So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ

ドラフト後のロースター・ディフェンス

 う~ん、落ち着く時間があまりないなあ。日本はやっぱ慌ただしい。で、今日はディフェンス編。赤字がルーキー、青字がFA加入選手。よく知らない選手、ルーキーFAは入れてないです。

DL
テレル・マクレインステイシー・マギージョナサン・アレン(ドラ1)/ジギー・フッド/フィル・テイラー/マット・アイオアナイディス/アンソニー・ラニアー
 クリス・ベイカーを引き留めず、RJFをリリース、ケドリック・ゴルストンも再契約せず。てことで、DL陣は主力を総入れ替え。代わりに、FAでマクレイン、マギー、ドラ1でアレンが加わりました。どうでしょう、ユニット全体としてグレードアップしましたかね。アレンは楽しみだけど、マクレイン、マギーは見当がつかない。ドラフトでNTを取らなかったことに異論が出てますが、パートタイム出場のNTならストリートFAのフィル・テイラーでも間に合う気がする。

OLB
ライアン・ケリガン/プレストン・スミス/トレント・マーフィー/ジュニア・ガレット/ヒューストン・ベイツ/ライアン・アンダーソン(ドラ2)
 マーフィーが4試合出場停止ですが、アンダーソン加入で問題ないでしょう。ガレットは復活できますかね。逮捕されたとかなんとかあったけど、それはどうなったのか。

ILB
ザック・ブラウン/ウィル・コンプトン/メイソン・フォスター/マーテル・スペイト/クリス・カーター
 FA加入のブラウンは普通にいけばスターター確定。その相棒としてコンプトンとフォスターが争う形。3年目スペイトの台頭にも期待したいところ。相変わらず心細いメンツだけど、ブラウン加入は大きいです。

CB
ジョシュ・ノーマン/バシャード・ブリーランド/ケンダール・フラー/クイントン・ダンバー/デイション・フィリップス/ファビアン・モロー(ドラ3)/ジョシュア・ホルジー(ドラ7)
 ドラフトで2人加入し、層が厚くなりました。個人的に一番の心配はノーマンのパフォーマンス。去年はまずまずだったけど、リーグ最高給って感じではなかったです。契約最終年のブリーランドはかなり気合が入るでしょう。


スア・クレイブンズ/DJ・スエアリンガー/ウィル・ブラックモン/デアンジェロ・ホール/ジョシュ・ニコルソン(ドラ4)/ジョシュ・ハーベイ=クレモンス(ドラ7)/アール・ウォルフ/ジョシュ・エバンス
 一応、2年目クレイブンズとFA加入スエアリンガーがスターターという構想なんでしょう。ドラ4ニコルソンも入ってくると思うので、残り1~2枠を残りで争う展開。近年ケガに悩まされているDホールはそろそろやばいかも。6-4のサイズを持つドラ7ハーベイ・クレモンスはダイムLBとして使われるという情報も。まだまだ試行錯誤の感じだけど、去年よりはグレードアップした気がする。なんとなく。




ホグロフスオンラインストア

ドラフト後のロースター・オフェンス

 赤字がルーキー、青字がFA加入選手。よく知らない選手、ルーキーFAは入れてません。

QB
カーク・カズンズ/コルト・マッコイ/ネイト・サドフェルド
 去年と同じ顔触れ。ドラフトでQB指名を見送ったことは、フロントがカズンズと長期契約を結ぶ意志の表れ、と思いたい。

RB
ロブ・ケリー/クリス・トンプソン/マット・ジョーンズ/マック・ブラウン/キース・マーシャル/サマジ・ピーライン(ドラ4)
 ジョーンズはトレード材料になっていたと報じられており、開幕前にカットされるでしょう。怪我人がなければ、ケリー、トンプソン、ピーラインの3人で決まりじゃないかと。ピーラインの開幕スターターは十分あり得ます。

WR
テレル・プライアー/ジェイミソン・クラウダー/ジョシュ・ドクトソン/ライアン・グラント/ブライアン・クイック/モーリス・ハリス/ケンダル・トンプソン/ロバート・デービス(ドラ6)
 ガーソン、デショーンの両エースが抜けてどうなるかと思ったけど、意外と悪くないメンツじゃないかと。ただ、プライアーが去年レベルのパフォーマンスを見せてくれるのか、去年のドラ1ドクトソンが健康でプレーできるのか、の2点が最大の不確定要素。新人デービスはドラ6ながら、6-3のサイズと40ヤード4.44のスピードを持ちます。FA加入のクイックとタイプがかぶる気がするけど、楽しみな素材。

TE
ジョーダン・リード/バーノン・デービス/ナイルズ・ポール/デレク・キャリアー/ジェレミー・スプリンクル(ドラ5)
 全員がロースター枠にふさわしい超激戦区。4枠ならキャリアーが厳しいかも。過去2年間、ケガに苦しむポールも正念場。

