So-net無料ブログ作成
検索選択

ライリーとパエアをリリース

 第1次ロースターカットでILBペリー・ライリーとDEスティーブン・パエアがカットされました。

 ライリーはレベルの低いウチのILB陣では、まだスターターを張れる能力はあるのですが、5ミリオンのサラリーに見合う選手ではなかったです。2010年のドラフト4巡で入団し、ウチのドラフティーとしては珍しく再契約を勝ち取ってくれましたが、基本的に並のLBにしか見えませんでした。ライリーで記憶に残っているのは、パスカバーで苦戦するシーンばかりw ライリーカットで4ミリオンのキャップセーブ。

 パエアは昨年、GMマクルーエンのFA補強第1号として結構なサラリーを払って獲得しましたが、完全に期待ハズレ。今年は奮起してくれるだろうと淡い期待を抱いていましたが、キャンプでもサードチームに沈んでいました。デッドキャップがたっぷりあって、セーブできるのはわずか0.9ミリオン。これがクヤシイ。

 一方、ドラ7キース・マーシャルがIR入りへ。プレ3戦目でひじを負傷し、3~4週間アウトと言われていました。ロースターに入れる余裕はないけど、放出するには勿体ない。てことで、3~4週間のケガなのにシーズンアウトにせざるを得ませんでした。本当はPSでキープしたかったのに、何と最悪のタイミングでケガをしてくれたことか。RB陣は層がペラペラなだけに微妙に嫌な感じです。

ロースタームーブ

 キャパニックのキャリアは終わりましたね。アメリカは自由の国なので何をしようと勝手ですが、ワタシには彼の頭の中がさっぱり理解できない。

 さて、前回のエントリで53人予想を書いたのですが、細かいロースタームーブが3件ありました。

Cブライアン・ストークがフィジカルテストをクリアできず
 現役続行を決断した途端、こういうオチですか。結局、トレードがおじゃんになり、ウチの7巡指名権も戻ってきました。スターターを狙ってほしいと思っていただけにちょっと残念。これで53枠が1つ空いたけど、誰を入れようか。

DEカレン・ジェンキンスとサイン
 今年のDL陣も勝てる布陣じゃないと気にはなっていましたが、この時期に怪我人も出ていないのに動くとは予想外。FA加入のレイエス、ドラ5のアイオアナディスがイマイチだったんじゃないかと。だから、ドラフト上位を使ってDLを指名しろっつーの。これはGMマクルーエンの大きなミスでしょうね。ジェンキンスは35歳の大ベテランですが、個人的には好きな選手。ジェンキンス加入で開幕ロースターから弾き出される選手は誰か。

OL選手をクレーム
 第1次カットでMIAから放出されたヴィンストン・ぺインターというGをクレーム。2013年のDENのドラ6ですが、CLE、MIAと渡り歩いています。Gスペンサー・ロングが足首を負傷したらしく、補強に動いたってことは時間がかかるのかもしれません。Gはデプスも充実していると思っていただけに意外な動き。

53人予想

 そろそろ開幕ロースター予想をしてみようと思います。赤字がFA・トレード加入、青字がルーキー。

オフェンス(24)
QB(3) カズンズ/コルト/サドフェルド
 個人的にはQB2人体制でサドフェルドをPSに置くのがベターだと思うけど、首脳陣は育成したい雰囲気なので入れました。

RB(3) ジョーンズ/トンプソン/ケリー
 ジョーンズが肩を負傷し、トンプソンもケガが多く、耐久性に不安のあるメンツで3人では心細いけど、とりあえず開幕はこの3人で。ドラ7キース・マーシャルかマック・ブラウンをPSに置いておき、怪我人が出ても応急処置できる態勢にはしておくでしょう。

OL(9) トレント/ロング/リクテンスタイガー/シャーフ/モーゼス/Nsekh/ロヴァオ/クアンジョー/ストーク
 トレード加入のCブライアン・ストークがまだプレーするか決断していないようで、ここが流動的。

