So-net無料ブログ作成

ドラ1WRドクトソンは・・・

 スキルポジションのドラ1ということで、ワタシ的に楽しみでしかたなかったWRジョシュ・ドクトソンですが、アキレス腱の故障でいまだにPUPから出てきません。

 ルーキーキャンプだったかミニキャンプだったか、いずれにせよ春の練習でアキレス腱を痛めました。その時は、夏のトレーニングキャンプには余裕で間に合うと言われていたのに、結局PUPスタート。1~2週間で練習を再開できるといわれていたのに、いまだに復帰できず。最近の情報ではもう1~2週間かかるんだとか。ズルズルと遅れていくのは、ホントやな感じ。実は重症なんじゃね、なんて思えてきます。

 WR陣はガーソン、デショーン、クラウダーと充実しているので、今年は慣らしで、ブレークアウトシーズンは来年、とは考えていましたが、最低でも3~4番手で確実に働いてくれるものと完全に信じ切っていました。ガーソンとデショーンが来年FAになるので、ドクトソンがどこまでやれるか見極めることは重要な要素であるだけに、来年の編成の観点からも出遅れは痛いです。

 キャンプ開始当初、ドクトソン3カ月離脱、という情報が流れ、これを聞いたGMマクルーエンが壁をパンチして手を負傷した、なんてこともありました。マクルーエンにとってドクトソンの位置付けがいかに重要かを物語る出来事ですね。

 クリス・クーリーが「ドクトソンについてはいい話を全く聞かない。そもそもフットボール愛があるのか疑問」なんて辛口コメントをしてました。密集地でボールをひたすらもぎ取るドクトソンのハイライト映像を見る限り、フットボール愛がないようには全く見えないですけどねー。後輩ルーキーにそこまで辛辣なことを言わなくてもいいと思うけど。

 ただ、線が細い印象は受けますね。顔もフットボール選手とは思えないほどの草食系。とにかく、マルコム・ケリーの二の舞だけは勘弁!

 おまけ 今年はドラ1にケガがやたら多いです。
doctson.jpg
マカフィー・ストア