So-net無料ブログ作成

W13はアウェーでARI戦

 ディフェンスがリーグトップ、オフェンスもバランスがいい、そんなARIが4勝6敗1分というのが不思議で仕方ない。どんな強いチームも勝ち負けは紙一重。NFLで勝つのはホント簡単じゃない。

対ARIディフェンス
 カズンズ&レシーバー陣がリーグトップ級のARIパスディフェンスを打ち砕けるか、ここに尽きます。強力MINディフェンスも撃破しているので、封じ込められることはないと見ているのですが、ARIセカンダリーの個々のレベルがとても高いので、かなり苦労すると覚悟しています。

 ウチのガーソン、デショーンもいいレシーバーですが、能力の高いCBが相手だと消されてしまうことが多いので、プレーコールで相手の的を絞らせないオフェンスを展開したいところ。その意味で、TEジョーダン・リードの不在が痛いですなあ。それでも、控えにバーノン・デービスがいるのは心強い限り。急激な戦力ダウンは感じないもん。デービスを獲っておいたのはGMマクルーエンの超ファインプレーといっていいでしょう。
cousins-peterson_player-matchup1.png

対ARIオフェンス
 最大の脅威はWRフィッツジェラルド。ウチはスロットレシーバにやられまくっているのでなおさら。ルーキーCBフラーではとても歯が立たないので、ブリーランドをスロットに入れてフィッツジェラルドをカバーさせるべきだと思うけど、ブリーランドが練習で負傷しQ組。ブリーランドがアウトだったら、かなりヤバいことになります。その保険として、PSからCBデイション・フィリップスをロースターに戻しています。

Sブルートンをリリース
 脳震盪でIRに入れていたSデービッド・ブルートンを結局ウエイバーにかけました。オフに3年9ミリオンで加入したけど、ハズレだったみたい。素人のワタシには悪くないように見えたけど、脳震盪でさっさとIR入りさせたことから、首脳陣は全く評価してなかったんでしょう。FA補強はホントに難しい。マクルーエンも外しまくってる。