So-net無料ブログ作成

ビミョーな2015年FA組

 GMマクルーエンは就任1年目の昨年、ドラフトでビシバシ当たりを引き、シーズン開幕後も怪我人の代役で拾ってきたストリートFAたちが軒並みいぶし銀の活躍をするというウチ的には奇跡ともいえる働きをしてくれました。が、開幕前に高いサラリーを払ってきて連れてきたFA選手は必ずしも当たり連発ではなかったです。やっぱFAでチームを強くするのって難しいっすねー。てことで、2015年FA組の総括をば。

NTテランス・ナイトン(1年4.5ミリオン)
 出場15 先発15 29タックル、1.5サック
 置き石型NTとして予想以上でも予想以下でもないほぼ想定通りのパフォーマンス。ナイトンの加入が決まった時はサラリー安いなーって喜んだけど、2ダウンプレーヤーにこの金額はまあ適正なのかなと分かってきました。同じくらいのサラリーで契約延長お願いします。

DEリッキー・ジャン・フランソワ(3年9ミリオン)
 出場16 先発1 25タックル、2サック
 去年のFA組で一番の当たりだと思うのがこの人。DLのローテーション要員としては十分すぎますね。かなりお得な買い物。個人的には出場機会をもっと増やしてあげてほしいと思うくらい。プレーだけでなく、キャラも最高。特にサック後のダンスが笑える。

DEスティーブン・パエア(5年21ミリオン)
 出場11 先発1 19タックル、1.5サック、1FF
 完全に期待ハズレ。それなりのサラリーなので、スターター級の活躍は当然と思っていたら、DLローテーションの5、6番手。基本的にパワー不足に見えます。CHI時代の前年、6サックを記録したのは何だったんだ。

CBクリス・カリバー(4年32ミリオン)
 出場6 先発6 16タックル
 ケガに悩まされ続け、最後はACL、MCL断裂でシーズンエンドという悲惨なシーズン。気の毒な面はあったにせよ、出場していた試合も軽々とパスを通されるシーンが多く、とてもじゃないけどサラリーに見合う働きではなかったです。カリバーがIR入りしてからパスカバーは良くなったというのがなんとも。ヒザの靭帯2本切って、来季どこまでやれるのかなあー。

Sジェロン・ジョンソン(2年2.5ミリオン)
 出場14 先発2 20タックル
 スターター候補と言われて加入した割にははっきり言って平均以下の選手。サラリーが安いので文句は言えないけど。


 超高額FAは避け、中堅クラスを狙っていったのはいい戦略だと思って歓迎したけど、結果はビミョーな内容。中堅クラスのFA選手って、基本的に前の所属チームから再契約を見送られてFA市場に出てくるケースが多いので、そもそも大活躍を期待するのがいけないのかなあ。FA補強の価値を否定するわけではないけど、やっぱりドラフト指名した生え抜き選手を育てて再契約していく、そういう好循環つくりだしたいですねえ。

 最近のウォール・ストリート・ジャーナルに、FAに興味ないパッカーズはロースター53人のうち他チームでドラフト指名された選手は2人だけって書いてあったけど、ホントっすか。FAに頼ることが当たり前のウチからすると、ちょっと信じられない。

 ウチはFAをスルーできるようなチームではないので、今年もFA市場でそれなりに動くでしょう。マクルーエンが高額FAに手を出すとは思えないので、今年も中堅クラスをリーズナブルな契約で狙っていくんじゃないかと予想します。