So-net無料ブログ作成

グルーデンよ、勝利に徹せよ

 開幕2連敗でずっとどよっとした気分が続いています。自宅で新聞を3つ購読していて、いつもは真っ先にチェックするのがワシントン・ポストのスポーツ欄なんですが、最近はスキンズの暗い話題を見るのが嫌で目を背けています。ファンブログ運営者がこんなんじゃだめですねー。本当は悪い情報もチェックしてお伝えしないといけないのに。

 ということで、最近はろくに情報をチェックしていないんですけど、次のNYG戦に向けて言いたいことは一つ。グルーデンよ、勝利に徹しろ、と。

 2試合負けたくらいでチーム内からカズンズ批判が噴き出すなんて、チームのディシプリンは一体どうなってんだと言いたい。過去2試合、猛烈なパスハッピープランだったわけですが、これについてグルーデンは、レシーバー陣が豪華だから、と説明しています。確かに、これだけレシーバー陣が充実していれば、パス偏重で攻めたほうが手っ取り早いと考えるのは理解できますが、レシーバー陣が不満を持たないようにしたいという余計な配慮が加わっているのではないか、とワタシは疑ってます。

 また、ディフェンスはCBのアウトサイドは左がノーマン、右がブリーランドとほぼ固定しています。なぜノーマンをエースレシーバーに貼り付けないのか、とディフェンスプランに批判が出ていますが、これについて、ブリーランドのプライドを傷付けるのを避けた、というウワサがあります。その記事を読んでいないのですが、もし本当ならお話にならないですね。選手の私情でディフェンスプランを決めるのかと。選手も人間なので気持ちは配慮しないといけないですが、最優先すべきは試合に勝つことでしょーよー。

 ウチのコーチ陣は選手に対して八方美人になることに一生懸命で、勝つことに徹しているのかと疑いたくなります。そんな甘っちょろい姿勢だから、連敗したくらいで不協和音が出てくる。昨日、NE×HOU戦を見ましたが、ベリチックはやっぱすごいですわ。エースQB、セカンドQBが離脱しても、圧勝してしまう。ひたすら勝つことを中心にゲームプランを立てていることがよく分かりました。あのルーキーQBではレシーバー陣は不満だろうけど、ベリチックはそんなことは全く意に介さない。勝てばいいんだから。

 グルーデンが八方美人の甘っちょろい采配をしていたら、プレーオフなんて遠い夢、今年も最下位に逆戻りですよ。パスハッピーすぎるゲームプランを批判されているので、NYG戦はおそらくランヘビーになるでしょう。パスとランのバランスが取れたオフェンスになるのは歓迎だけど、周囲の批判でゲームプランを変えるというのもなんなんだという気もします。そういうのは試合中に調整してくれと。

 今年の戦力で勝てないというのはホント耐え難い。すみません、愚痴ばかりですね。とりあえず、まずは1勝を。