So-net無料ブログ作成

1巡21位でNTジャラン・リードはない?

 いろいろなモックドラフトを見ると、1巡21位はバマのNTジャラン・リードを予想する見方が多いです。FAのNTテランス・ナイトンとの再契約を見送ったから、ドラフト上位でその穴を埋めるだろう、というわけです。ただ、ナイトンの代わりに同じ置き石型のリードを入れるという見方があまりにシンプルすぎて気持ち悪いというか、直観的にずっとしっくりきませんでした。

 そんな中、ワシントン・ポストに、チームはNTは別にいなくてもいい、という方向に進んでいるという記事が出ていました。一応、表向きは3-4体形なんですが、昨シーズン、ベースパッケージを用いたのは全スナップの3分の1以下で、今年はこれをさらに減らし、4メンフロントのニッケルパッケージを増やす計画なんだそうです。ベースパッケージが全スナップの2割程度なら、DEクリス・ベイカー、ケドリック・ゴルストンあたりをNTに回せば十分だと、グルーデンは見ているようです。

“The amount of times that you’re in base defense now with all the three-receiver sets and everyone throwing the ball, if you look at the numbers, it’s not that often,” Gruden said. “But you still need to have a big nose guard in there that can stop the run, and [Golston] can do that. He’s proven to do that. He’s a 12- to 15-play-a-game kind of guy. And when you’re in base defense, really you’re looking at about 20 percent of the time nowadays is all you are. So Kedric can do that. I think Chris Baker can play nose. He’s proven he can do that. I think Ricky [Jean Francois] can pop down in there and do some nose guard. We don’t really have a true two-gap nose guard like back in the old 3-4 systems. Kedric is the closest thing to it. And he can do it, but I think those other guys can fill in there and play and shoot a gap and play it effectively.”

Gruden later added, “We are kind of moving away from that, but there are times in the game where you do need to have a stout big fella, especially in short yardage, teams are running the ball [to] save the game and four-minute drill and all that stuff. But I think Kedric right now is a good answer and those other guys filling in will be fine.”

 このグルーデンの発言を読む限り、1巡21位でNT指名はちょっと考えられないです。GMマクルーエンがどう考えているかは定かじゃないけど、現場の意向に配慮する人なので、全体の2割しか出番がない選手に虎の子の1巡を注ぎ込むというのは想像できないですね。本当にNTが必要ならナイトンと再契約すれば済む話だし。

 もともとツーダウンプレーヤーに1巡を使うこと自体気にくわなかったので、ワタシのドラフト妄想的にはウエルカムな流れです。

RG3がCLEに移籍

 再就職先が決まって良かった、良かった。積極的に獲りに行くチームがなかったので、移籍先が見つからないんじゃないかとちょっと心配になっていました。

 セレブ感漂うRG3としてはC国は一番意外感のある移籍先じゃないですかね。日本のNFLファン的にはネタ的に一番面白い移籍先でありますがw とりあえず、mentaiさんの感想を楽しみに待ちましょう。

 2年15ミリオン、6.75ミリオンの保証。個人的には思ったより高く売れたなという印象。ワタシは年4~5ミリオンくらいを予想していたので。

 この契約は「バックアップ以上、スターター確定未満」という感じでしょうか。全体2位でQBを指名する可能性は依然高いでしょう。ただ、全体2位でQBを指名するなら、雑音の多いRG3と競争させるのはどうなんだろう、って思っちゃいますが。

 今回の移籍情報を詳しくフォローしていないのですが、ヒュー・ジャクソンがRG3を気に入った雰囲気ですね。HCからウエルカムされることは大切なことだし、親分肌のHCなのでやりやすいんじゃないかと推測。グルーデンもCLEはいい移籍先だと言っているし、ぜひとももう一花咲かせてもらいたいです。

 今さら言ってもしょうがないんですが、RG3移籍に伴う補償ピックはナシ。5年目オプションを行使しながら契約を解除してしまったためです。う~ん、残念。やっぱりあのオプション行使は失敗でした。GMマクルーエンが犯した唯一の失策ですね。

 久しぶりに補償ピック欲しいなあ。今年もウチのFA選手は移籍先が見つかっても激安サラリーばかりなので、来年も補償ピックはなさそう。

さらばアルフレッド!

