So-net無料ブログ作成

どこまで跳ね上がるカズンズのサラリー

カズンズと再契約の方向
 ここ数試合のハイパフォーマンスを受け、フロントはカズンズと長期契約を結ぶ意向を固めたようです。で、問題はそのお値段。年平均20ミリオン突破は確実で、23ミリオンまで行くのではないかとの見方が出ています。カズンズの実力を考えると、20ミリオンくらいが適正価格だと思いますが、交渉ポジションがカズンズサイドに有利すぎて、ワタシも22ミリオンまでは覚悟しています。

 シーズン前、長期契約を結ぶべきだと何度も書いたんですが、その一番の理由は、2年連続でタグ貼りを強いられる状況を避けるべきだと思ったから。2年連続のタグは2割増しの1年24ミリオン。ここが交渉のスタートラインになっちゃうと、年22ミリオンを提示してもまとまるかどうか。何としても引き留めるべきだとは思いますが、カズンズがリーグ最高給に近いサラリーになっちゃうのは、どうなんでしょう。。。

OCマクヴェイに他チームが興味
 ラカンフォラの情報なので、どこまで正確か分かりませんが、HC交代の可能性が高いチームが、ウチのOCショーン・マクヴェイに関心を持っているそうです。

 レッドゾーンでのプレーのセレクションが不満であまり大げさに褒めたくはないんだけど、OCとしては天才だと思います。カイル・シャナハンがOCだった時も同じように天才だと感じたんですが、性格的にカイルが陰なのに対し、マクヴェイは陽なので、ワタシは断然マクヴェイのほうが好きですね。

 マクヴェイはまだ30歳なので、さすがに今オフ、HCになることはないでしょう。それでも、3年後くらいには十分あり得ると思います。カイルより先にHCになっちゃうかも。ちなみに、マクヴェイの祖父はNYGのHCだったそうです。

TEリードが肩を脱臼
 DAL戦では肩を脱臼した状態でフィールドに戻り、2TD。信じられない。でも、シーズンはこれからが正念場なので、無理してほしくなかったですね。リードがいるいないは、天地の差なので。AC Joint Separationの中でも、関節が完全に外れてしまったグレード3らしく、心配です。


 話は変わって、先週末、試写会で「SING」という映画を見てきました(公開はアメリカがクリスマス、日本は3月)。恐ろしく単純なストーリーなんですが、何度も大笑いし、何度もホロッとし、最近観たファミリー映画では最高でした。おススメです。

ベルメゾンネット

ブラックフライデーに帽子を買ってみた

 サンクスギビングの翌日は、アメリカ中のお店がセールを行うブラックフライデー。買い物は基本的に大嫌いなのですが、スキンズのオフィシャルショップに行って久しぶりにキャップを買いました。買ったのはこのデザイン。

hat.jpg

 ギブス御大のトレードマークだったバーガンディーにゴールドの「R」マークが入ったキャップに憧れていて、本当はそれを買おうと思っていたのですが、試着してみるとバーガンディーがワタシには恐ろしいほど似合わない(涙)。で、代わりに黒をベースにしたデザインの中で、一番いいなと思ったこれを選びました。昔のスキンズマークでレトロな感じが気に入りました。(黒にゴールドの「R」マークのキャップは現在、生産されないみたい。残念)

 NewEra製の商品を買うのは初めてですが、アメリカにしてはかなりきちっとしたつくりで、長持ちしそうな感じがイイです。定価30ドルですが、ブラックフライデーセールで25%引き。セールと言っても、本当に安いんだか、よく分からない微妙な買い物でしたw

サンクスギビングゲーム・・・残念!

