多かっただけに、通勤がなんと非生産的な時間なんだろうと毎日苦痛。通勤時間をセーブできたら、ブログを書く余裕もでそうなんだけど。

 さて、まったくといっていいほど予習せずにドラフト初日に突入。で、スキンズが指名したのはこの人。

1巡17位 DLジョナサン・アレン(アラバマ大)

 当初はトップ5候補だったけど、肩のケガのせいでスリップしてきました。RBダルヴィン・クック(フロリダ州立大)の指名を予想してましたが、個人的には1巡をRBに使うのは反対だったので、RBの誘惑を跳ね除けてDLを獲ったことは評価したいです。ワタシの第一志望はDLだったし。

 確かにケガは不安だけど、下半身(特にヒザ)のケガではないので、致命傷ではないんじゃないかと。フロントも大丈夫だとしっかり情報収集した上で指名に踏み切ったはずなので、まあ信じるしかないですね。

 6-3、286ポンド。バマでは3-4DEぽかったので、ウチのニーズと完全に合致します。昨年は10.5サック、一昨年は12サックと、インサイドラインマンとしては驚異的なパスラッシュ能力を持ちます。

 ハイライト映像を見たんですが、想像以上にスピードがあり、ランディフェンスも良さそうな感じ。ただ、2年前に指名をスルーしたレオナード・ウィリアムスと比べると爆発力、パワーに欠ける印象は受けました。同じようなタイプのLARアーロン・ドナルドみたいに大化けしてくれたら最高ですけど。

 2日目は、クックがウチのところまでスリップしてこないですかねー。さすがにそれはないか。

 あと、ドラフト以外のニュースをば。

RTモーガン・モーゼスと5年の契約延長
 めでたい、めでたい。契約最終年になる花の2014年組の中で、今オフ中に必ず延長しておくべきだと思っていたのがモーゼス。DALにはかなわないけど、現在の強力OLはウチのアイデンティティーだと思うので、すんなり延長できて何より。OL維持のためならいくら注ぎ込んでもいいと思うんだけど、Cロング、RGシャーフも控えており、やっぱ金がかかりますなあ。

カズンズ発言
 細かく読む時間がなかったんだけど、カズンズがピーター・キングとのインタビューで、チームが正当な評価をしてくれるならスキンズに残留したい、てなことを発言しました。今までの冷めた発言から、カズンズはチームから出たくて仕方ないんだろうと思っていただけに、この発言は嬉しかったなあ~。GM辞任を筆頭にドロドロだった今オフでは、一番のニュースかも。

 カズンズの「スキンズ愛」を確認できたんだから、フロントはこれに応えないと。ボールはスキンズサイドに投げ込まれました。

新装開店

 自宅のネットもつながり、少しずつ生活が落ち着いてきました。てことで、ブログもぼちぼち再開してみようかと。

 帰国を機にブログタイトルも変えてみましたが、なんかありきたりですねー。自分のセンスの無さを実感します。

 レイアウトも変えてみましたが、どうでしょうか。So-netブログは種類が少なくて、赤をベースにしようと思うと、ほとんど選択肢がなかったんです。また元のレイアウトに戻すかもしれません。

 で、いい加減、ドラフトモードに入っていかないといけないのですが、カズンズ&GM騒動以来、気持ちが冷めちゃって、映像を見る意欲が沸かなくて困ってます。とりあえず、ドラフト当日、3巡くらいまではなんとか見てみたいですが、現地との時間差に対応できるかどうか、いきなり不安。こんな調子ではシーズンもどうなるか。。。

 これで新装開店のエントリを終えるのはなんなんで、最近フォローしていなかったトランザクションをさらりと。

新加入
WRブライアン・クイック(前LAR、1年0.885M)
LBザック・ブラウン(前BUF、1年2.3M)

再契約
Dジギー・フッド(2年2.7M)

リリース
DLリッキー・ジャン・フランソワ →GB

FA移籍
Cジョン・サリバン →LAR
LBテレンス・ガービン →SEA

 今オフのベストムーブの一つと言えるのが、LBザック・ブラウンの加入。個人的にはFA市場で一番獲ってほしいと思っていた選手でした。ただ、1年契約というのがちょっと残念。3年契約くらいできなかったかなあ。

 WRクイックはミニマム加入で基本的に保険でしょう。ポテンシャルは高い選手だと思うので、ウエルカムです。

 RJFはキャップセーブでカットされました。クリス・ベイカーもFA移籍し、DL陣はほぼ総入れ替えですなあ。

 フロントのゴタゴタでどうなるかと思っていましたが、個人的には今オフのFA戦線悪くないと思っています。共に1年契約というのが玉に瑕ですが、WRプライアーとLBブラウンの加入はデカいです。

