So-net無料ブログ作成
検索選択

静かなるFA初日

 GMマクルーエンがFAに慎重であり、キャップもきついので、初日から派手に動くことはないと思ってましたが、案の定、静かな一日でした。結局、午後4時の解禁前にウチのFA選手を数人引き留めただけでで初日終了。

QBコルト・マッコイ
 これはウレシイ。DALが関心を持っていると言われ、あきらめていただけになおさら。ダラスがどこまでアプローチしていたのか分かりませんが、グルーデンオフェンスとの相性の良さを優先したんじゃないですかね。3年契約なので、これでしばらく控えQBの心配がなくなりました。今年はドラフトでQBを指名する必要性は低下し、ドラフト外で拾えば十分でしょう。

ILBメイソン・フォスター
 無事に再契約。金額は不明ですが、スターター級のサラリーではないと思われます。決してタレントではないけど、スターターでも控えでもSTでも任せられる、とっても使い勝手のいい選手。生え抜きスターターが育つまでのつなぎとして、2年契約という年数も絶妙。

DLケドリック・ゴルストン
 1年契約。いい加減再契約はないだろうと思ってましたが、まさかまさかのスキンズ一筋11年目に突入。ワタシは正直、戦力になってない選手だと思っていたのですが。。。

Sデューク・イヘナチョ(RFA)
 ローテンダーをオファーして、そのままサイン。ローテンダーをオファーしなくても再契約できたと思うけど、一応スターター候補なので、確実に行きましたね。いい加減、すぐにケガするのはやめて。


 この他のウチのFA選手では、CBウィル・ブラックモンと再契約の交渉を進めているそうです。OLBガレットとの再契約は難航しそうだなあ。クリス・ロングがウチを訪問したみたいだけど、ガレットと物別れになった時のための保険ですかね。

 例年のことですが、FA解禁日はやっぱり派手ですねえ。サラリーの相場が急上昇しているせいかもしれませんが、このクラスの選手にこんなバカ高いサラリー払うの?ってゆう契約が多かった気がしました。地区内ではNYGとPHIが激しく動いてますねえ。ウチはマクルーエンを信じて、バリューな選手をバリューな価格でゲットしましょう。

 あと、オズウィラーに年18ミリオンってやめてほしい。。。これでカズンズが18ミリオン以下でサインする可能性は消滅したといっていいでしょう(涙)。