 ご近所の方にサンクスギビングのディナーをお誘いいただいたため、ライブ観戦できず、録画で見ました。録画はやっぱ感情移入できないですね。

スキンズ 26-31 カウボーイズ

・前半、レッドゾーンでFG2つ、43ヤードFGミスが痛かった。点取れるところで取っておかないとなあ~。

・エリオットはまずまず抑えたと思います。でも、ウチのランが出なさ過ぎた。

・プレスコットのパスにやられた感覚はほとんどないんだけど、大事なところで確実に通すし、足を賢く使えるのがすごい。最強ランオフェンスを誇るチームに完璧にマッチしたQBだと思いますね。

・3rd&ロングのシチュエーションで、向こうはウチのスロットCBケンダール・フラーとのミスマッチを完全に狙っていました。スロットが弱点であることは分かってるんだから、何か手を打ってよ~。

・前半、55ヤードFGをトライさせたグルーデンの判断は明らかにミス。43ヤード外しているのに、入るわけないじゃん。FGミスで相手に絶好のフィールドポジションを与えた上でTDを奪われる最悪の展開。あそこは無難にパントを選択しておけば、試合の流れは全く変わっていたと思う。4Qに入ったばかりの時間帯で2ポイントコンバージョンを選択した判断も疑問。今年1度も決まってないのになぜギャンブルするかなあ。グルーデン、焦り過ぎだよ。

・地区優勝はもう無理なので、WC狙いで。首位DALに圧倒されたわけではないので、悲観せず前向きに行きましょう。ミニバイウィークでコンディションを整え、次のARI戦は必勝です。
ベルメゾンネット

GB戦感想

 今日は朝から晩まで余韻に浸れたハッピーな一日でしたw 昨晩書けなかったもう少し詳しい感想をば。

理想形に近いオフェンス
 ファットロブが先発したこの3試合、オフェンスがすごく良くなりました。タックルされても前に倒れるので、プラス2ヤードをコンスタントに稼いでくれるのはありがたい。もともと思い切りがいいランナーなので、OLがホールをつくるとズバッと抜けるシーンが毎試合必ずあります。アウトサイドの加速はいいけど、ホールに突入するタイミングが悪い印象があったマット・ジョーンズとはここが大きな違いですかね。

 オフェンスは去年から好調ですが、ランオフェンスの不調をパスアタックで補うという状況から、ランもコンスタントに出てバランスのいいオフェンスになってきました。グルーデンオフェンスの理想形に近い状態じゃないでしょうか。

 カズンズのパスも良かったですが、相手守備陣をぶち抜けるレシーバー陣の能力の高さも素晴らしかったです。ガーソン、デショーン、クラウダー、リード、デービスと、改めて惚れ惚れするメンツ。おそらく、オフェンスは今年がピークだと思うので、どんどん勝ち抜いて行けるところまで行っちゃってほしい。

ディフェンス
 シーズン序盤に比べ、ランディフェンスが見違えるほど良くなりました。メンツは変わっていないのにどうしてこんなに改善されたのか不思議。リーグ最強ランオフェンスのDALにどこまで通用するか。

 ドラ2スア・クレイブンズがILBとして9割くらい出場してました。このままスターターとして定着するんでしょうか。ブリッツとパスカバーが抜群なのは素人目でも分かるのですが、あとはランディフェンスがどうなのか。軽量なのでブロックを外すパワーが足りないのではないかと、どうしても気になっちゃいます。

 ここ2試合浮き彫りになっている守備陣の課題は、TEとスロット対策。ほとんどここからやられてます。ロジャースからTEジャレッド・クックへのパスはどれも絶妙で、通されるのは仕方ないとしても、通された後クックに追いつけないSダンテ・ウィットナーのスピード不足には衝撃を受けました。まさかSがTEより足が遅いなんて。近年、Sに悩まされ続けてますが、ウィットナーもアンサーではないことははっきり分かりましたね。ひどいミスタックルもあったし。

カズンズ
 話題になっているのが、試合後のこの映像。

 GMマクルーエンに向かって、"How you like me now?"と絶叫してます。去年、流行語になった"You like that?" もそうだし、カズンズは勝った後、奇声を発することが多いですね。なんかハイになちゃうみたいです。奇声以上にびっくりしたのは、GMの頭をぐちゃぐちゃっとなでちゃうシーン。いくらフレンドリーなアメリカ社会でも、あれはアリですかねー。