 とうとうこの日が来てしまいました。2012年にドラフト6巡で加入し、4シーズン、馬車馬のように働いてくれたRBアルフレッド・モリスがDALに移籍しました。

 フィールドでのプレーはもちろんのこと、フィールド外でも誰もが尊敬する人格者でした。1991年製のマツダのオンボロ車を「ベントレー」と名付け、愛用し続けていたことは有名な話ですね。その後、自転車通勤に変え、ハングリー精神にさらに磨きがかかったようです。また、試合前、スタジアムの雑用スタッフたちと会話をすることを習慣する心優しき男でした。まだまだファン歴の短いワタシですが、こんなに愛すべきキャラの選手は他にいない気がします。

 ただ、今回の移籍で不満なのが2点。一つはサラリーが恐ろしく安いこと。2年3.5ミリオン、インセンティブを入れて最大5.5ミリオンて。。。去年3rdダウンバックのロイ・ヘルーが2年4ミリオンで移籍した記憶があるのですが、それより安いなんて。去年のパフォーマンスを思うと、簡単には移籍先は見つからないだろうとは思ってましたが、こんなに低評価だったというのはショックです。

 もう一つは、ダラスのランスキームがモリスに合うのかどうか。やっぱり、モリスの持ち味を一番発揮できるゾーンブロッキングのチーム、できればDENに移籍してほしかったなあ。

 宿敵ダラスというのもなんですが、それでも一番スポットライトが当たるチームなので、そこでもう一度輝かしいキャリアを取り戻してほしいと願ってやみません。ただし、活躍するのはスキンズ戦以外でお願いしますw

 4シーズン、本当にありがとう!

19.jpg
去年のトレーニングキャンプでモリスにもらったサイン。その時、モリスとの交わしたワタシの恥ずかしいやり取りはこちら

2017年を考える

 気が早いのですが、2017年オフのことを少し考えてみたいと思います。

 今年のウチのFA選手は数だけはやたら多かったのですが、主力はごくわずかでした。主力と呼べるFA選手はQBカズンズとRBモリス、あと無理矢理挙げればOLBガレットくらい。なので、カズンズをタグで引き留めちゃいば、今オフの動きはシンプルと言っていいです。主力はほとんど抜けないのだから、FAでは派手に動かず、ドラフトに集中、そんな感じです。

 ところが、来オフは看板選手がゴロゴロFAになります。主なメンツを挙げると。。。

QBカーク・カズンズ
WRピエール・ガーソン
WRデショーン・ジャクソン
TEジョーダン・リード
DEクリス・ベイカー
OLBジュニア・ガレット

 WRのスターター2枚がFAというのがものすごく気になる。GMマクルーエンは30代のFAには大金をつぎ込まないことを考えると、2人ともサヨナラ、という展開もあり得ます。今年のドラフトでWRはニーズではないと思ってたけど、来年以降のことを考えると、ガーソン、デショーンの後継候補を今年指名しておく必要があるかも。1巡はディフェンスに使いたいから、指名するとしても2日目以降でしょうが。

 レシーバー陣からTEリードまでいなくなる事態を回避するため、リードは今年中に延長しちゃいたいですねえ。

 何気に気になるのはDEベイカー。今やDL陣の中心なんで。ブレークした昨シーズン並みの活躍なら、来オフ間違いなく引き留め必須でしょう。でも、サラリーは高騰するだろうから、引き留めは簡単じゃないです。

 とまあ、来オフの対応の難しさは今オフの比じゃないです。しかも、来年、ルーキー契約最終年となるRTモーゼス、CBブリーランドと契約延長しておく必要が出るかもしれないし。今年はまだキャップに15ミリオンくらい余裕があるそうですが、来オフのことを考えると、あまり無駄遣いしないほうがいいです。

