So-net無料ブログ作成

今年のルーキーの活躍ぶりは?

 去年のルーキーたちが1年目から主力としてバリバリ働いてくれたので、今年のルーキーはちょいと物足りなく感じちゃいます。素材は悪くないので、来年以降に期待です。

1巡 WRジョシュ・ドクトソン(テキサス・クリスチャン大)
 出場2(先発0) 2キャッチ、66ヤード
 ナゾのアキレス腱痛に悩まされてIR入り。1年目からセンセーショナルな活躍をしてくれると信じていただけにショックが大きいですなあ。シーズン終盤に復帰する可能性がありますが、ぜひとも復帰させてほしい。オフにガーソンとデショーンの両エースがFAになるので、コイツが使えるのかどうかを見極めないといけないので。

2巡 LBスア・クレイブンズ(USC)
 出場7(先発1) 22タックル、1サック、1INT
 6-1、222ポンドとLBとしてはサイズ不足なので、どうしてもパートタイムの出場になっちゃいます。それでも、少ない出場機会でビシッとロスタックルをきめちゃうあたりはさすが。MIN戦では、メイソン・フォスターとスナップを半分ずつ分け合うなど、出番も増えており、さらに期待です。個人的にはSSとしてスクリメージライン近くで暴れさせたら面白い気がするんですが、どうでしょう。

3巡 CBケンダール・フラー(バージニア工科大)
 出場6(先発3) 27タックル
 スロットCBとして定着。まずまずいい仕事しているんじゃないかと思っていたのですが、MIN戦ではディグスにチンチンにやられました。まあ、1年目なんてしゃあない。できれば、そろそろカレッジ時代のボールホークっぷりを見せてほしいところではありますが。

5巡 DLマット・アイオナイディス(テンプル大)
 出場5(先発0) 4タックル
 開幕はPSスタートし、途中から昇格。5巡とはいえ、ドラフト時は「1年目からローテーションで十分使える」と言われていただけに、残念な感じ。DL補強、今年も外したなあ。

6巡 QBネイト・サドフェルド(インディアナ大)
 出場なし
 3番目QBとしてずっとインアクティブ。今年はサイドラインでお勉強です。といっても、ワタシは全く期待してないです。

7巡A ILBスティーブン・ダニエルズ(ボストン・カレッジ)
 「タックルマシーン」のウワサでちょいと期待してましたが、キャンプ中にIR入り。勝負は来年。

7巡B RBキース・マーシャル(ジョージア大)
 プレシーズンの負傷でIR入り。コンバインで最速を叩き出した期待の韋駄天ですが、プレシーズンですぐにすっ転ぶのを見てガッカリ。RBって早いだけじゃダメなんですねえ。カレッジ映像を観ても、ワタシにはRBの見極め方がサッパリ分からない。

UDFA RBロブ・ケリー(トゥレーン大)
 出場8(先発2) 60キャリー、287ヤード(平均4・8ヤード)、1TD
 ルーキーでは出世頭と言っていいでしょう。ファンブル癖が怖くてとても使えないマット・ジョーンズを完全に抜きました。先発した過去2試合でもコンスタントにヤードを稼いでました。頑張れ、ファット・ロブ!

UDFA WRモーリス・ハリス(カリフォルニア大)
 出場3(先発0) 3キャッチ、28ヤード
 6-3の素晴らしいサイズの持ち主。MIN戦で初レシーブを記録。ダウン更新のナイスなキャッチもあったし、来季に向けて楽しみな素材。

UDFA DLアンソニー・ラニアー(アラバマA&M)
 出場2(先発0) 0タックル
 密かに期待している将来のスター候補。ものすごい運動能力を持つ素材です。ここ2試合、アイオナイディスに代わってアクティブになっており、テクニックも上達してきたんでしょうか。個人的には、昔ウチにいたロレンゾ・アレキサンダー(現BUF)を思い出します。
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