 この発言を聞いて、長期契約をくれなかったチームに対して自分の能力を証明したい、その一心でやってきたことがすごく分かりました。それだけに込み上げてくるものがあったのでしょう。このシーンを茶化す人もいるかもしれませんが、ワタシはカズンズの思いを素直に受け止めたいです。そして、オフの長期契約を希望します。前も書いたけど、5年100ミリオン、保証50ミリオンでどうでしょう。

シンデレラストーリー
 また、ファットロブの話に戻りますが、カレッジ時代はどのくらいの成績を残していたのかと気になってググってみたところ、
fatrob.jpg
 強豪校でも強豪リーグでもないのに、ものすごい平凡なスタッツ。そもそもスターターのスタッツじゃないですね、これ。本人が「自分が今NFLにいるのがシンジラレナイ」と語ってましたが、スタッツを見る限り理解できますね。

 カレッジ時代のスタッツは気にせず、いい素材にチャンスを与えるのがUDFAだと思うのですが、それでもフロントは素晴らしい選手を発掘したものだと称賛したいです。あと、レシーブは下手に見えるけど、カレッジではかなりレシーブしてます。意外。
DHCオンラインショップ

やりました! GBを撃破!

 夜遅いので結果だけ。

スキンズ 42-24 パッカーズ

 ロジャースは普通に良かったけど、カズンズはそれをはるかに上回るパフォーマンス! 4Qの苦しい時間帯にディープパスをビシバシ。しびれた。もうフランチャイズQBと認定しちゃっていいでしょう!

 ファットロブもよくやった! ここ一番でビッグランを繰り出すお前は持ってる! 試合後にチームメートから祝福される光景見て、泣きそうになったw

 超ウレシイ。この勝利、高揚感がハンパない。心の奥底で、超優良フランチャイズのGBには歯が立たないという劣等感を抱いていたのかも。ついにGBを撃破できるレベルまで来たんだと、感動に打ち震えております。ここまで長かった。。。

 Ligerさん、HJさん、NYGとDALをやっつけてNFC東スイープといっちゃってください!

 次はサンクスギビングにDAL戦。試合後にテレビカメラの前でターキーにかぶりつくのはカズンズとファットロブだ!




ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

次はGBとサンデーナイト

 今年サンデーナイトが組まれていたことをすっかり忘れてました。名誉なことです。ただ、ナイトゲームの後、アウェーでサースデーナイト(サンクスギビング)というのはスケジュール的にきつすぎる。サースデーナイトの前はナイトゲームを入れないとかルールを決めてほしい。

GB不調の理由は?
 TENにボロ負けしたのにはビックリしましたね。負けが先行してしまったのは数年ぶりなんだとか。4勝5敗ならウチ的には全然いけるレベルですが、GB的にはショッキングなレベルでしょう。といっても、GBを全くフォローしてないので、不調の原因がサッパリ分からないです。ロジャースがちょっとおかしい? 怪我人? ディフェンスがイマイチ? ひたすら生え抜きにこだわるGBのチーム編成っていつもすごいと思うけど、FA補強をそこまで否定しなくていい気がするんですけどねえ。

ロジャース×カズンズ
 昨季のプレーオフは、ロジャースのいやらしさに、バカ正直なカズンズが負けた、というのが第一印象でした。カズンズがロジャース並みにずる賢くなるのは難しいだろうけど、もう一段階成長するには風格・貫禄が必要。プレーオフに比べてその差がどれくらい縮まったのか、ちょっと楽しみ。

レッドゾーンでの決定力
 MIN戦では辛うじて逃げ切ることができたけど、ロジャース率いるGBオフェンスだったら、間違いなく逆転されていたでしょう。GB相手に勝つには、TD取れるところでは確実に取ることが不可欠。これだけウェポンが揃っていて、レッドゾーンでTD取れないのが不思議で仕方ない。

ロングスナッパー
 LSニック・サンドバーグが腰(背中?)を負傷し、どうもアウトの見通し。で、緊急補強でリック・ロバトというLSとサイン。代役はQBコルト・マッコイという情報も流れてましたが、さすがにそれは試合中で生じた緊急事態のみでしょう。LS交代でキッキングゲームに影響が出ないことを祈ります。
DHCオンラインショップ

今年のルーキーの活躍ぶりは?