 やっぱり、今年中にカズンズとリードの契約延長を済ませちゃうのが得策でしょうねえ。もう1年タグでカズンズの能力を見極めるべきかどうかという議論があるけど、サラリーが2割増しになる2年連続のタグだけは避けるべきで、長期契約を結んでしまうのが安全だとワタシは思います。サム、オズウィラーごときに年18ミリオンの時代なので、誰がQBでも金がかかると腹をくくるしかないです。

 あと、数日前の情報ですが、PITからFAになっていたILBテレンス・ガーヴィンという選手を獲得しました。PITでは主にスペシャルチーマーだったようです。




OLBガレットと再契約

 2人の選手と再契約。

OLBジュニア・ガレット
 1年4.1ミリオン。アキレス腱断裂明けなので、まあ妥当な金額でしょう。再契約交渉は難航しているといわれていたけど、無難なところで収まりました。良かった、良かった。

 これでOLBはガレットの他、「エース」ケリガン、「ライジングスター」プレストン・スミス、「ブルーワーカー」マーフィーがおり、リーグ全体で見てもかなりいい感じの布陣。パスラッシャーに対するGMマクルーエンのこだわりを感じますね。

G/Cジョシュ・レリベウス
 う~む。まさかまさかの再契約。契約の詳細は出てないのですが、ロースター確定ではないでしょう。ルーキー時代から使えない奴、というイメージしかなく、生え抜き選手の再契約が嬉しくないなんてホント珍しい。。。本当はオフェンスのガンであるCを総入れ替えしてほしいんだけど、レリベウス再契約でFAで補強に動く可能性はほぼなくなりましたね。あとはドラフトで指名するかどうか。リクテンスタイガーとレリベウスのコンビでシーズンを迎えるのだけは正直勘弁。


 あと、RFAでオファーされず、UFAになっていたTトム・コンプトンがカイルのいるATLと契約。ウチからATLに移った選手はこれで何人目だろ。再雇用ありがとうございます。

Sデービッド・ブルートンを獲得

 昨日のエントリで、FAでスターターSを獲らなくていいのか、と書いた途端、飛び込んできたのがこのニュース。DENのSデービッド・ブルートンを3年契約で獲得しました。これはウレシイ。

 スタッツを見ると一目瞭然ですが、DENでの7年のキャリアはひたすらバックアップ兼スペシャルチーマー。ですが、PFFは、S部門のFAランキングでブルートンを8位に入れ、こう評しています。

What team is finally going to give Bruton a shot to start in the NFL? In a rotational role over the course of his career, he has put up a +9.1 coverage grade in 1,474 snaps over seven seasons. In the NFL, if you’re not a high draft pick and you’re not starting by the end of your rookie contract, usually it is impossible for you to shake the “backup” label. Bruton should certainly be given a chance to, though, next season.

 「ブルートンにスターターのチャンスを与えるのはどのチームか」と、スターターの実力は十分あると評価しています。これは頼もしい。

 契約は3年9ミリオン、プラス1.5ミリオンのインセンティブ。準スターター級の金額ですね。DENはウチのオファーとマッチしてでも引き留めたかったそうですが、スターターのチャンスが大きいウチを選んだということでしょう。

 8年目の選手ですが、まだ28歳。3年はバリバリやってくれるでしょう。6-2というサイズも素晴らしい。こんないいがたいのSは久しぶり。昨シーズンIR入りしましたが、IR入りしていなければスーパーボウルにも出られたらしく、オフシーズンの練習参加は問題なさそう。

 これでSのメンツは、ブルートン、Dホール、イヘナチョ、ジャレットとなり、ドラフトでSに上位指名権を使う必要性は大きく薄れました。FSタイプの選手がいないのが少し気がかりではありますが。