WR(6) ガーソン/デショーン/クラウダー/ドクトソン/グラント/ロス
 ドクトソンは開幕PUPスタートの可能性もあると思っていたけど、6Wアウトまでは引きずらなさそうな雰囲気。ドラ外ルーキーにモーリス・ハリス、TJ・ソープといった育てがいのあるレシーバーが多く、誰か1人ロースターに残したいところですが、主力が鉄板すぎます。

TE(3) リード/デービス/ポール
 ブロッキングTEポールセンを入れてTE4人態勢がベターですが、その余裕はなさそうな雰囲気。

デイフェンス(26)
DL(7) ベイカー/ゴルストン/RJF/レイエスフッドアイオアナイディスラニアー
 一番予想が難しいのがここ。存在感のないパエアを思い切ってカット。去年、5年21ミリオンの契約でFA加入し、今年分のサラリーは保証されているので、カットしてもキャップセーブできないのが痛いですが、ここは思い切って若返りをすべき。代わりにドラ外加入ながらいいパフォーマンスを連発しているラニアーを入れました。

OLB(4) ケリガン/スミス/マーフィー/ベイツ
 4人目がはっきりしないですが、ワタシの好きなベイツで。

ILB(5) コンプトン/フォスター/スペイト/ガービンクレイブンズ
 ベテランのペリー・ライリーをカット。残せるなら残してもいいんだけど、高いサラリーが嫌われ、サラリーの安い選手が残ると予想。

CB(6) ノーマン/ブリーランド/フラー/ダンバー/フィリップス/トーラー
 ジャーニーマンながら首脳陣の評価が高いフィリップス、予想外に好調のベテランFAトーラーが最後の2枠を確保。能力的にもベテラン・若手の世代バランス的にも文句なしの布陣。

S(4) ホール/ブルートン/イヘナチョ/ブラックモン
 ここはほとんど無風。

スペシャリスト(3) Kホプキンス/Pウェイ/LSサンドバーグ
ベルメゾンネット

プレシーズン3戦目

スキンズ 21-16 ビルズ

QBカズンズ
 1Qはコントロール悪い、ポケットワーク悪い、判断悪い、と良いところがなかったです。プレ2戦目が休養日になったため、明らかに調整不足に見えました。それでも、2Qに入ってからアジャストでき、いいパスが出るようになりました。終わってみれば、TDパス3つと素晴らしい結果ですが、相手の反則に助けられた側面も強く、個人的にはあまり良い内容だとは思いませんでした。これがレギュラーシーズンなら勝てないだろうなと。それでも、気分的にはイイ感じで開幕を迎えられることは確かなので、それは良かった。

反則多い
 オフェンスは不要な反則で自らリズムを崩す課題は相変わらず。このプレシーズン、ずっと同じことを繰り返しているんですけど。ディシプリンがイマイチな感じがしますねえ。開幕までに修正しないとダメです。ホント、これはコーチングの問題。

Cリクテンスタイガー
 ホールディング3つ。相手DLに押し込まれるし、いいところなし(いつもだけど)。ブライアン・ストーク、早くスターターになってー。

WRデショーン
 今年は最高のキャンプを送っていると言われていましたが、ウワサ通り、キレキレでした。今年はかなり期待が持てそう。

RBロバート・ケリー(ドラ外)
 コンスタントに出るランとともに素晴らしかったのがパスプロ。解説のジョー・サイズマンが何度も褒めてました。あの分厚い胸板はいかにもブリッツピックが得意そうな雰囲気が漂います。肩を負傷しているスターター、マット・ジョーンズの代わりに開幕先発もあり得るかも。

OLBプレストン・スミス
 相手を圧倒。すげえ。この調子なら2ケタサックは余裕でしょ。

DEジギー・フッド
 DL陣でベストなんてウワサが出てましたが、スターターで出場したこの試合、相当良かったです。去年、JAXをリリースされ、もう過去の人なんて思って全然期待してなかったのですが、これは当たりかも。

