So-net無料ブログ作成
検索選択

去年のドラフティーも悪くないぞ

 去年のドラフトはハズレだったと思っていたのですが、PHI戦ではなんと5人が先発出場。スターターの負傷で出番が回ってきたケースもありますが、ドラフト下手なウチとしてはかなりレアなケース。この中からタレントと呼べる選手が出てくるかどうかはかなり微妙ですが、こういう堅実なドラフトを続けていくことが強くなっていく上で不可欠な要件でしょうね。

ドラ2 OLBトレント・マーフィー
 RG3トレードで1巡指名権がなかったので、去年のトップドラフティー。パワーもスピードもなく、はっきり言って物足りないですが、オラクポのFA移籍で空いたスターターの座を今のところ埋めています。1人で止めまくったPHI最後のドライブはGJ! ただ、今年のドラ2プレストン・スミスに抜かれるのは時間の問題か。

ドラ3A OTモーガン・モーゼス
 ウレシイ誤算と呼べるのがこの人。去年見た時は「こりゃダメだ」って思いました。実際、今年のキャンプ途中まで控え扱いで首脳陣もあまり期待していない感じでした。ところが、シャーフがRTからRGにコンバートしたことでRTのスターターに昇格すると、予想以上に使えることが判明。開幕から全試合先発し、合格点のパフォーマンスを見せています。RTは長年の懸案でしたが、ようやくアンサーが見つかったかも。

ドラ3B OGスペンサー・ロング
 LGロヴァオのIR入りでスターターに昇格。PHI戦のパフォーマンスは良かったとグルーデンは言っており、まずまずのスタートを切ったんじゃないですかね。

ドラ4 CBバシャード・ブリーランド
 セカンダリーのライジングスター。NYG戦ではやられましたが、ケガで出遅れた影響としておきましょう。自己管理ができ、本人も真剣に努力すれば、シャットダウンコーナー「ブリーランド・アイランド」になれる器だとワタシは見ているのですが、買いかぶりすぎでしょうか。

ドラ5 WRライアン・グラント
 ルーキーイヤーから正確なルートランとシュアなハンドが高く評価され、デショーンの負傷離脱の間、先発を務めています。爆発力はないけど、堅実に役目を果たす仕事人。スターターのタマには見えないけど、3~4番手なら頼もしい存在。