 それにしても、GMマクルーエン、ひたすらバリューな選手を狙っていきますねー。高額FAには見向きもせず、実力より過小評価されている選手を安く拾っていく方針に徹底しています。しかも、ターゲットは30歳以下ばかり。ワタシはNFLでマネーボールが通用するとはまったく信じておらず、投資すべきところには投資すべきだと考えてますが、それでも外部FAより生え抜きへの投資を優先する現在の方針は正しいと思います。今まで外部FAにじゃぶじゃぶ無駄な金を使いまくってきたんで、なおさら。言うまでもなく、「ハ」がその代表例。

CBブラックモンと再契約

 わざわざ見出しを立てて取り上げるほどの選手ではないのですが、CBウィル・ブラックモンが2年契約で残留が決まりました。昨シーズン途中に加入し、ケガしたスターターの代役としていぶし銀の活躍。他チームがブラックモン獲得に関心を持っているというウワサがあったのでちょっと心配しましたが、無事再契約してくれました。

 エリートレシーバー相手には歯が立たないけど、4~5番手CBとしてデプスを厚くするには非常に便利な選手。「(ジャーニーマンとして)毎年ベテランミニマムの1年契約は疲れた」と言っていたらしいので、2年契約良かったね。

 これでCB陣の主な顔触れは、ブリーランド、カリバー、ダンバー、ブラックモンとなりますが、カリバーがACL・MCL断裂明けなので、このままではかなりやばいです。頭数だけなら、SにコンバートしたDホールと去年スロットCBで活躍したジャレットがいるので、なんとかなりそうですが。FA市場では有力CBはほとんど売れちゃったので、ドラフト1巡か2巡を使って即戦力を獲りにいかないとどうしようもないと思います。

 1巡21位でCBに行くなら、マッケンジー・アレキサンダー(クリムゾン)かイーライ・アップル(オハイオステート)の名前が挙がってますね。ハイライトを観ましたが、素人のワタシにははっきり言ってよく分かりませんw 2人ともフィジカルな選手であることは分かるけど、肝心のカバリングはハイライトでは評価しようがないです。

 あと、Sはどうすんですかねー。ゴールドソンとジェロン・ジョンソンを放出したのはいいとしても、今のところFAで穴を埋める気配がないのはちょっと気がかり。CINのレジー・ネルソンに関心を持っているというウワサがありますが、どうしても獲りたいという雰囲気は伝わってこないですね。ドラフトで誰か指名するとしても、FAでスタータークラスを押さえておいたほうがいいと思うけどなー。

Pトレス・ウェイと5年契約延長

 おお、そう来ましたか。今年はERFAなので、さっくり1年契約延長し、長期契約を結ぶなら来オフ、そう見ていました。なのでちょっとびっくり。過去2年間のパフォーマンスを評価し、早めに延長しちゃおう、そういうことでしょう。パンターは最も波が少ないポジションなので、見極めやすいですからね。

 去年のシーズン開幕前にLTトレント、OLBケリガンと契約延長したように、チームのコアとなる選手はFAになる前に延長しちゃう、これがGMマクルーエンのポリシーに見えます。ウェイもコアの選手と判断されたんでしょう。

 となると、次の契約延長のターゲットはTEリードでしょうか。ぜひとも開幕までにまとめちゃってください。

やっと1人目が出たFA3日目

 FA市場解禁3日目にしてやっと他チームのFA選手を獲得しました。といってもワタシは名前すら聞いたことがなかった選手。地味な動きは相変わらずです。

DEケンダール・レイエス(前SD)
 サイズは6-4、300ポンド。3-4DEとしての補強ですね。2012年に2巡全体49位で指名され、最初の2シーズンで10.5サックを上げますが、ここ2年間は計3サックとイマイチだったようで、再契約を見送られたようです。それでも過去4シーズン全試合出場した耐久性は素晴らしく、ローテーション要員としては十分でしょう。1年2.5ミリオン、インセンティブで最大3.35ミリオンと、いい買い物じゃないですかね。

 これでDLの主力はベイカー、RJF、パエア、ゴルストン、レイエスと5人になり、とりあえず頭数は揃ってきました。インパクトプレーヤーが不在なので、やっぱりドラフト上位でDLをゲットしたいところ。NTナイトンが抜けたことを考えると、1巡21位はバマのジャラン・リードが合理的な選択肢でしょうか。でも、ツーダウンプレーヤーを1巡で取るのは好きくない。同じバマのDLでもエイション・ロビンソンのほうがよく見えるし。

