So-net無料ブログ作成

カズンズの7つのシナリオ

 新しいOCとDCが決まったことで、次の焦点はカズンズの再契約交渉に移りました。ワシントン・ポストが2週間ほどの前に、カズンズにはどのようなシナリオがあるのか、かなり細かい記事を出していました。それによると。。。

シナリオ1 タグ貼りデッドラインの3月1日までに長期契約(可能性:低)

シナリオ2 FA市場に出させて再契約を目指す(可能性:低)

シナリオ3 独占型フランチャイズタグを貼る(可能性:高~中)
シナリオ3B 独占型フランチャイズタグ→デッドラインの7月15日までに長期契約(可能性:中)
シナリオ3C 独占型フランチャイズタグ→7月15日までに長期契約まとまらず1年プレー(可能性:高~中)

シナリオ4 非独占型フランチャイズタグを貼る(可能性:高~中)
シナリオ4B 非独占型フランチャイズタグ→カズンズが他チームのオファーシートにサイン→ウチがマッチしてカズンズをキープ(可能性:高~中)
シナリオ4C 非独占型フランチャイズタグ→カズンズが他チームのオファーシートにサイン→ウチはマッチせず、代償で1巡指名権2つもらう(可能性:低)
シナリオ4D 非独占型フランチャイズタグ→カズンズが他チームのオファーシートにサイン→ウチはマッチしないが、代償を1巡指名権2つから1巡+3巡とかにまけてあげる。つまり、タグを貼ってトレードの形式(可能性:中)

シナリオ5 トランジッションタグを貼る(可能性:低)

シナリオ6 一旦はタグを貼るが、去年のCARがCBジョシュ・ノーマンに対してしたみたいに途中でタグを取り消す(可能性:低)

シナリオ7 カズンズがさっさとタグの契約にサインして1年契約でのプレーが確定(可能性:低)

 タグのデッドライン前に長期契約がまとまることはないだろうし、タグを貼らずに流出させることもないでしょう。てことで、とりあえずフランチャイズタグを貼ることは間違いないです。で、問題は独占型か非独占型か。チームがカズンズの流出はあり得ないと判断しているのなら独占型。条件が良ければカズンズのトレードを検討してもいいと判断するなら非独占型。QBを必要としているSFとCLEがカズンズを獲りに行く可能性があると言われており、トレード交渉の余地は十分あるでしょう。

 仮にカズンズをトレードに出すなら、1巡+αが最低条件でしょう。ただ、ワタシは仮にSFかCLEが全体1位または2位指名権を差し出すと言ってきたとしても、カズンズをキープすべきだと思います。5年かけてやっと一人前に育てたQBを当たるかどうか分からないドラフト指名権と代えるのはリスクが大きすぎると思うのです。特に今年は全体1位、2位で指名するに値するQBもいないし。。。

 てことで、個人的には問答無用の独占型フランチャイズタグが希望です。ただ、フロントはカズンズをどこまで信用しているのか判然としないです。GMマクルーエンは基本的に適正価格しか払わないという印象があります。長期契約があまりにべらぼうな額になるなら、カズンズで商売してもいいと思っている可能性はあり得ます。ちょっと考えたくないシナリオだけど。。。




DC・OCともに内部昇格

 DCとOCが決まりました。両方とも内部昇格です。DCは大物招聘を期待していただけにちょっとがっかり。

新たに決まったコーチ陣の顔触れ
OCマット・カバノー(QBコーチから昇格)
QBケビン・オコネル(前SFオフェンスアシスタント)
DCグレッグ・マナスキー(OLBコーチから昇格)
DLジム・トムシューラ(元SFのHC)

 まず、OCカバノーの昇格ですが、外部から大物を連れてくる雰囲気は全くなかったので、グルーデンがオフェンスの主導権を維持したかったんでしょう。グルーデンのHC就任時に無名の若造マクベイをOCに抜擢したのも、オフェンスを仕切りたかったから。カバノーは8年間のOC経験がありますが、1997~2004年とだいぶ昔で、雰囲気的に野心家でなさそう。なので、グルーデンはカバノーに期待するのは、忠臣としてのサポート役。グルーデンが再びプレーコール権を握る可能性もあります。

