So-net無料ブログ作成

オフシーズンの焦点

 新年明けましておめでとうございます。昨日は敗戦のショックで、新年の挨拶ができませんでした。遅くなりましたが、今年もご愛顧のほど宜しくお願い致します。

 プレーオフに突入しましたが、スキンズの出ないプレーオフって基本的にあまり興味ないです。一応、チラチラ見ますけど。はー、やっぱり残念ですなあ。

 で、オフの焦点をざっと整理してみると。。。

DCは代えるのか
 シーズン序盤から囁かれ続けていたのがDCジョー・バリーさんの交代論。2年連続でリーグボトムに近い成績なので、個人的には交代させたほうがいいと思ってます。ただ、オフェンスとディフェンスの投資額の比率が2対1で、DCとしてはちょっと気の毒な側面があったのも事実。今思えば、2年前にDCを代えたとき、DENの白熊さんを選んでいたら、今頃プレーオフ行きだったのではないかと今更ながらに悔やまれます。

 コーチ人事に関しては、OCショーン・マクベイが他チームのHC候補になってます。LAとのインタビューが早速決まったみたい。まだ30歳なので3年後くらいかと思っていたら、引き抜かれる可能性もありそう。お願い、もう1年待って!

カズンズとの契約延長
 2年連続でそれなりの成績を残したので、フロントは長期契約を結びにいくでしょう。問題はそのお値段。フロントはチームフレンドリーの契約を望んでいるようですが、カズンズサイドはそんな感じではないみたい。2年連続のタグ張りを強いられる前にさっさと決めちゃいたいところですが。最後のNYG戦でのプアなパフォを見せられると、個人的にはMAX年20ミリオンが限界です。

レシーバー陣の再編成
 今オフ、判断が一番難しいのがココ。ガーソン、デショーンの両エースWRに加えて、2番手TEバーノン・デービスもFAに。デショーンはPHI復帰が既定路線のような感じなので、焦点はガーソンを残すかどうかですね。2年かけて培ったカズンズとのホットライン、さらにスターターを一気に入れ替えるリスクを考えると、ガーソンとは再契約したいところ。デービスもまだまだやれることを証明したので、再契約したいですね。ただ、2人ともFA市場を試すと思うので、さっくり再契約にはならないでしょう。いずれにせよ、強力パスアタックはウチのアイデンティティーとなったので、GMマクルーエンには戦力を落とさないよううまくやってほしいです。

ディフェンスのセンターライン補強
 野球と同じようにアメフトもセンターラインが大事ですが、ウチのディフェンスのセンターラインはリーグボトムレベル。インサイドラインマン、ILB、Sを全部入れ替えてもいいくらいだけど、とりあえず各1人ずつスタータークラスが欲しいっす。DLクリス・ベイカーとの再契約も重要課題。

FA・ドラフト
 ここは追々考えていきますが、ドラフトは17位だそうです。ILBかSを狙うにはちょうどイイ感じの位置に見えます。