So-net無料ブログ作成

W7結果 まさかの大逆転劇

 前半、0-24になった時は、貴重な日曜日にこんなクソゲーム見せんじゃねー、と憤慨したんですが、まさかまさかの結果に。前半でテレビ消したファンも多いと思うぞ。

スキンズ 31-30 バッカニアーズ

勝負の分かれ目その1:オンサイドキック
 24点ビハインドを本当に追いつこうと思ったら、どこかでオンサイドキックを決めてモメンタムをつかむ必要があると思いながら見ていました。ワタシは後半最初のキックオフでやるのでは、と予想していたのですが、使ったのは後半2回目のキックオフ。その前のTDドライブで14-24になり、残り時間もたっぷりあり、リスクを冒す場面ではなかっただけに、ワタシも完全に意表を突かれました。相手も無警戒だったようで、見事に決まりました。この後、TDドライブが完成して一気に3点差になり、流れをつかみました。グルーデン、GJ!

勝負の分かれ目その2:1st&ゴールをFGで切り抜ける
 試合残り時間4分くらいの場面でしたかね、TBのRBダグ・マーチンのビッグランが出て1st&ゴール(自陣5ヤード)となった時はさすがにもう観念しました。3点ビハインドでさらにTDを奪われたらゲームオーバー。ところが、ここでランを3本止め、FGで切り抜けました。6点差で最後のドライブに望みをつなげました。この日の守備陣はランもパスも悲惨だったけど、この守備だけで全部許しちゃいます。

勝負の分かれ目その3:美しすぎるプレーコール
 最後のカズンズからTEリードへのTDパス、しびれた~。左サイドにレシーバーを4人並べ、右サイドをリードと相手セカンダリーの1対1にして、リードが見事にぶちぬいて大逆転劇が完成。見事なプレーコールで、勝負所のために取っておいた最後の1手、そんな感じでしたね。脳震盪から復帰したリードは試合を通じてキレキレ(11キャッチ!)。1対1だと誰も止められないです。予想以上にリードの復帰はでかかったです。

今日のカズンズ
 33-40(82.5%)、3TD、0INT、RTG124.7。久しぶりにノーミスデー。コントロールがぶれる場面が時々ありましたが、レシーバー陣がうまくキャッチしてくれて助けられました。圧巻だったのは、最後のドライブでの落ち着きぶり。メンタル面ではPHI戦での逆転ドライブで一皮むけましたかねー。

ディフェンス
 ランもパスも止められない悲惨な内容。ランは1列目を抜けると、10ヤード、20ヤードが平気で出ちゃう。ウチのLB陣は相手のブロックに簡単に取られすぎじゃないですかねー。

 相手レシーバー陣はVジャクソン、Lマーフィーが負傷離脱し、マイク・エバンスさえ抑えればいい、という展開の中で、エバンスが全く抑えられない! 3rd&ロングのシチュエーションでも必ずエバンスに通され、イライラしっぱなしでした。ジャー二ーマンCBウィル・ブラックモンだけでなく、ライジングスター、ブリーランドまで完敗だったのはちょいとショック。カリバー、ホールが帰ってこないとやっぱりきつい。

 それにしても、ウィンストン、やっぱイイQBでしたねー。エバンスがすごかったのは確かだけど、そこにピンポイントで通せるウィンストンは末恐ろしい。ミドル以降のパスの精度では、もうウチのカズンズより上でしょう。

総評
 グルーデンもカズンズも首の皮がつながりました。この試合負けていたら、シーズン終了後に2人まとめてサヨウナラになっていたでしょうね。24点差を逆転したことで、2人に対する批判はリスペクトに一転し、グルーデンーカズンズ体制の求心力が一気に高まった気がします。

 何にしろ、イイものを見せてもらいました。24点差の逆転劇なんて一生に一度お目にかかれるかどうかでしょう。3勝4敗と大した成績じゃないけど、今年は見ていて楽しい。今までが悲惨すぎただけなんですけどねー。