 ちなみに、カバノーのOC時代の成績はこんな感じ。オフェンスのトータルヤードで最高は14位。8年のうち21位以下が5回と、正直パッとしないですね。
OC.jpg

 続いて、DCマナスキー。ガス・ブラッドリーに逃げられた時点で、こうなる雰囲気でした。DLコーチに就任したトムシューラと併せ、GMマクルーエンのSF人脈ですね。マナスキーはSF、SD、INDの3チームで計9年のDC経験があります。で、成績はこんな感じ。
DC.jpg
 喪失ヤード数で最高が11位。10位台が5回、20位台が4回。トップテンがないのはちょっと寂しいですね。とりあえず、来季は10位台へのステップアップを期待しましょう(期待値低っ)。

 あと残る空席はDBコーチ。アシスタントDBコーチだったAubrey Pleasantを昇格させたい意向みたいだけど、マクベイのラムズも狙っているみたいです。

 カズンズが代役でプロボウルに選ばれました。パチパチパチ。カズンズにもプロボウラーの肩書がつきましたねー。これまたカズンズに有利な交渉材料になりますね。あと、LSサンドバーグと契約延長しています。

DC探しの旅

 カイル・シャナハンがSFのHC職を引き受ける方向のようですね。QBの好き嫌いが激しいカイルにとってSFはどうなのかなと思ってましたが、よく考えたらQBがいないことは逆に自分で好きなQBを連れてこられる、ということですね。QBがゴフで固定されているラムズより魅力的だったのかも(カイルにとってゴフは絶対ありえないハズ)。カイルはウチのカズンズを欲しいと思っているはずだから、カズンズの交渉ポジションが一段と強まるという影響も出そうです。

 さて、DCもOCもなかなか決まりません。インタビュー済みまたはインタビュー予定のDC候補はこんな感じ。

マイク・ぺティン(前CLEのHC)
ガス・ブラッドリー(前JAXのHC)
ロブ・ライアン(前BUFのDC)
グレッグ・マヌスキー(ウチのLBコーチ)
ジェイソン・ターバー(SFのLBコーチ)

 本命はブラッドリーのようですが、どうもチャージャーズのDCを引き受けることが濃厚なようで。ウチのディフェンスはチャージャーズよりも魅力的でないのか。がっくし。ブラッドリーが逃げられたことが完全に確定してから、ウチもDCを決めるんでしょうね。ロブ・ライアンにまでインタビューしたのは意外でしたね。この人がDCやってうまくいった記憶がないですw

 CINのDCでグルーデンのお友達であるPaul Guentherはインタビューをさせてもらえず、CARのDBコーチ、スティーブ・ウィルクスはDC昇格の方向のため断念。ターゲットの人材はことごとく逃げられています。ジョー・バリーを解任して喜んだのですが、後任に実績のある大物を招聘できそうになく、テンションが上がりませんねー。

 一方、OCはQBコーチのマット・カバノーを昇格させる方針だと、ジェイソン・ラカンフォラが報じてから続報がありません。OC候補のインタビューはしていないので、内部昇格が既定路線なんでしょうが。個人的には、OLコーチのビル・キャラハンの昇格がいいんじゃないかと思うのですが、本人はOLコーチでいいと言っているみたいです。

2014ドラフティーで契約延長を勝ち取るのは?

 マクベイがラムズHCに就任した時の写真を見ると、改めて面構えのいい男だと思いますね。あの目力が勝ち運を持っているような気がしてならないです。個人的には、グルーデンの後継HCになってほしいと密かに思っていたので、いまだに流出のショックを引きずってます。

 一方、プレーオフはDALが負けてハッピーです。どうせDALのことだから、第1シードでもプレーオフ初戦で負けるだろうと思ってましたw これでNFC東は全滅。おかげでストレスなくプレーオフが見られますね。