 あと今日は、ウチのFA選手と1人再契約しました。

TEローガン・ポールセン
 FBヤングと再契約を見送ったことで、ブロッキングTEの確保が絶対に必要だと思っていて、ポールセンとの再契約が手っ取り早いとは感じていました。なので、イイと思います。


 チームメイトのILBウィル・コンプトンからこんな声も。こういうハングリーな選手をキープすることは重要です。

 ただ、ポールセンを含め、TE4人中3人がIR明け。コンディションに不安が残りますね。そう考えると、TEバーノン・デービス獲得の線はまだ残っているかな?

 あと、ウチからFAになっていたDLフランク・カースがNEに移籍。さすがパッツ、いいところを見てるなー。




何もないFA2日目

 初日はウチのFA選手との再契約がありましたが、2日目は本当に何もなし! 一応、TEバーノン・デービス(DEN)、DEアンドレ・ブランチ(JAX)がウチを訪問するという情報だけは出ています。デービスが加入してくれたらウレシイですねえ。出身地のチームでキャリアを終えるってのはいいんじゃないでしょうか。

 よそのチームが激しく動いているのを横目で見ているだけですが、不思議と焦ったり、嫉妬したりする思いはほとんどないです。去年のFA戦線でマクルーエンが厳選して連れてきた選手たちのパフォーマンスがイマイチだったのを見て、FA懐疑論者になりつつあります。。。こんな指摘もありますし。


 ただ、唯一羨ましいと思ったのは、LBトレバサンを4年28ミリオンで獲得したCHI。これはバリューじゃないですかね~。ワタシは5年40ミリオンは超えると予想してましたんで。このくらいの金額ならウチもオファーしてほしかったけど、フォックスつながりを持つCHIにはどっちみち太刀打ちできなかったでしょうね。

 あと、RFAのCJアンダーソンにMIAが4年18ミリオンのオファーですか。DENがマッチするかどうか知らんけど、これもバリューじゃないですかね~。ウチも参戦してほしかった。ああゆう下半身が安定したRBはワタシの好みです。それにしても、DENはなぜローテンダーをオファーしたのだろう。マッチしても結局高くつくだけなのに。不思議だ。

 それと、ウチのLBキーナン・ロビンソンがNYGと1年契約。なんかフィットしそうな感じがするなあ~。

静かなるFA初日

 GMマクルーエンがFAに慎重であり、キャップもきついので、初日から派手に動くことはないと思ってましたが、案の定、静かな一日でした。結局、午後4時の解禁前にウチのFA選手を数人引き留めただけでで初日終了。

QBコルト・マッコイ
 これはウレシイ。DALが関心を持っていると言われ、あきらめていただけになおさら。ダラスがどこまでアプローチしていたのか分かりませんが、グルーデンオフェンスとの相性の良さを優先したんじゃないですかね。3年契約なので、これでしばらく控えQBの心配がなくなりました。今年はドラフトでQBを指名する必要性は低下し、ドラフト外で拾えば十分でしょう。

ILBメイソン・フォスター
 無事に再契約。金額は不明ですが、スターター級のサラリーではないと思われます。決してタレントではないけど、スターターでも控えでもSTでも任せられる、とっても使い勝手のいい選手。生え抜きスターターが育つまでのつなぎとして、2年契約という年数も絶妙。

DLケドリック・ゴルストン
 1年契約。いい加減再契約はないだろうと思ってましたが、まさかまさかのスキンズ一筋11年目に突入。ワタシは正直、戦力になってない選手だと思っていたのですが。。。

Sデューク・イヘナチョ(RFA)
 ローテンダーをオファーして、そのままサイン。ローテンダーをオファーしなくても再契約できたと思うけど、一応スターター候補なので、確実に行きましたね。いい加減、すぐにケガするのはやめて。