 去年のルーキーたちが1年目から主力としてバリバリ働いてくれたので、今年のルーキーはちょいと物足りなく感じちゃいます。素材は悪くないので、来年以降に期待です。

1巡 WRジョシュ・ドクトソン(テキサス・クリスチャン大)
 出場2(先発0) 2キャッチ、66ヤード
 ナゾのアキレス腱痛に悩まされてIR入り。1年目からセンセーショナルな活躍をしてくれると信じていただけにショックが大きいですなあ。シーズン終盤に復帰する可能性がありますが、ぜひとも復帰させてほしい。オフにガーソンとデショーンの両エースがFAになるので、コイツが使えるのかどうかを見極めないといけないので。

2巡 LBスア・クレイブンズ(USC)
 出場7(先発1) 22タックル、1サック、1INT
 6-1、222ポンドとLBとしてはサイズ不足なので、どうしてもパートタイムの出場になっちゃいます。それでも、少ない出場機会でビシッとロスタックルをきめちゃうあたりはさすが。MIN戦では、メイソン・フォスターとスナップを半分ずつ分け合うなど、出番も増えており、さらに期待です。個人的にはSSとしてスクリメージライン近くで暴れさせたら面白い気がするんですが、どうでしょう。

3巡 CBケンダール・フラー(バージニア工科大)
 出場6(先発3) 27タックル
 スロットCBとして定着。まずまずいい仕事しているんじゃないかと思っていたのですが、MIN戦ではディグスにチンチンにやられました。まあ、1年目なんてしゃあない。できれば、そろそろカレッジ時代のボールホークっぷりを見せてほしいところではありますが。

5巡 DLマット・アイオナイディス(テンプル大)
 出場5(先発0) 4タックル
 開幕はPSスタートし、途中から昇格。5巡とはいえ、ドラフト時は「1年目からローテーションで十分使える」と言われていただけに、残念な感じ。DL補強、今年も外したなあ。

6巡 QBネイト・サドフェルド(インディアナ大)
 出場なし
 3番目QBとしてずっとインアクティブ。今年はサイドラインでお勉強です。といっても、ワタシは全く期待してないです。

7巡A ILBスティーブン・ダニエルズ(ボストン・カレッジ)
 「タックルマシーン」のウワサでちょいと期待してましたが、キャンプ中にIR入り。勝負は来年。

7巡B RBキース・マーシャル(ジョージア大)
 プレシーズンの負傷でIR入り。コンバインで最速を叩き出した期待の韋駄天ですが、プレシーズンですぐにすっ転ぶのを見てガッカリ。RBって早いだけじゃダメなんですねえ。カレッジ映像を観ても、ワタシにはRBの見極め方がサッパリ分からない。

UDFA RBロブ・ケリー(トゥレーン大)
 出場8(先発2) 60キャリー、287ヤード(平均4・8ヤード)、1TD
 ルーキーでは出世頭と言っていいでしょう。ファンブル癖が怖くてとても使えないマット・ジョーンズを完全に抜きました。先発した過去2試合でもコンスタントにヤードを稼いでました。頑張れ、ファット・ロブ!

UDFA WRモーリス・ハリス(カリフォルニア大)
 出場3(先発0) 3キャッチ、28ヤード
 6-3の素晴らしいサイズの持ち主。MIN戦で初レシーブを記録。ダウン更新のナイスなキャッチもあったし、来季に向けて楽しみな素材。

UDFA DLアンソニー・ラニアー(アラバマA&M)
 出場2(先発0) 0タックル
 密かに期待している将来のスター候補。ものすごい運動能力を持つ素材です。ここ2試合、アイオナイディスに代わってアクティブになっており、テクニックも上達してきたんでしょうか。個人的には、昔ウチにいたロレンゾ・アレキサンダー(現BUF)を思い出します。
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