 さて、2014年のドラフティーたちが今年、契約最終年を迎えます。1年目は大して戦力にならず、またドラフトを外したかと思ったのですが、3年目が終わった現時点で、スターターが3人、準スターター1人、バックアップ1人を輩出しました。この年のドラフトは、RG3トレードの代償で1巡指名権(全体2位)がなかったことを考えると、大当たりのドラフトと言っていいでしょう。2シーズン連続の勝ち越しは、この年のドラフト成功なしにはあり得なかったと思います。

 で、5人のうち最低1人は、今オフ中に契約延長をしちゃったほうがいいと思うのですが、誰が延長を勝ち取るでしょうか。

2巡 OLBトレント・マーフィー(準スターター)
 スタンフォード大時代は全米のサック王に輝きましたが、去年まではパワー不足が顕著。3年目になってパワーがついてきたのか、去年は9サックを記録。特筆すべき能力はないけど、コンスタントに活躍できるようになりました。ブルーワーカーという言葉がピッタリの選手で、ローテーション要員としては申し分ないです。

3巡A RTモーガン・モーゼス(スターター)
 スターターを務めた過去2シーズン、抜群の安定感でした。RTではリーグでトップ5~10には入るでしょう。RTは長年、ウチの弱点だったけど、ようやくアンサーが見つかって感無量。RGブランドン・シャーフとコンビの右サイドはウチのストロングポイントであり、オフに契約延長するなら、間違いなくこの人が最有力候補でしょう。年平均8ミリオンくらいでどうでしょうか。

3巡B Cスペンサー・ロング(スターター)
 G兼控えCでしたが、リクテンスタイガーの負傷離脱を受けて、シーズン途中に先発Cに定着。コーチ陣の評価は高く、長期的アンサーと見られるようになりました。今年もスターターとして安定したプレーを見せることができれば、来オフ、契約延長の可能性は高いと思います。

4巡 CBバシャード・ブリーランド(スターター)
 去年はシーズンを通じて波がありました。リーグトップクラスのCBに飛躍してほしいと期待していただけに、残念な結果。今オフの契約延長はちょっと怖くてできないですね。それでも、4巡CBがスターターになったこと自体、スバラシイピックだったと思います。

5巡 WRライアン・グラント(バックアップ)
 ルーキーイヤーからシュアなハンドと正確なルートランが絶賛されていましたが、レシーバー陣が充実していたため、3年間あまり出番がなかったです。たまに出ると、スリップしたり、ドロップしたりと、持ってない感がハンパない選手というイメージが定着。それでも、ガーソン、デショーンの両エースのうち最低でもどちらかは抜ける可能性が高いので、今年は出番が増えそう。真価が問われるシーズンになります。

 てことで、この中から契約延長するなら間違いなくモーゼスですね。それ以外はちょっと考えられないです。OLの長期的安定のためにもぜひともお願いします。

OCショーン・マクベイがラムズHCに

 もう1年残ってほしかっただけに残念。まだ30歳なので、3年後くらいと思っていたのですが、最近は「神童」などと呼ばれていたので、一気にHCの座に登り詰めちゃいましたね。

 マクベイがカイル・シャナハンより早くHCになるというワタシの予想は当たりました(SFのHCになる可能性はまだ残ってますが)。カイルはマクダニエルスと同じかほりがするんですよね。共に天才プレーコーラーなんだけど、知的で傲慢、陰気な感じがHCには向いていない気がする。その点、マクベイは天才プレーコーラーでありながら、陽の雰囲気で、選手からの信頼も厚かったです。成功する可能性は2人より高いと思います。

 過去2シーズンのオフェンス大ブレークは、マクベイによるところが大きいと思っていたので、重ね重ね残念。それでも、スキンズからHCに栄転するのはワタシのファン歴ではたぶん初めてなので、名誉なことと受け止め、成功を祈りたいと思います。でも、30歳でHCはやっぱ早い気がするけどねー。

 これにより、オフェンスとディフェンス、両方ともコーディネーターが入れ替わることになりました。まず、OCですが、内部昇格が有力視されています。OLコーチのキャラハン、QBコーチのカバノー、TEコーチのウェス・フィリップスの名前が挙がっています。グルーデンオフェンスを理解する内部からの起用がベストだとワタシも思います。一方、グルーデンがプレーコーラーに復帰する可能性も指摘されています。