 この他のウチのFA選手では、CBウィル・ブラックモンと再契約の交渉を進めているそうです。OLBガレットとの再契約は難航しそうだなあ。クリス・ロングがウチを訪問したみたいだけど、ガレットと物別れになった時のための保険ですかね。

 例年のことですが、FA解禁日はやっぱり派手ですねえ。サラリーの相場が急上昇しているせいかもしれませんが、このクラスの選手にこんなバカ高いサラリー払うの?ってゆう契約が多かった気がしました。地区内ではNYGとPHIが激しく動いてますねえ。ウチはマクルーエンを信じて、バリューな選手をバリューな価格でゲットしましょう。

 あと、オズウィラーに年18ミリオンってやめてほしい。。。これでカズンズが18ミリオン以下でサインする可能性は消滅したといっていいでしょう(涙)。




FA市場解禁を前に

 FA市場解禁を前にチームの補強ポイントなどをざっとおさらいしておきます。

QB
 カズンズの最低1年の残留が確定し、次の課題はバックアップの確保。コルト再契約がベストチョイスですが、ダラスが関心持っているというウワサも。どうせバックアップなら地元テキサスを選ぶでしょうね。LAのニック・フォールズのトレード候補に挙がってますが、控えの獲得にドラフトピックを差し出す余裕はないし、サラリーも高いので手を出さないでしょう。それ以外でグルーデン好みのポケットパサーでは、マット・ムーアあたりですかねえ。

RB
 ラマ―・ミラーが欲しいです。でも、高そう。ローテンダーをオファーされたCJアンダーソンも狙い目だけど、DENはマッチしてくるだろうから、アンダーソン一本の交渉は避けたほうがいいかも。2年目マット・ジョーンズをスターターにするとしても、FAでベテランを連れてきたいです。

WR
 ガーソン、デショーンキープならFA市場で動く必要はないでしょう。放出が確定的なロバーツの代わりは、即戦力よりも素材系の若手がいいと思います。

TE
 リード、ポール、キャリアーの3人は確定で、4人目を獲りに行くかどうか。いずれにせよ優先順位は低いです。

OL
 Cを何とかしてほしいですねえ。マック、Wisniewskiあたりが目玉だけど、FA市場でCのスターターを獲りに行くとはちょっと思えない。グルーデンはリクテンスタイガーでもいいと思っているみたいだし。

DL
 ハッチャーがリリース、ナイトン、ゴルストン、カースがFA。ドラフトでDLが大豊作とはいえ、4人も抜けるので、FAで動かざるを得ないでしょう。

OLB
 とりあえずガレットとの再契約が優先。ガレットは長期契約を望んでいるみたいだけど、プレストン・スミスがいるのでチームは単年契約でいきたいところでしょう。この溝が埋まるのかどうか。

ILB
 メイソン・フォスターと再契約の方向ですが、スターターの長期的アンサーではないです。DENのトレバサンがベストでしょうが、高すぎて無理。チームの大黒柱となる選手が欲しいですが、どうしたらいいですかねえ。

CB
 去年、クリス・カリバーにそれなりの投資をしたので、今年狙うとすれば中堅クラスかなあ。本当はカリバーを放出して、ショーン・スミスあたりを獲りに行きたいところですが。


 ゴールドソンとジョンソンをカットし、デプスがペラペラ状態。おそらくFAでスタータークラスを狙いにいくと思います。ワタシの予想はCLEのギプソン。サーモンドも魅力的だけど、ケガが多そうだなあ。

さらばRG3

 新年度が始まるのを前に、RG3を含め4選手をリリース、UFAの2選手に再契約しないと通告しました。

RG3(キャップセーブ16.1ミリオン)
 この日が来ることは、去年の開幕前から分かっていたことなので、特に感傷的になるとか一切ございません。どうぞ次のチームでぜひとももう一度輝かしいキャリアを取り戻してください。大本営に今も残る特設ページ「RG3 ZONE」で、キレキレだったルーキーシーズンのハイライト映像はこちら