CBジョシュ・ノーマン
 結果的に一度もパスを通させなかったけど、相手のパスミスに助けられていたように見えました。結構狙われていたし、シャットダウンコーナーって感じじゃないなあ。気合い入りまくりのしぐさもちょっとウザイ。

CBケンダール・フラー(ドラ3)
 試合終盤、エンドゾーンでのPDが見事でした。近い将来、いいコーナーになると確信しましたね。ホント、楽しみな素材。

ロレンゾ・アレキサンダー(ビルズ)
 おお~、ビルズにいたんだ~。右サイド、アレキサンダーに何度もぶち抜かれてました。やっぱいい選手だ。連れ戻してほしかった。

トレード加入のCストークは引退を検討?

 ジョシュ・ノーマンがごちゃごちゃうるせえ。新入りなんだから控えめにしろっつーの。

 さて、昨日、トレードでNEのCブライアン・ストークを獲得しました。NEがリリースしようとしていたところにトレード話を持ち掛けたようです。

 NEで2シーズンスターターを務めたCをゲットできてラッキー!、と思ったんですが、ストーク本人は引退を考えているみたいです。チーム側は説得を試みているようですが、うまく行くでしょうか。

 脳震盪を何回もやっているほか、感情をコントロールできずにケンカしてしまうというメンタル上の問題もあるようです。う~ん、だんだん心配になってきた。

 それでも、ウチはCがオフェンス最大の弱点なので、トライしてみる価値はあると思います。OLコーチのビル・キャラハンあたりが良きメンターになることができたら、いい方向に向かう可能性があると思うのですが。

 トレードの代償は条件付き7巡。詳細は分かりませんが、おそらく開幕ロースターに残ったらNEに7巡が行く、そういう内容だと推測します。なので、最終ロースターカットまでのわずかな期間で、現役続行を説得させ、かつ能力やシステムの相性などを見極めることが求められます。

 うまく行って、安上がりな形で先発Cを確保できたら最高ですが、まあ過度な期待はせずに生ぬるく見ていこうと思います。

 追記 現役続行を決めたという情報が出ています。よしよし。
ベルメゾンネット

プレシーズン2戦目

 スキンズ戦を見る前に、レンタルしてきた映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のDVDを見たんですが、さっぱり分からなかった! 日本語字幕が出ないので、英語字幕で見るため、いつも理解度が大幅に低いんですが、それでもちょっと複雑すぎる。戦闘シーンは何をやっているのか分かるんだけど、そもそもなんでバットマンとスーパーマンは戦ってんの?、という肝心の部分を理解できぬまま2人の戦いを眺めておりました。で、あのシーンはなんだったんだの?、という疑問を解くために夜な夜なネットサーフィンしたために、プレ2戦目のレビューが遅れましたw 

スキンズ 22-18 ジェッツ

主力欠場
 QBカズンズのほか、主力8選手がごっそり欠場。プレ2戦目と3戦目はかなり本番に近いイメージで臨むのが通例なだけにかなりびっくり。怪我人を防ぐのと、控えの底上げが狙いだったようです。調整不足が心配ですが、フロントとコーチを信じるしかないですね。ただ、カズンズは少し出したほうが良かったと思うけどなあ。

QBコルト・マッコイ
 突如、先発登板となったわけですが、かなり良かったです。INTは投げ捨てるべきシーンでした。ただ、せっかくいいドライブをしていたので、投げ捨てるのを躊躇してしまった気持ちは理解できます。首脳陣にアピールする立場であればなおさら。今後の教訓にしてくれればいいです。いずれにせよ、バックアップQBは安泰。

QBネイト・サドフェルド(ドラ6)
 ランが出なかったのは気の毒だけど、はっきり言ってグダグダ。でも、最後の逆転TDドライブを決めたので、良しとしましょう。TDパスをワンハンドキャッチしたドラ外WRもすごかったけど、サドフェルドのパスも良かった。ただ、スターターのタマには全く見えない。

RBマット・ジョーンズ
 肩を負傷。一番層の薄いポジションのスターターが負傷するという最悪の展開。重症ではないらしいけど、開幕に間に合うのかな。耐久性に不安があることをいきなり露呈しちゃいました。

