So-net無料ブログ作成
検索選択

FSゴールドソンをトレード獲得

 TBとのトレードでFSダション・ゴールドソンを獲得しました。この選手、だいぶ前から放出のウワサが出ていて、ぜひ獲りにいってほしいと思っていたので、納得のトレード。しかも、代償は来年の6巡と7巡のスワップと、タダに近いトレード。う~む、新GMマクルーエン、やるな、おぬし。

 今年のサラリーは8ミリオンですが、4ミリオンはTBに負担させて、ウチが払うのは4ミリオン。TBがトレードではなく解雇しても4ミリオンを支払い義務が残るので、タダで放出するよりはウチとのトレードでほんのちょっと見返りを得ることができた形。

 代償はタダ同然で、サラリーも相手に半額支払わせる。なんとおいしいトレード。マクルーエン、やるな、おぬし。

 来年のサラリーは7.5ミリオン、再来年は6.75ミリオン。ちょっとお高いですけど、保証額はないのでいつでもカット可能。高いサラリーに見合う活躍ならキープすればいいし、ダメだったらカットすればいい。ペイカットを飲んでもらう方法もあるでしょう。

 TBでは不調だったようですが、SF時代にマクルーエンが見てきた選手なので、それなりにやってくれるとは思います。少なくとも、Sがリーグ最低の陣容だった去年よりはかなりのグレードアップでしょう。

 ウチのロースターにはFSがおらず、どーすんだと思っていたので、一安心。ただ、30歳の選手なので、長期的アンサーではないのは明らか。Dホール、アマーソンのコンバート、またはドラフト指名の可能性も十分あるでしょう。

 ゴールドソンはショーン・テイラーの大ファンだそうで、スキンズ移籍を喜んでいる様子。SEAキャム・チャンセラーやウチのフィリップ・トーマスもテイラーファンだし、テイラーのハードヒットはみんな憧れるんでしょーね。

 それにしても、テレンス・ナイトンの超バーゲン契約に続き、マクルーエンの辣腕ぶり、素晴らしすぎる。こういう堅実なオフを数年続けていけば、絶対強くなると思う。あとはドラフトで当たりを引けるかどうか、ですね。