So-net無料ブログ作成

2014ドラフティーで契約延長を勝ち取るのは?

 マクベイがラムズHCに就任した時の写真を見ると、改めて面構えのいい男だと思いますね。あの目力が勝ち運を持っているような気がしてならないです。個人的には、グルーデンの後継HCになってほしいと密かに思っていたので、いまだに流出のショックを引きずってます。

 一方、プレーオフはDALが負けてハッピーです。どうせDALのことだから、第1シードでもプレーオフ初戦で負けるだろうと思ってましたw これでNFC東は全滅。おかげでストレスなくプレーオフが見られますね。

 さて、2014年のドラフティーたちが今年、契約最終年を迎えます。1年目は大して戦力にならず、またドラフトを外したかと思ったのですが、3年目が終わった現時点で、スターターが3人、準スターター1人、バックアップ1人を輩出しました。この年のドラフトは、RG3トレードの代償で1巡指名権(全体2位)がなかったことを考えると、大当たりのドラフトと言っていいでしょう。2シーズン連続の勝ち越しは、この年のドラフト成功なしにはあり得なかったと思います。

 で、5人のうち最低1人は、今オフ中に契約延長をしちゃったほうがいいと思うのですが、誰が延長を勝ち取るでしょうか。

2巡 OLBトレント・マーフィー(準スターター)
 スタンフォード大時代は全米のサック王に輝きましたが、去年まではパワー不足が顕著。3年目になってパワーがついてきたのか、去年は9サックを記録。特筆すべき能力はないけど、コンスタントに活躍できるようになりました。ブルーワーカーという言葉がピッタリの選手で、ローテーション要員としては申し分ないです。

3巡A RTモーガン・モーゼス(スターター)
 スターターを務めた過去2シーズン、抜群の安定感でした。RTではリーグでトップ5~10には入るでしょう。RTは長年、ウチの弱点だったけど、ようやくアンサーが見つかって感無量。RGブランドン・シャーフとコンビの右サイドはウチのストロングポイントであり、オフに契約延長するなら、間違いなくこの人が最有力候補でしょう。年平均8ミリオンくらいでどうでしょうか。

3巡B Cスペンサー・ロング(スターター)
 G兼控えCでしたが、リクテンスタイガーの負傷離脱を受けて、シーズン途中に先発Cに定着。コーチ陣の評価は高く、長期的アンサーと見られるようになりました。今年もスターターとして安定したプレーを見せることができれば、来オフ、契約延長の可能性は高いと思います。

4巡 CBバシャード・ブリーランド(スターター)
 去年はシーズンを通じて波がありました。リーグトップクラスのCBに飛躍してほしいと期待していただけに、残念な結果。今オフの契約延長はちょっと怖くてできないですね。それでも、4巡CBがスターターになったこと自体、スバラシイピックだったと思います。

5巡 WRライアン・グラント(バックアップ)
 ルーキーイヤーからシュアなハンドと正確なルートランが絶賛されていましたが、レシーバー陣が充実していたため、3年間あまり出番がなかったです。たまに出ると、スリップしたり、ドロップしたりと、持ってない感がハンパない選手というイメージが定着。それでも、ガーソン、デショーンの両エースのうち最低でもどちらかは抜ける可能性が高いので、今年は出番が増えそう。真価が問われるシーズンになります。

 てことで、この中から契約延長するなら間違いなくモーゼスですね。それ以外はちょっと考えられないです。OLの長期的安定のためにもぜひともお願いします。