So-net無料ブログ作成
検索選択

W5結果 ハートブレイク

 ああ、惜しかった。試合見てこんなにへこんだのは久しぶり。かつ丼と天丼の大盛りをいっぺんに食ってもたれた胃のように気分はどんよりしております。。。

スキンズ 19-25(OT) ファルコンズ

敗因
 やれることはすべてやりました。でも、一番悔しいのは、試合終盤、CBブリーランドのINT後のドライブ。「絶対TDを取らないと負けだぞ」と思いながら見ていたのですが、消極的なプレーコールでFGで終わったのが悔やんでも悔やみきれない。案の定、この後のドライブで逆転TDをもらいました。最終的にOTまで持ち込んだけど、TD取って8点差にしておけば、勝っていたと思います。

 1st&ゴールからグルーデンがコールしたのは、ラン→ラン→クイックスクリーン。ランで時間を消費しながら「運が良ければTD」くらいな感じで、絶対にTDに獲るという覚悟のこもったプレーコールには見えませんでした。クイックスクリーンも2ndダウンで出すならまだしも、3rdダウンからコールするプレーじゃないでしょうよー。あのコールには心底ガッカリしました。

 また、試合を通して中央のランが出ていないのに、なぜあの場面で連続で中央のランをコールしたのか。それも大いに不満。

 グルーデンよ、本当に勝ちたいなら勝負に行けよ! 男だろ!

カズンズ
 OTでのピック6はどうでなんですかねー。あれはカズンズの責任なのか。レシーバーのスリップによる不運な出来事だったのか。いずれにせよ、カズンズらしい情けない終わり方になってしまいました。

 ショートパスは安定感があるけど、やっぱりミドルレンジ以降のコントロールが試合を通じてイマイチ。ガーソンのお手玉で取られた1本目のINTもコントロールミスだったし。

 それでも4Q残り24秒、自陣20ヤードから同点FGまで持ち込んだのは見事。あんなの今まで見たことがない。ピック6よりもこっちのドライブを自信の糧にしてほしい。

Cリクテンスタイガー
 u-daiさんが酷評していましたが、その意味が少しわかった気がしました。後半、リクテンスタイガーが相手DTに簡単にやられて、RBジョーンズが5ヤードくらいロスしたシーンがありました。これで50ヤード以上のFGになり、結局、外して無得点に。イイ感じで攻めていたのに、リクテンスタイガーが1人でぶち壊し、腹立たしかった。

 リクテンスタイガーはPFF評価で毎週、マイナス10以上というとてつもないスコアを叩き出しています。去年はソリッドなスターターという評価だったけど、今年は絶不調。中央のランがなぜ出ないのかやっと分かってきました。

 それにしても、中央のランが全くでないのに、なぜこんなに執拗にコールするんでしょう? モリスは中央よりもアウトサイドを走らせたほうがいいんじゃないのかい?

ランディフェンス
 シャナハン流ゾーンブロッキングシステム恐るべし。最初から最後まで対応できなかった。モリスがルーキーイヤーに走りまくった理由が今分かったよ。それにしても、フリーマン、いいランナーだなあー。

パスディフェンス
 もっとやられるかと思ったけど、よく頑張りました。ストリートFAのブラックモンもよくやったほう。まあ、フリオとハンカーソンがケガで本調子でなかったのに助けられたんですけどねー。3つもターンオーバーを奪って勝てないのはクヤシイ。

総評
 本当に惜しい試合。あそこまで行ったら勝ってほしかった。あそこで勝つのが強いチーム。まだまだ足りないものがたくさんあるんでしょう。でも、攻守にわたって地力がついてきたのは明らかに分かりました。地区内ライバルチームももたついているし、ポジティブに気持ちを切り替えたいところ。でも、やっぱり勝ちたかったなあ。はあ。