 一方、DC探しですが、前CLEのHCマイク・ぺティン、前JAXのHCガス・ブラッドリーとインタビューを済ませ、前DENのDCウェイド・フィリップスともインタビューの予定でしたが。。。結局、白熊はウワサ通り、マクベイとセットでラムズに。が~ん。ラムズにOCとDCを両方持っていかれた気分。そりゃあ、ディフェンスにタレントのいるラムズのほうが魅力的ではありますが。それにしても、ラムズ羨ましすぎる。

 ブラッドリーにも逃げられたら、ぺティンでいきますかね。mentaiさんの評価は悪くなかった記憶があるので、ぺティンでもいいです。




FAになる選手

 今オフ、FAになる選手は以下の通りです。毎年、どうしても残したいと思う選手はほとんどいないんですが、今年は主力がごそっとFAになるので、フロントの手腕が問われるオフになります。

【UFA】
QBカーク・カズンズ
 プレーオフに行けなかったことで、カズンズが長期的アンサーなのか、という疑問が出てしまった感があるけど、他に選択肢はないです。サラリーの安いコルトにスイッチにしたらどうか、という意見もあるようですが、ワタシは反対。ごちゃごちゃ考えず、カズンズと再契約しちゃおうよ。

WRピエール・ガーソン
WRデショーン・ジャクソン
 30代になった両エースを2人とも残すことはないでしょう。デショーンはPHIへの復帰が既定路線みたいな感じなので、選択肢はガーソンと再契約するかどうか。両エースを一気に失うのは怖いので、ワタシは再契約に賛成。ただ、ガーソンも大金を稼げる最後のチャンスなので、金銭面で妥協しないでしょう。個人的には年7~8ミリオンくらいだと思うのですが、どうでしょう。

TEバーノン・デービス
 DC出身で本人も再契約を希望しているようなので、すんなりいくでしょう。2年5~6ミリオンくらい?

Cジョン・サリバン
 リクテンスタイガーをリリースして、サリバンをバックアップとして残す選択肢はあるかも。

DLクリス・ベイカー
 何としても引き留めるべきだと思うのですが、フロントはDLの若返りを進めたいと思っているだろうから、どうなるか読みにくいです。個人的には3年15~18ミリオンくらいで収まらないかなと。

DLジギー・フッド
 全く期待してなかったけど、予想以上に頑張ってました。ただ、彼を先発クラスで使うようではまずいので、ローテーション要員でキープしたいです。リーズナブルに再契約できるかと。

DLケドリック・ゴルストン
 スキンズ一筋の大ベテランですが、去年もケガでシーズンをほぼ棒に振りました。もういいでしょう。

DLカレン・ジェンキンス
 途中加入のローテーション要員でしたが、さすがに再契約はないでしょう。お疲れさまでした。

OLBジュニア・ガレット
 2年連続でアキレス腱断裂。もういいんじゃないですかね。他チームと契約した時、腕に彫ったスキンズのタトゥーはどうなる?

ILBテレンス・ガービン
 堅実なスペシャルチーマー兼バックアップ。再契約はフロントとコーチの好み次第。

CBグレッグ・トーラー
 個人的には全くいいと思わないけど、ミニマムで再契約はあるかも。

Sドンテ・ウィットナー
 途中加入でちょっと期待したけど、明らかに下り坂の選手でしたね。お疲れさまでした。

Sデューク・イヘナチョ
 ミスタックルマシーン。DBではリーグで2番目にミスタックルが多かったらしいです。それでも、バックアップでの再契約はありそう。

LSニック・サンドバーグ
 この人のロングスナップが乱れるのを見た記憶がないです。再契約お願いします。

【RFA】
RBクリス・トンプソン
 優秀な3rdダウンバックに成長。個人的には3年契約くらい結んだらいいと思うけど、最低でもテンダーオファーは出すでしょう。5巡指名の選手なので、ローテンダーを出しておけば、大丈夫でしょう。

