So-net無料ブログ作成
検索選択

OLBコーチ加入ほか

 先週末はものすごい大雪でした。暇人のウチの奥さんは雪かきそっちのけで、せっせとかまくらづくりに汗を流していましたw

snow.jpg
 4歳の娘をアメリカ風ドカチンにコーディネートしてみたんですが、どうでしょう。ちょうど手の甲におもちゃのタトゥーが入っていて、いかにもアメリカのブルーカラーっぽくなり我ながら自己満足。

 さて、珍しく静かなオフのため大きなネタがなく、細々としたニュースをば。

OLBコーチを採用
 INDでDCを務めていたグレッグ・マヌスキーという人をOLBコーチとして採用しました。スキンズとはいろいろなコネがあるらしく、現役時代はスキンズのLBだったほか、SFのDC時代はGMがマクルーエン、SDのDC時代はLBコーチがウチの現DCバリーだったそうです。とにかくDC歴が長く、経験豊富な人材を加えられたことは大歓迎。バリーさんの参謀的存在になってくれれば。

 今オフ、ウチのコーチ陣からマイナーな引き抜きが少しありましたが、主なコーチはほぼ残留。去年連れてきたOLコーチ、ビル・キャラハン、QBコーチ、マット・カバノー、DBコーチ、ペリー・フューエルはそれぞれいい仕事をしてくれたので、引き抜かれなくて何より。キャラハンはOLを立て直し、カバノーはカズンズ急成長の陰の立役者、フューエルはDB陣が怪我人続出の中でも持ちこたえてくれました。

 ポジションコーチに経験豊富な人材を集めた現政権はかなり重厚な布陣に感じます。カイル・シャナハンがOCだった頃は、子飼いの若造コーチたちが占めていただけになおさら。

CBカリバー放出の可能性
 最近のニュースで一番びっくりしたのがこれ。去年のパフォーマンスがイマイチだったとはいえ、契約が今年分まで全額保証されているので、放出の可能性はゼロだと思っていました。ところが、契約にはSF時代のトラブルで出場停止処分を受けた場合は2年目の保証を破棄できるという条項が入っているらしいです。実際に去年、1試合の出場停止処分を受けたため、契約を破棄できる条件がクリアされており、リストラ候補として名前が挙がっている、というわけです。ACL、MCL断裂からの回復途上であるため、今すぐという話ではないですが、どうなるか分からなくなってきました。

TEリードと契約延長すべきか?
 PHIのTEザック・アーツが契約延長したことを受け、さっそく浮上してきたのがこの話題。ワタシは前々から、リードとさっさと契約延長しちゃってほしいと思っていました。ケガが多いのが玉に瑕だけど、グロンクレベルのタマを流出させる事態だけは避けたいところ。来オフFAになる前に手を打つべきだと思います。

 今オフはまず、カズンズとの契約延長が最優先。カズンズの契約がまとまらないことには、残りのキャップスペースがどれくらいになるか見えてこないです。まあ焦らず、去年契約延長したケリガン、トレントみたいに開幕前までにまとまればいいんじゃないですかね。タレントレベルではグロンククラスだけど、ケガが多いことを差し引いて、アーツと同じ年8ミリオンくらいでいいんじゃないですかねー。
サントリーウエルネスオンライン