OT
トレント・ウィリアムス/モーガン・モーゼス/タイ・エンセキ/ヴィンストン・ペインター
 モーゼスと5年の契約延長が決まり、両Tは今後数年は安泰。モーゼスの契約の詳細はまだ出ていないけど、5年40ミリオン、20ミリオンの保証だとか。年9ミリオンくらいいくと思っていたので、予想よりリーズナブルに済みました。

OG
ブランドン・シャーフ/ショーン・ロヴァオ/アリー・クアンジョー
 ロヴァオがOL唯一の弱点と言われていましたが、FAでもドラフトでも代役は獲得せず。クアンジョーの成長に期待。


スペンサー・ロング/チェイス・ルーリアー(ドラ6)
 ルーリアーはPFFがbest mid-round gemsの3位に入れた逸材で、スターターの素材だと言っています。6巡でスターター候補が獲れたのは素晴らしいスティール。しかも、全体199位はあのトム様と同じ順位w

 WRの戦力ダウンをどの程度抑えられたのかはよく分からないけど、OL陣は去年と同じ顔触れだし、ガクッと下がることはなさそう。むしろ、プレーコーラーだったOCマクヴェイがいなくなったことが一番の不安材料かも。




ドラフト3日目

 夜中1時からの3日目はさすがに見る気が起きなかったです。やっぱこの時間差はきついですなあ。シーズン、試合を観る自信がなくなってきた。。。

 さて3日目の収穫をば。ハイライト映像をほとんど見てないので、コメントも極力あっさりいきます。

4巡114位 RB Samaje Perine(オクラホマ大)
 待望のRBがここで来ました。5-11、233ポンドとLB並みのサイズを持つパワーバック。名門オクラホマ大のラッシングレコードを更新。ハイライト映像をちょこっと見ましたが、なかなか倒れない。スピードで抜けていくのではなく、ヒットされても突き進んでいく感じ。ボディバランスがいいんでしょう。ロブ・ケリーと同じパワーバックで良かったのかどうか、疑問はそれだけ。開幕スターターも狙えると思います。

4巡123位 S Montae Nicholson(ミシガン州立大)
 今ドラフト唯一のビミョーピックがこの人。CBSは7巡予想でかなりのリーチ。とはいえ、6-2、212ポンドのサイズは素敵すぎて、SEAのキャム・チャンセラーみたいな選手にならなかという妄想が。ただ、PFFによると、ミスタックルは201回中33回。タックルの下手なSってあり得ないと思うんだけど、使い物になりますかねえ。肩の手術から回復中ですが、トレーニングキャンプには間に合うと言われています。

5巡154位 TE Jeremy Sprinkle(アーカンソー大)
 TE獲るかも、って少しは思ってたけど、予想以上に高順位を使ってきました。ジョーダン・リードにケガが多いだけに、合理性は十分あります。6-5、252ポンドと、サイズは理想的。

6巡199位 C Chase Roullier(ワイオミング大)
 201位から2つトレードアップしてバックアップセンターを獲得。トレードアップする必要があったのかはナゾですね。情報が入ってきたんでしょうかね。2年前はGを経験しており、前回のエントリで書いた「Gもできるバーサタイルな控えCを希望」というワタシの条件に完璧にフィットします。イエイ。

6巡209位 WR Robert Davis(ジョージア州立大)
 6-3、219ポンドとサイズは魅力的。なんか最近、デカいレシーバーばっかかき集めているんですけど。FA加入のテレル・プライアー(6-4)、ブライアン・クイック(6-3)、2年目のモーリス・ハリス(6-3)。グルーデンの好みなんすかねえ。コンバインの成績は秀逸で楽しみな素材。

7巡230位 S Josh Harvey-Clemons(ルイビル大)
 6-4、217ポンドと、これまだどでかい選手。サイズを重視した前GMマクルーエンンのフィロソフィーが残っているのを感じますね。7巡なんで、チャンセラーに化けることを賭けたポテンシャルピックということでいいんじゃないでしょうか。

7巡235位 DB Joshua Holsey(オーバーン大)
 大本営にもほとんどデータが載ってないし、CBSでは全体373位。層の厚いCB陣でロースター枠をゲットするには、スペシャルチーマーとしてアピールするしかないでしょうね。

総評
 守備陣の大黒柱となるILBを獲ってほしかったけど(できれば3巡までに)、その願望は叶わず。とはいえ、ニーズはほとんど埋めているし、個人的にはかなり良かったドラフトだと思います。少なくとも去年よりずっといい。

 特徴としては、サイズの大きな選手をかき集めました。サイズの大きい選手って当たり外れがはっきりしているギャンブル的要素が強い気がします。スペシャルチームにも使いにくいし。「ミート&ポテト理論」からすると、ミートばっかりで付け合わせのポテトが少ない感じで、その点だけが不安ですね。

 とはいえ、トップ5タレントのジョナサン・アレンを17位で指名できたことは、素晴らしいスティールでした。それだけでも今ドラフト、B+の評価をあげてもいいでしょう。
カタログ通販ベルーナ(Belluna)

2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