RBキース・マーシャル(ドラ7)
 期待している選手なんだけど、プレ初戦に続き、いいところがなかったです。コンバインで40ヤードトップを記録した韋駄天ですが、やっぱりRBって早いだけじゃダメなんですねえ。ドラ外のロバート・ケリーのほうがはるかに良く見えます。

WRラシャード・ロス
 プレシーズン野郎は今年も健在。2つ目の39ヤードTDレシーブはお見事の一言。相手CBにカバーされる中、ロングボムをジャンピングキャッチ。これで今年もロースターは決まりでしょう。

ILBマーテル・スペイト
 プレシーズンで一番株を上げているのがこの人。ウィル・コンプトンの代わりにスターターを務めましたが、地元メディアも「何年もプレーしているかのよう」と絶賛。今シーズン途中にスターターの座を奪う気がしてきました。これでサラリーの高いペリー・ライリーがカットされる可能性が高まってきましたかね。




DHCオンラインショップ

ドラ1WRドクトソンは・・・

 スキルポジションのドラ1ということで、ワタシ的に楽しみでしかたなかったWRジョシュ・ドクトソンですが、アキレス腱の故障でいまだにPUPから出てきません。

 ルーキーキャンプだったかミニキャンプだったか、いずれにせよ春の練習でアキレス腱を痛めました。その時は、夏のトレーニングキャンプには余裕で間に合うと言われていたのに、結局PUPスタート。1~2週間で練習を再開できるといわれていたのに、いまだに復帰できず。最近の情報ではもう1~2週間かかるんだとか。ズルズルと遅れていくのは、ホントやな感じ。実は重症なんじゃね、なんて思えてきます。

 WR陣はガーソン、デショーン、クラウダーと充実しているので、今年は慣らしで、ブレークアウトシーズンは来年、とは考えていましたが、最低でも3~4番手で確実に働いてくれるものと完全に信じ切っていました。ガーソンとデショーンが来年FAになるので、ドクトソンがどこまでやれるか見極めることは重要な要素であるだけに、来年の編成の観点からも出遅れは痛いです。

 キャンプ開始当初、ドクトソン3カ月離脱、という情報が流れ、これを聞いたGMマクルーエンが壁をパンチして手を負傷した、なんてこともありました。マクルーエンにとってドクトソンの位置付けがいかに重要かを物語る出来事ですね。

 クリス・クーリーが「ドクトソンについてはいい話を全く聞かない。そもそもフットボール愛があるのか疑問」なんて辛口コメントをしてました。密集地でボールをひたすらもぎ取るドクトソンのハイライト映像を見る限り、フットボール愛がないようには全く見えないですけどねー。後輩ルーキーにそこまで辛辣なことを言わなくてもいいと思うけど。

 ただ、線が細い印象は受けますね。顔もフットボール選手とは思えないほどの草食系。とにかく、マルコム・ケリーの二の舞だけは勘弁!

 おまけ 今年はドラ1にケガがやたら多いです。
doctson.jpg
マカフィー・ストア

プレシーズン初戦

スキンズ 17-23 ファルコンズ

 娘の用事があって、試合を見始めたのは、前半残り3分台からでした。なので、ファーストチームは完全に見逃し、セカンドチームもちょろっと見た、そんな感じ。それでレビューをするのはおこがましいのですが、ハイライト映像やスタッツなどから感想をば。

ランが出ない
 前半はランが12ヤードだったとか。ロスヤードも多かったみたいで、これではオフェンスは進みませんわな。去年から不思議なんだけど、OLは悪くないのに、ランが出ない。なぜだろう。今年もランが糞詰まりだと先が思いやられる。。。

カズンズは順調
 1ドライブだけ登場して5/5、39ヤード。短いパスがほとんどだったけど、まあ順調のようです。見てないけど。

良かった選手
 LBスア・クレイブンズ(ドラ2) 鋭い出足でロスタックルが2つくらいありましたね。ラロン・ランドリーを思い出しましたなあ。

 RBロバート・ケリー サードチームなので何とも言えないけど、いい走りっぷりで、ランスキームと合っている印象を受けました。ドラ外選手ですが、開幕ロースターに滑り込めるか。

