So-net無料ブログ作成

ドラフト後のロースター・ディフェンス

 続いてディフェンス編。赤字がFA加入、青字がドラフティー。

DL
C・ベイカー/RJF/S・パエア/K・ゴルストン/T・マーフィー/K・レイエスZ・フッドMatt Ioannidis(ドラ5)

 J・ハッチャーとT・ナイトンが抜ける一方、FAでレイエスとフッド、ドラフトでIoannidisが加入、そしてOLBマーフィーがDEにコンバート。頭数は揃ったけど、去年と比べ、ネットでプラスなのか、マイナスなのか、ワタシにはよく分かりませんw DLは最重要補強ポイントの一つだったはずですが、何とも微妙な感じのままいきそうです。ただ、ドラ5IoannidisはDLが大豊作の今年でなければ、もっと早く指名されていたと言われており、ちょっと期待してます。

OLB
R・ケリガン/J・ガレット/P・スミス/H・ベイツ/W・ジェファーソン

 守備陣で数少ないストロングポイント。ケリガン、ガレット、スミスのトリオはリーグ全体でもハイレベルだと思います。

ILB
W・コンプトン/P・ライリー/M・フォスター/A・ヘイワード/M・スペイト/T・ガービンS・ダニエルズ(ドラ7)

 何とも微妙なユニット。去年のドラ5スペイトと今年のドラ7ダニエルズの台頭に期待ですかね。

CB
J・ノーマン/B・ブリーランド/W・ブラックモン/Q・ダンバー/G・トーラーK・フラー(ドラ3)

 ノーマンとドラ3フラーの加入で、見違えるように良くなりました。お荷物になっていたC・カリバーも処分しちゃったし。CB陣が強力というのは本当に心強い。


D・ホール/D・ブルートン/D・イヘナチョ/K・ジャレット/S・クレイブンズ(ドラ2)

 去年は間違いなくリーグ最弱ユニットでしたが、DホールがSに完全にコンバートし、FAでDENからブルートンが加入。だいぶまともな顔触れになりました。クレイブンズは一応S登録ですが、LBって感じがしますけどねー。昨年のレギュラーシーズン最終戦で、マクファッデンの危険すぎるランで神経をやられたジャレットは、今年復帰できるかどうか分からないみたい。Sだけでなく、ニッケルCB、STでいぶし銀の活躍をしていただけに痛いです。くっそ~、マクファッデン。

総評 
 ノーマン加入とドラフティーで去年に比べてネットでは間違いなくプラスでしょう。ただ、ザル状態だったランディフェンスが本当に改善されるのか、大いに不安。DLとILBに十分な投資をしませんでしたからねえ。ドラ7ダニエルズはランディフェンスが強力(PFF評価で今ドラフトトップ)と言われているけど、ドラ7ルーキーに過度な期待は禁物。DB陣のグレードアップによるパスディフェンス改善効果がランディフェンスに波及するのを期待する、そんな感じですかねー。コーチ陣はクレイブンスをダイムラインバッカーとして使うと言っているけど、ILBのスターターにはなれないですかね?