So-net無料ブログ作成

決断の時

 最近、カズンズの行方がどうなるのかが気になって夜も眠れません。というのはウソですが、気になって寝つきが悪いのは事実です。カズンズと今オフ中に長期契約を結べなければ、再び暗黒時代に逆戻り、の悪夢のシナリオが現実味を帯びてきます。

 カズンズからスキンズと長期契約を結びたいという発言は一切出てきません。むしろ、出たがっているという情報すら出てきています(本当かどうかは分かりませんが)。

 今オフ、2年連続のタグりで1年24ミリオンでキープしても、来オフ、3年連続のタグ張りは1年34ミリオンに跳ね上がり、さすがにそれは不可能。つまり、今オフ中に長期契約を結べないと、来オフ、FAになってバイバイ、となるのはほぼ間違いないです。なので、カズンズは24ミリオンもらってもう1年我慢すればいい、としか思ってないでしょう。FAになれば、カイル・シャナハンのいるSFか、ショーン・マクベイのいるLARに行けるんだから。

 おそらく、昨年のオフ、年20ミリオンを望んていたカズンズに対し、GMマクルーエンが年16ミリオンしか提示しなかったことで、チームに強い不信感を抱いたんでしょう。やはり、昨年オフ、長期契約を結ばなかったのは大失敗でした。

 カズンズと長期契約を結ぶにはどうすべきか。それはもう、ドンと金を積んで、カズンズに対する愛情を示すしかないです。ラック級、あるいはそれ以上を出さないと引き留められないでしょう。2~3ミリオンでもセーブしたい、なんてケチ臭い交渉をしていたら、絶対にまとまらないです。

 それでもカズンズがノーというなら、トレードに出すしかないです。来オフいなくなるQBを24ミリオンも払ってキープする理由はないです。コンバイン中にカズンズがSFにトレードに出される可能性は50%以上、なんて情報も出ていますが、そのシナリオはかなり高くなってきたと感じます。

 GMマクルーエンは就任以来、いい仕事をしてくれていますが、フランチャイズQBをキープできなかったら、すべてが水の泡、万死に値します。ワタシがオーナーならクビにします。最近、マクルーエンがメディアの取材に一切応じていません。シニアボウルでは普通、GMがメディアの取材に答えるんですけど。カズンズの件が影響していると推測します。

 話をまとめると、カズンズの針路は2つ。リーグ最高給のサラリーを払うか、トレードに出すか、のどちらか。決断の時が来ました。