It was a blessing guys. After 4 years, my days as a part of this team have come to an end. I just want to take the time to say thank you #SkinsNation. Thank you for welcoming my family with open arms in 2012. You guys made it truly an honor to play for you and I couldn't imagine starting my career anywhere else. Thank you to Dan Snyder, Bruce Allen, all the Skins coaches, training staff, equipment managers and everyone in the organization for giving me an opportunity to play this beautiful game at the highest level here in Washington. A special thanks to front desk extraordinaire B.J. Blanchard, who always has a smile on her face and is the plug for chocolate chips cookies. Thank you to my teammates for all the memories & relationships over the past 4 years. You guys have helped thru all the ups and downs over the years and have become a part of my family for life. I wish you all the best and you always have a brother to lean on. Thank You. Thank You. Thank You. Although my time here is over, I'm excited about what the future brings!!! I look forward to finding the team where God has me to be and growing with that team on the way to World Championships. God Bless #ThankYou

Robert Griffin IIIさん(@rgiii)が投稿した写真 -




Sデイション・ゴールドソン(キャップセーブ8ミリオン)
 ペイカットで残留を予想していましたが、一気に切っちゃいましたか。ディフェンスキャプテンとしてリーダーシップ面では貴重な存在でしたが、プレー面ではPFF評価がS最下位と厳しいものがありました。代役はどうしますかね。浮いた8ミリオンのスペースで大物FAに投資するか、ドラフト上位でいくか。

DLジェイソン・ハッチャー(キャップセーブ4.2ミリオン)
 引退を検討していたけど現役続行に傾いていると言われていましたが、結局、カットしました。個人的にはデッドの大きさからもう一年アリと思ってましたが、年齢的な衰えが出てきた選手に8.7ミリオンのキャップヒットはさすがに大きすぎました。そもそも加入当時32歳だったハッチャーに4年28ミリオンなんて契約をしちゃだめでしょうよ。GMマクルーエンだったらそんな契約は絶対に結ばなかったと思います。今年のドラフトはDLが大豊作らしいので、DL2枚獲りで一気に若返りを進めることを希望。

Sジェロン・ジョンソン(キャップセーブ1.1ミリオン)
 昨年FAで2年契約を結びましたが、あえなくカット。

FBダレル・ヤング(UFA)
 ランでリードブロッカーをほとんど使わないグルーデンオフェンスでは居場所がなくなっており、サヨナラの可能性はあるだろうなとは思っていました。それでも3rd&1では貴重な存在だったし、スペシャルチームの主力だったので、再契約を予想していました。ドラフト外でLBとして入団し、FBに転向してロースターの座をつかんだ苦労人。人格的にも本当に素晴らしい選手でした。

NTテランス・ナイトン(UFA)
 期待以上の活躍ではなかったけど、DLの貴重な置き石として再契約するだろうと思っていましたが、1年でお別れ。代役はどうするつもりですかね。3-4NTって意外と見つけるの難しい気がするんですけど。ドラフトで探しますかね。ただ、1巡でツーダウンプレーヤーの指名は反対。


 残留の可能性が低いRBアルフレッド・モリスがファンにメッセージを書いています。この4年間、安いサラリーで馬車馬のように働いてくれたモリスには本当に感謝の気持ちしかありません。個人的にはDENに移籍し、ゾーンブロッキングでもう一花咲かせてほしいです。それにしても、RG3とモリスがいなくなると、一時代が終わる、そんな気分になりますねえ。


ドラフト候補インタビューリスト

 ウチがコンバインなどでインタビューしたことが判明しているドラフト候補生は現時点で以下の通りです。

Mackensie Alexander, CB, Clemson
Juston Burris, CB, NC State
Connor Cook, QB, Michigan State
Ken Crawley, CB, Colorado
Josh Ferguson, RB, Illinois
Darion Griswold, TE, Arkansas State
Christian Hackenberg, QB, Penn State
Cardale Jones, QB, Ohio State
Keith Lumpkin, OT, Rutgers
Robert Nkemdiche, DT/DE/3-4DE, Ole Miss
Jarran Reed, DT/3-4DE/NT, Alabama
Keenan Reynolds, RB, Navy
A'Shawn Robinson, DT/3-4DE/NT, Alabama
Tajae Sharpe, WR, Massachusetts
Elijah Shumate, S, Notre Dame
Terrance Smith, OLB/ILB, Florida State
Noah Spence, OLB/DE/3-4OLB, Eastern Kentucky
Joe Thuney, G, NC State