 QBネイト・サドフェルド(ドラ6) 決してものすごく良かったわけじゃないけど、練習ではいい噂を全く聞かなかったので、どんだけひどいのかと期待値を低くして見た分、意外にまともに見えました。とりあえず、落ち着いていたのが良かったですな。TDパスも決めて自信にもなったでしょう。雰囲気はニック・フォールズにそっくりだけど、肩は弱そう。

悪かった選手
 CBクイントン・ダンバー 元スキンズのWRアルドリック・ロビンソンに、47ヤードと68ヤードのロングボムを2本も決められる無様っぷり。おいおい大丈夫か。それにしても、ATLにはカイル・シャナハンが連れてきた元スキンズが一体何人いるんだ。

 あとは、キックオフリターンTDを許したスペシャルチームと反則の多さは要改善でしょう。
DHCオンラインショップ

デプスチャート

 ほぼ1カ月ぶりの更新です。先月下旬からスキンズ情報をろくにチェックできないくらい忙しくて、気付いたらいつの間にかにキャンプが始まっていました。波に乗り遅れてしまうとブログ更新も億劫になっちゃいますね。

 キャンプ直前だったですかね、OLBジュニア・ガレットが再びアキレス腱断裂したそうで。かなり痛いですね。でもまあ去年もいなかったので、元々いなかったと受け止めることにしましょう。スキンズでのキャリアは終わりでしょうか。

 さて、非公式のデプスチャートが発表されています。興味深い内容がチラホラ。

offense.jpg
 オフェンスの注目ポイントはインサイドラインマン。競争が熾烈なLGは3年目スペンサー・ロングがファーストチーム。ケガから復帰明けのショーン・ロヴァオはセカンドチーム。春の練習ではファーストチームに起用されいた去年のドラ4アリー・クアンジョーはサードチームに沈んでいます。

 Cのファーストチーム相変わらずコーリー・リクテンスタイガー。これはしゃあないと思う一方、セカンドにはロングが入っているのが朗報。ロングがCの控えもできることはデプス的に心強いです。控えTのTy Nsekheが好調というウワサだし、OL陣はスターターも控えも充実してきたなあ。

defense2.jpg
 ガレット離脱でペラペラになったOLBはどうすんだ、トレント・マーフィーをDLにコンバートしなきゃよかったじゃん、などと思っていたら、マーフィーはOLBのセカンドチームに。グルーデンがマーフィーをOLBに戻したことを認めました。DLになるために25ポンド増やして285ポンドにしたのに、また275ポンドまで減らしたそうです。OLBとしてはまだちょっとオーバーな感じだけど、これから絞っていけばちょうどいいかも。それにしても、ポジションチェンジで振り回されてちょっと気の毒。

 NTは大ベテランのケドリック・ゴルストンがファーストチーム。ゴルストンよりナイトンをキープしておけば良かったじゃんって思いますけどねー。

 ドラ2クレイブンズはとりあえずILBのサードチーム。この選手、ホントどうやって使うつもりなんでしょうねー。ILBではセカンドチームに入っている去年のドラ5マーテル・スペイトの調子がいいらしい。スターターの座を奪っちゃってください。

 CBはドラ3フラーがセカンドチームに入っています。去年のカイション・ジャレットのようにニッケルCBとして1年目からバリバリ使われそう。ジャレットは結局、負傷した神経が治らず、リリースされちゃいました。去年頑張ってくれたご褒美に今年はIRに入れてあげたらいいと思ったけど、回復の見込みがないということでしょうか。くっそー、マクファッデン。

 FA加入したベテランCBグレッグ・トーラーが絶好調らしいです。開幕ロースターは厳しいと思っていたけど、セカンドチームに入っているし、滑り込むかも。
マカフィー・ストア