So-net無料ブログ作成
検索選択

カズンズの7つのシナリオ

 新しいOCとDCが決まったことで、次の焦点はカズンズの再契約交渉に移りました。ワシントン・ポストが2週間ほどの前に、カズンズにはどのようなシナリオがあるのか、かなり細かい記事を出していました。それによると。。。

シナリオ1 タグ貼りデッドラインの3月1日までに長期契約(可能性:低)

シナリオ2 FA市場に出させて再契約を目指す(可能性:低)

シナリオ3 独占型フランチャイズタグを貼る(可能性:高~中)
シナリオ3B 独占型フランチャイズタグ→デッドラインの7月15日までに長期契約(可能性:中)
シナリオ3C 独占型フランチャイズタグ→7月15日までに長期契約まとまらず1年プレー(可能性:高~中)

シナリオ4 非独占型フランチャイズタグを貼る(可能性:高~中)
シナリオ4B 非独占型フランチャイズタグ→カズンズが他チームのオファーシートにサイン→ウチがマッチしてカズンズをキープ(可能性:高~中)
シナリオ4C 非独占型フランチャイズタグ→カズンズが他チームのオファーシートにサイン→ウチはマッチせず、代償で1巡指名権2つもらう(可能性:低)
シナリオ4D 非独占型フランチャイズタグ→カズンズが他チームのオファーシートにサイン→ウチはマッチしないが、代償を1巡指名権2つから1巡+3巡とかにまけてあげる。つまり、タグを貼ってトレードの形式(可能性:中)

シナリオ5 トランジッションタグを貼る(可能性:低)

シナリオ6 一旦はタグを貼るが、去年のCARがCBジョシュ・ノーマンに対してしたみたいに途中でタグを取り消す(可能性:低)

シナリオ7 カズンズがさっさとタグの契約にサインして1年契約でのプレーが確定(可能性:低)

 タグのデッドライン前に長期契約がまとまることはないだろうし、タグを貼らずに流出させることもないでしょう。てことで、とりあえずフランチャイズタグを貼ることは間違いないです。で、問題は独占型か非独占型か。チームがカズンズの流出はあり得ないと判断しているのなら独占型。条件が良ければカズンズのトレードを検討してもいいと判断するなら非独占型。QBを必要としているSFとCLEがカズンズを獲りに行く可能性があると言われており、トレード交渉の余地は十分あるでしょう。

 仮にカズンズをトレードに出すなら、1巡+αが最低条件でしょう。ただ、ワタシは仮にSFかCLEが全体1位または2位指名権を差し出すと言ってきたとしても、カズンズをキープすべきだと思います。5年かけてやっと一人前に育てたQBを当たるかどうか分からないドラフト指名権と代えるのはリスクが大きすぎると思うのです。特に今年は全体1位、2位で指名するに値するQBもいないし。。。

 てことで、個人的には問答無用の独占型フランチャイズタグが希望です。ただ、フロントはカズンズをどこまで信用しているのか判然としないです。GMマクルーエンは基本的に適正価格しか払わないという印象があります。長期契約があまりにべらぼうな額になるなら、カズンズで商売してもいいと思っている可能性はあり得ます。ちょっと考えたくないシナリオだけど。。。