競り勝って5勝目

 苦しかったけど、いい試合だった。オフェンスもディフェンスも力出し切ったって感じで。アメフトはホント面白い。

スキンズ 26-20 バイキングス

ゲームボール
 2サック、1INTと狂い咲きのOLBプレストン・スミスに。週間MVPもいただき? シーズン前は2ケタサックは余裕と思っていたのに、前半戦は8試合で1.5サックとかなりイマイチだっただけに余計目立ちました。INTは値千金だったし、試合を締めくくるサックも負傷退場したジェイク・ロングの代役じゃお話にならんと言わんばかり。こんな感じで調子を上げていってください。

後半無失点
 2Qに20失点し、どうなっちゃうんだろうという感じだったけど、後半見事にアジャスト。特に3rd1のランを止めまくってドライブを遮断したのにはしびれた。最後のドライブも苦しかったけど、よく守りました。

 唯一不満なのが、前半残り5秒でTDを許したプレー。相手はタイムアウトがなく、ランで来ることはないというシーンで、左サイドがガラ空きって、どういうことよ。あれを止めていたら、前半14-14で折り返せたかもしれないのに。このプレーだけはホント腹立った。

ディッグズすげえ
 地元メリーランド大の元スターということで親近感のある選手なんですが、こんなに成長していたとは。13キャッチ、164ヤード。止まんない、止まんない。いつもスロットでプレーしているんですかね。ウチのスロットCBケンダール・フラーが全く歯が立たず、このミスマッチを試合を通じて狙われ続けました。ブリーランドをスロットに回すこともできたと思うけど、なぜそういう措置を取らず、最後までやられ放題にしてしまったのかが疑問。

本日のカズンズ
 試合ごとに調子が上がっていて、今日はコントロールが抜群。昨シーズン後半の感じが戻ってきたなあ。スタッツは、22/33(66・7%)、262ヤード、2TD。

ファット・ロブ
 RBはドラ外ルーキーのロバート・ケリーが2試合続けて先発。図体がでかいので、相手を切り裂くランは期待できないけど、ホント粘り強い。MIN相手に22キャリー、97ヤード(平均4.4ヤード)なら上出来でしょう。「ファット・ロブ」のニックネームはちょっとかわいそうな気もするけど、愛着は沸くw

初先発のジャーニーマン
 昨日のエントリで書きましたが、LTトレントの代役はタイ・エンセキ。全く意識してなかったのでよく分からないけど、サックを許すことなく、十分役割を果たしてくれたんじゃないですかね。PFF評価でオフェンス最高の83.9。控えでここまでやれたら申し分なし。GMマクルーエンは、スターターだけでなく控えも重視するので、層の厚いチームになったとしみじみ感じます。

レシーバー陣
 デショーンの代役は3年目のライアン・グラントだったけど、ゼロキャッチ。今日もスリップしていたし、持ってない感がハンパない、この選手。ドラ外ルーキー、モーリス・ハリスの3キャッチ、28ヤードは超嬉しかった。来季に向けて明るい材料。

 ベテランのガーソンはやっぱいいですなあ。カズンズと息があっている感じがすごくいい。オフにガーソンとデショーンがFAになるけど、ごちゃごちゃうるさいデショーン切って、ガーソンとリーズナブルに再契約、これが今の流れだろうなあ。

プレーオフ展望
 DALのPITに対する勝ち方すげえ。ドラフトの時点からDALのOLとエリオットの融合は脅威だと思っていたけど、ここまでの破壊力は想像以上。地区優勝は厳しくなってきましたかね。去年はNFCリーストなどと揶揄されたNFC東がハイレベルすぎて、地区内3位を確保してワイルドカードの座をつかむのも簡単じゃない。PHIがATLに勝つなんて。




カタログ通販ベルーナ(Belluna)

