So-net無料ブログ作成
検索選択

今年のドラフティーはいいぞ

 PHIはひたすらノーハドルで攻めてくるので、ウチの守備陣は最初から最後まで4-2-5でした。CBのアウトサイドはカリバーとブリーランドで、スロットを担当したのはドラ6カイション・ジャレット。全スナップに登場し、マークしたレシーバーをわずか3キャッチ、23ヤードに抑える見事な活躍をしてくれました。

 ジャレットは本来のポジションはFS。CB陣のデプスがスカスカなため、専らニッケルCBとして使われていますが、いわゆるversatilityの高さはスバラシイ。グルーデンも絶賛しています。こういう使い勝手のいい選手はシーズンを乗り切る上で本当に貴重な存在。まさに「ミート&ポテト理論」のこれぞポテトと呼べる選手です。

 6巡のジャレットが活躍するのを見ると、GMマクルーエンの眼力のすごさを改めて実感。ジャレットに限らず、今年のドラフティーはいきなり戦力になってくれています。

ドラ1 Gブランドン・シャーフ
 開幕からRGで全試合先発出場し、無難にこなしています。まあ、全体5位であることを考えると当たり前の働きなんだろうけど、OL改善は彼の存在が大きい。プレシーズンではディスってすみませんでした。

ドラ2 OLBプレストン・スミス
 まだスターターではないけど、2年目トレント・マーフィーとのローテーションでそれなりの出場機会を与えられ、4試合で2サックを記録。スピード不足が気になるけど、まずまずの活躍。

ドラ3 RBマット・ジョーンズ
 大当たり。最初はパワーバックをイメージしていたんですが、外を抜ける時の加速が素晴らしい。見ていて気持ちがいい。ファンブルだけは気を付けておくれ。

ドラ4 WRジェイミソン・クローダー
 落球王ロバーツに代わってスロットに入ったPHI戦ではチームハイの7キャッチ、65ヤードを記録。密集でのキャッチ力の高さがイイですなあ。開幕から担当しているPRはまだ平凡だけど、シーズン中にリターンTDを最低1本は決めると予言しておきますw

ドラ6 S/CBカイション・ジャレット
 スロットCB兼バックアップS兼スペシャルチーマーとして今やチームに欠かせない貴重な便利屋。バージニア工科大ではリーダー的存在だったので、近い将来、チームの精神的支柱となるはずの選手。

 有能なGMが入るだけで、こんなに変わるもんなんですね。ドラフティーの活躍を見るのは本当に楽しい。