 Mackensie Alexander、Robert Nkemdiche、Jarran Reed、A'Shawn Robinsonは、モックで1巡21位候補になっている選手。Nkemdicheは問題児っぷりがどのくらいか見極める上でインタビューしておくのは正解。ただ、指名は絶対ヤメレ。たとえ2巡までスリップしてきても。

 興味深いのは、QBに3人もインタビューしていること。カズンズのバックアップ候補を獲りたいと思っているんでしょう。ミシガンステートの後輩コナー・クックは5巡以下ならアリ。ハッケンバーグとカーデール・ジョーンズはほとんど見たことないので、ハイライト映像チェックしておきます。

 あと気になるのは、キーナン・レイノルズ。こういう飛び道具がいたら楽しそう。地元ネイビーというのも好感度アップ。

カズンズにフランチャイズタグ

 3月1日までに長期契約を結んでほしいと思ったけど、世の中甘くないですねー。フランチャイズ指定されるクラスの選手は、タグを貼ってから本当の交渉開始、そんな感じですね。

結局フランチャイズタグ
 一時はトランジッションタグを貼る、さらにはトレードも選択肢の一つ、なんてアリエナイ噂が出ていたので、やきもきしていたんですが、結局フランチャイズタグで落ち着き、ホッとしました。

 フランチャイズタグのサラリーは19.953ミリオン、トランジッションダグだと17.696ミリオン。たった2.2ミリオンの違いだけど、トランジッションダグを貼りたいと思ったフロントの気持ちは理解できます。タグを貼った後の長期契約交渉のベースが年20ミリオンになるのか、年18ミリオンになるかは大きな違いなので。

 とはいえ、トランジッションタグで他チームに引っこ抜かれるリスクは絶対に避けるべきで、フランチャイズタグを貼ったことは正しい判断だったと思います。

おいPHI
 mentaiさんのパクリなんですが、PHIの大盤振る舞いはホント勘弁してほしい。サムに2年36ミリオン、22ミリオン保証って、なんちゅう契約をするんじゃい。これで間違いなくカズンズサイドは最低でも年平均でサム以上の金額を要求してくるでしょう。となると、年19~20ミリオンの攻防ですかい。カズンズのエージェントの高笑いが聞こえてきそう。

 NFLネットワークの報道によると、カズンズサイドは年平均20ミリオンを要求し、チーム側は年16ミリオンを提示していたそうです。前回のエントリで書いたワタシの推測がドンピシャでしたw

 今後の交渉で、チームはカズンズサイドの要求に歩み寄る姿勢を見せるでしょうけど、ボールはカズンズサイドに移った気がします。年平均20ミリオン以上の長期契約にこだわり、今年は1年契約のリスクを覚悟するか、譲歩してでも長期契約を優先するか。ワタシの推測では、チームは年平均18ミリオンを上限に設定しているんじゃないかと。あとは、カズンズがこれを受け入れるかどうかだと思います。

さっさとサインへ
 カズンズのフランチャイズ指定は非独占型なので、一応、他チームとの交渉は可能ですが、カズンズはさっさとオファーにサインしてしまうそうです。これで最低1年はカズンズのチーム残留が確定します。この潔さは好感が持てますね。

 スターターとして迎える最初のオフシーズンなので、ホールドアウトせず、しっかりチームの練習に参加してほしいと思っていたので、この点はいい方向に向かっているようです。まあ、20ミリオンが確実にもらえるのにホールドアウトなんてしたら、そんなQBに誰もついてこない。