明日はMIN戦

 バイウィークって毎年長く感じるものですが、今年はトランプショックのおかげであっという間に時間が過ぎましたw

 MIN戦がどんな展開になるか予想する時間がないのですが、バイウィーク明けでホームゲームとなれば、相手がどこだろうとマストウィンです。

 明日の試合は、LTトレント、WRデショーン(たぶんアウト)不在のオフェンスが、強力MINディフェンスを攻略できるか、に尽きます。

 トレントの代役はタイ・エンセキ。アリーナ、カナダなどを経て、NFLで初先発を果たす苦労人。努力は裏切りません。不安はありますが、信じたいと思います。ずっと前に載せたことがありますが、エンセキのキャリアは以下の通り。ここまでジャーニー感の漂う選手もそういないでしょうw
Corpus Christi Sharks (2009)
Dallas Vigilantes (2010)
Philadelphia Soul (2011)
San Antonio Talons (2012)
Indianapolis Colts (2012)*
St. Louis Rams (2012)
New Orleans Saints (2014)
Montreal Alouettes (2014)*
Washington Redskins (2015)*
Los Angeles Kiss (2015)*
Washington Redskins (2015–present)
* Offseason and/or practice squad member only
DHCオンラインショップ

後半戦へ

負けないダラス
 密かにCLEのアップセットを期待してました! いきなり予想外のチームに負けるのがいつものダラスだと思っていたもので。そこをサクッと勝ってしまうあたり、今年は本当に強いのでしょう。プレスコットの安定感が恐ろしい。ロモのポカがなくなり、本当にやりにくい相手になっちゃいました。エリオットがケガしなければ、このまま突っ走りそうな気がするなあ。

プレーオフ争い
 地区優勝は簡単じゃない状況ですが、それでもプレーオフのチャンスは十分アリ。最近は「まさかあのチームが」というチームがコケ続てくれているおかげで、4勝3敗1分という成績でもワイルドカード争いで2位につけてます。

第3クオーター
 シーズンスケジュールを最初に見たとき、MIN、GB、@DAL、@ARIと対戦する第3クオーターが一番タフだと思ってました。MIN、GB、ARIに勝てるチャンスは少ないなと。ところが、当初はSBまで行っちゃうんじゃねと思わせるくらいの快進撃を続けていたMINが突如失速。GB、ARIもストラグルしており、勝てるチャンスはフィフティー・フィフティーくらいあるんじゃないでしょうか。

 DALとはサンクスギビングに対戦。2012年のサンクスギビングみたいに全国放送でDALに恥をかかせたいですねえ。今年最も重要なマストウインゲーム。

ロースタームーブ
 LTトレントの4試合出場停止処分を受け、BALのPSからBlaine ClausellというOTを引っこ抜きました。RTモーゼスもCIN戦で負傷しており、いきなりアクティブもあり得ます。

 同じCIN戦でケガしたTEナイルズ・ポールはIRへ。ハードワーカーなだけに2年連続でIR入り、残念。代役にはPUPにいるTEデレク・キャリアーをロースターに入れる可能性があります。

 トレントの出場停止、CIN戦での怪我人続出と、バイウィーク明けだけど、MIN戦はメンツ的に結構きついかも。やっぱりトレントの離脱が痛すぎる。。。
カタログ通販ベルーナ(Belluna)

LTトレントが4試合出場停止処分

 はあ~、チームキャプテンなのに何やってんのか。バイ明けのタフな4試合をどう乗り越えるかというタイミングで、チームをしらけさせるアホさ加減には呆れるしかないですね。

 マリファナかなんかだと思うけど、薬物使用で処分を受けるのはこれで2回目。薬物の誘惑を断ち切れるのかと心配だったけど、やっぱり難しいようです。

 今年はオールプロも狙えると思うほど好調でしたが、これで4年連続で選ばれていたプロボウルもダメでしょうね。自業自得です。

 トレントの代役は、タイ・エンセキ。バックアップとはいえ、スタータークラスの能力と言われているので、やられまくることはないと信じてますが、トレントの穴を完全に埋めるのは不可能でしょう。Tに負傷者が出たら、RGブランドン・シャーフをTに回して、RGにはクアンジョーを入れることもあるかもしれないです。いずれにせよ、バイウイークを生かしてしっかり準備するしかないです。

 あ、そういえば、ロンドンで足首を負傷したRTモーゼスはどうなってんだ? 次の試合間に合わなかったら、両サイドのスターターTが不在という想像すらしたくない事態になります。。。

 ちなみに、トレントの不在の4試合は、MIN、GB、@DAL、@ARI。いや~、これ以上ないくらい最悪のタイミングでの離脱ですなあ。
カタログ通販ベルーナ(Belluna)