So-net無料ブログ作成

DC探しの旅

 カイル・シャナハンがSFのHC職を引き受ける方向のようですね。QBの好き嫌いが激しいカイルにとってSFはどうなのかなと思ってましたが、よく考えたらQBがいないことは逆に自分で好きなQBを連れてこられる、ということですね。QBがゴフで固定されているラムズより魅力的だったのかも(カイルにとってゴフは絶対ありえないハズ)。カイルはウチのカズンズを欲しいと思っているはずだから、カズンズの交渉ポジションが一段と強まるという影響も出そうです。

 さて、DCもOCもなかなか決まりません。インタビュー済みまたはインタビュー予定のDC候補はこんな感じ。

マイク・ぺティン(前CLEのHC)
ガス・ブラッドリー(前JAXのHC)
ロブ・ライアン(前BUFのDC)
グレッグ・マヌスキー(ウチのLBコーチ)
ジェイソン・ターバー(SFのLBコーチ)

 本命はブラッドリーのようですが、どうもチャージャーズのDCを引き受けることが濃厚なようで。ウチのディフェンスはチャージャーズよりも魅力的でないのか。がっくし。ブラッドリーが逃げられたことが完全に確定してから、ウチもDCを決めるんでしょうね。ロブ・ライアンにまでインタビューしたのは意外でしたね。この人がDCやってうまくいった記憶がないですw

 CINのDCでグルーデンのお友達であるPaul Guentherはインタビューをさせてもらえず、CARのDBコーチ、スティーブ・ウィルクスはDC昇格の方向のため断念。ターゲットの人材はことごとく逃げられています。ジョー・バリーを解任して喜んだのですが、後任に実績のある大物を招聘できそうになく、テンションが上がりませんねー。

 一方、OCはQBコーチのマット・カバノーを昇格させる方針だと、ジェイソン・ラカンフォラが報じてから続報がありません。OC候補のインタビューはしていないので、内部昇格が既定路線なんでしょうが。個人的には、OLコーチのビル・キャラハンの昇格がいいんじゃないかと思うのですが、本人はOLコーチでいいと言っているみたいです。