 DLのFA加入テレル・マクレイン、ステイシー・マギーは明らかにオーバーペイで、どこまでグレードアップしたのかよく分からないけど、とりあえずフロントの眼力を信じるしかないかと。クビになったマクルーエンの戦略に沿ってFA戦線を進めたという話なので、それなりには働いてくれるでしょう。

 辛口のクリス・クーリーも、アレン体制下ではベストのFA戦線だったと評価していますが、ワタシも基本的に同感です。プライアーとブラウンの1年契約というのだけが残念。

お知らせ

 私事ですが、今月いっぱいで日本に帰国することになりました。10年余りにおよぶアメリカ生活を楽しくしてくれたのは、レッドスキンズの応援でした。日本に帰ることで何が一番悲しいかといえば、現地時間で試合を観られなくなることですね。今後はライブ観戦しようと思ったら、夜な夜な観ないといけないというのはかなり気が重いです。

 日本に戻ってもブログは続けます。ただ、「ワシントン駐在サラリーマンのレッドスキンズ応援記」というタイトルは変えないといけないですね。「元」を付けるだけのマイナーチェンジにするか、全面的にタイトルを変えるか、何も考えていません。てゆうか、引っ越しが忙しすぎて、それどころじゃないというか。

 ブログの冒頭で書いた「願わくは、日本に帰るまでに愛するワシントン・レッドスキンズがスーパーボウルを制覇する興奮を味わってみたい」という願望は、残念ながら叶いませんでした。やっぱり優勝パレードを見に行ってみたかったなあ。何とか生きているうちにSB制覇の夢が叶いますように。。。

 昨年、シカゴ・カブスが108年ぶりに優勝したわけですが、100歳生きてもカブス優勝を目の当たりにできなかったファンもいたわけで、レッドスキンズがそうならないことを願うばかりです。でも、チームのゴタゴタがいつまでも続くのを見ると、生きている間に本当に夢が叶うのか、真剣に心配になってきました。NFLだけはまぐれ優勝はあり得ないですからねえ。

 引っ越しのドタバタでしばらく更新が滞ると思います。まあ、最近のゴタゴタで個人的にしらけちゃって、熱心にフォローする意欲が完全に薄れていたので、ちょうどいいタイミングです。カズンズと長期契約できない限り、今年はテンションが上がらないまま終わっちゃいそうな気がしています。

 てことで、これがアメリカ発最後のエントリになるかと思います。今後もご愛顧のほど、よろしくお願い致します。




終わらぬカズンズ騒動 & WRプライアー獲得

 カズンズをめぐる状況は全く訳が分かりません。カズンズはアレンがいる限りスキンズと長期契約は結ばない、という情報が出たかと思ったら、GMマクルーエンはカズンズのトレードを画策したために解雇された、という情報が出たり。一体、悪いのはどっちなん? おそらく、アレンサイド、マクルーエンサイド、カズンズサイドの3者がディスインフォメーションを含め、いろいろな情報を流しているんでしょう。

 本当はカズンズに本音をぶちまけてもらったら一番すっきりするんだけど、ナイスガイのカズンズはそんなことはしないでしょう。今回の騒動で何が一番悲しいかといえば、人格的に優れ、「スキンズをNFLのスパーズにしたい!」とまで言ったカズンズに、チームを離れたいと思わる状況を生み出してしまったこと。何がカズンズにそう思わせてしまったか、真相は不明ですが、カズンズのような選手を引き留められないチームに明るい未来はない、そう断言できます。

 ドロドロニュースが続く中で、久しぶりに明るい話題は、WRテレル・プライアーの獲得。1年8ミリオンって激安価格。同じ1年契約でもジェフリーに14ミリオン払ったPHIに比べてお値打ち感が高いのがイイですw 年10ミリオンは超えると思っていたけど、市場評価は予想以上に低かった模様。もう1年実績を残して大型契約をゲットするのは来年、ということで本人も1年契約を望んだんでしょう。それにしても、ウチみたいなヘンテコチームによくぞ来てくれました。ありがとう!

 QBがコロコロ変わり、みんなイマイチだった去年のCLEで1000ヤード突破って、他チームなら1500ヤードくらいの価値があるんじゃないですかね。サイズは6-4、身体能力はフリーク、実績1年ポッキリだけど、こんなワクワクする選手は他にいないでしょう。それにしても、CLEって毎年、自分とこで育てた優秀な選手をホイホイ流出させちゃってますよね。ちゃんとキープしていたら、とても1勝で終わるチームじゃないと思うんだけど。