ILBウィル・コンプトン
 シーズンを通してスターターを務めました。が、長期アンサーの選手ではないです。なので、テンダーオファーで1年契約がベストシナリオでしょうか。

タイ・エンセキ
 トレントが出場停止処分を受けた4試合、見事に穴を埋めた信頼度抜群のバックアップ。テンダーオファーを出してぜひともキープを。

DCジョー・バリーを解雇

 DCジョー・バリーが解雇されました。グルーデンがTB時代のお友達であるバリーを切れるのかどうか半信半疑でしたが、2年連続でリーグボトムに近い成績では、切らなきゃダメでしょう。

 素人のワタシにはシステム的なことはさっぱり分からないのですが、リーグ最悪の3rdダウン被更新率だけは耐えられなかった。3rd&12とかを平気で更新されちゃうんだもん。レッドゾーンでの粘りもなかったし、ランもシーズンを通じて止まらなかった。ディフェンスがもうちょい良ければ、あと1~2勝上積みできて、今頃プレーオフに行っていたでしょうねえ。

 人間的にはとても良さそうな人で、Dホールが擁護するなど、選手からの信望はそれなりにあったと思われます。DETのDC時代の苦い経験を生かしてくれることを期待したのですが。。。

 このほか、DBコーチのペリー・ヒューエル、DLコーチのRobb Akeyも解雇されています。ヒューエルは評価されていると思っていたのでちょっと意外でした。

 で、新しいDCとして名前が挙がっているのはこんな面々。

ウェイド・フィリップス(DENのDC)
 だからよー、最初からバリーじゃなくて白熊を連れてこいよ―。今更って感じだけど、今からでも遅くない、白熊に決めちゃえ。まだDENのDCをクビになってないけど、本人は「無職」とツイートしているらしく、DENを離れるのは既定路線なんでしょう。白熊の息子がウチのTEコーチをしているので、オファーすれば来てくれるハズ。

ガス・ブラッドリー(前JAXのHC)
 JAX時代は悲惨でしたが、SEA時代は有能なDCでしたよね。4-3のイメージが強いですが、そこらへんはどうなんでしょう。

Paul Guenther(CINのDC)
 グルーデンのCIN時代のお友達みたいです。おそらくグルーデンのイチオシでしょうが、お友達のバリーさんで失敗しているので、個人的にはノーサンキュー。

グレッグ・ウィリアムス(LAのDC)
 元スキンズのDCでもあります。NO時代の事件に加え、もう過去の人ってイメージしかないです。。。

グレッグ・マヌスキー(ウチのLBコーチ)
 内部昇格ならこの人ですかね。DC経験も豊富で安全度の高いチョイスでしょうか。

スティーブ・ウィルクス(CARのアシスタントHC/DBコーチ)
 初めて聞いた名前だけど、密かに面白そうなのがこの人。強力CARディフェンスの構築に関わってきた履歴は魅力的。CBジョシュ・ノーマンもお世話になっており、尊敬しているそうです。

ビック・ファンジオ(CHIのDC)
 SF時代が鮮烈で、有能なDCという印象があります。個人的にはウエルカムだけど、CHIが現体制でいくなら出さないでしょう。

レックス・ライアン(前BUFのHC)
 名前が挙がっていること自体ナゾ。キャラが濃すぎて、グルーデンも扱えないでしょうよー。

オフシーズンの焦点

 新年明けましておめでとうございます。昨日は敗戦のショックで、新年の挨拶ができませんでした。遅くなりましたが、今年もご愛顧のほど宜しくお願い致します。

 プレーオフに突入しましたが、スキンズの出ないプレーオフって基本的にあまり興味ないです。一応、チラチラ見ますけど。はー、やっぱり残念ですなあ。

 で、オフの焦点をざっと整理してみると。。。

DCは代えるのか
 シーズン序盤から囁かれ続けていたのがDCジョー・バリーさんの交代論。2年連続でリーグボトムに近い成績なので、個人的には交代させたほうがいいと思ってます。ただ、オフェンスとディフェンスの投資額の比率が2対1で、DCとしてはちょっと気の毒な側面があったのも事実。今思えば、2年前にDCを代えたとき、DENの白熊さんを選んでいたら、今頃プレーオフ行きだったのではないかと今更ながらに悔やまれます。

 コーチ人事に関しては、OCショーン・マクベイが他チームのHC候補になってます。LAとのインタビューが早速決まったみたい。まだ30歳なので3年後くらいかと思っていたら、引き抜かれる可能性もありそう。お願い、もう1年待って!

カズンズとの契約延長
 2年連続でそれなりの成績を残したので、フロントは長期契約を結びにいくでしょう。問題はそのお値段。フロントはチームフレンドリーの契約を望んでいるようですが、カズンズサイドはそんな感じではないみたい。2年連続のタグ張りを強いられる前にさっさと決めちゃいたいところですが。最後のNYG戦でのプアなパフォを見せられると、個人的にはMAX年20ミリオンが限界です。

レシーバー陣の再編成
 今オフ、判断が一番難しいのがココ。ガーソン、デショーンの両エースWRに加えて、2番手TEバーノン・デービスもFAに。デショーンはPHI復帰が既定路線のような感じなので、焦点はガーソンを残すかどうかですね。2年かけて培ったカズンズとのホットライン、さらにスターターを一気に入れ替えるリスクを考えると、ガーソンとは再契約したいところ。デービスもまだまだやれることを証明したので、再契約したいですね。ただ、2人ともFA市場を試すと思うので、さっくり再契約にはならないでしょう。いずれにせよ、強力パスアタックはウチのアイデンティティーとなったので、GMマクルーエンには戦力を落とさないよううまくやってほしいです。

ディフェンスのセンターライン補強
 野球と同じようにアメフトもセンターラインが大事ですが、ウチのディフェンスのセンターラインはリーグボトムレベル。インサイドラインマン、ILB、Sを全部入れ替えてもいいくらいだけど、とりあえず各1人ずつスタータークラスが欲しいっす。DLクリス・ベイカーとの再契約も重要課題。

FA・ドラフト
 ここは追々考えていきますが、ドラフトは17位だそうです。ILBかSを狙うにはちょうどイイ感じの位置に見えます。




シーズンエンド

 絶対勝つものだと思い込んでいたので、その衝撃に打ちひしがれています。しかも、カズンズのINTで勝敗を決するという終わり方もなおさらショックです。

 試合内容的には今シーズン最悪クラスでした。ランは出ない、ランを止められない、カズンズは判断悪い。後半ディフェンスが良くなったのは、相手がOBJをベンチに下げたから。OBJが最後まで出ていたら、もっと差が開いていたでしょうね。

 カズンズの2つのINTはどちらも最悪でした。1つ目はレシーバーがスリップした不運があったにせよ、ワイドオープンのクラウダーが全く視界に入ってませんでした。クラウダーに投げていれば、楽々TDのシーン。敗北を決定付けた2つ目も、相手CBがうまかったにせよ、無理すべきではなかったです。どんなことがあっても、あの場面でQBとして絶対に犯してはいけないミスでした。焦らず5~10ヤードのショートパスをつないでいったら、最低でもFGで同点、うまくいけば逆転TDだったのに。

 CBノーマンもOBJに2回もアンネセサリーラフネス。お前、この試合に何が懸かっているのか分かってんのか。アホすぎる。

 グルーデンの前半最後のクロックマネジメントはひどかった。タイムアウトを使わずに時間を流すのかと思ったら、その後、パスがポンポンと成功。きちんとタイムアウトを使っていたら、もう1~2プレーできて、FG成功で前半を終われた可能性がありました。大事な試合で優柔不断なクロックマネジメントは腹立たしかった。

 プレーオフに行けなくて残念だけど、これがウチの実力というのも実感させられる試合でもありました。フロント、コーチ陣は、この現実をしっかり受け止め、厳しい姿勢でチーム力向上に専念するオフにしてほしいです。まずはDC交代を必ずやってほしいです。