So-net無料ブログ作成
検索選択

RG3のオプションを行使 & GMドラフト戦略

 GMマクルーエンがRG3の5年目オプションを行使すると明言しました。オプションを行使した場合、5年目のサラリーが16.155ミリオンに跳ね上がるので、行使しないとワタシは予想していたので、ちょっとびっくりです。

 ただ、ワタシは一旦オプションを行使したら、撤回できないものだと勘違いしていました。実際は、来年3月までに撤回可能なんだそうです。ただし、今シーズン中に重傷を負い、オフシーズンをリハビリに費やす状況になったら、撤回できず、全額保障されるそうです。RG3はケガの多いので、そこはかなりのリスクですね。

 ケガした場合のリスクは伴うものの、撤回可能であるならば、オプション行使はベターな選択肢に思えてきます。オプションを行使しなければ、チームはRG3を信用していないというメッセージを送ることになり、プライドの高いRG3の士気を削ぐ恐れがあります。それこそ最悪の展開であることを思うと、リスクを取ってでもオプションを行使することは賢明な判断だったようにも思います。

 これがマクルーエン、グルーデンの判断なのか、もっと上からの圧力なのかは分かりませんがw

 さて、マクルーエンがドラフト戦略について少し語っています。メディアで読んだのをつまみ食いすると。。。

・7つの指名権を10に増やしたい。
・レオナード・ウィリアムスが5位までスリップしてきたら、電話(トレード交渉)が来るだろう。
・FAでDLを補強したけど、有能な選手はいくらでも欲しい。5位でウィリアムスを指名することも全く問題ナシ。
・エッジラッシャーが欲しい。優秀なエッジラッシャーはなかなか手に入らない。1巡に限らず、何人か指名したい。

 どこまで本音をさらけ出しているかわからないけど、これだけを読むと、1巡5位をトレードダウンして指名権を増やすことがベストシナリオと捉えている印象を受けますね。SEAが下位で大当たりを引きまくって強くなったの手本に、指名権を増やして、数打ちゃ当たる、で行きたいんでしょうか。また、ウチのロースターはかなりイマイチだから、大幅に入れ換える必要があるという思いもあるのでしょう。

 また、エッジラッシャーを欲しがっているのを聞くと、5位でWRクーパー、ホワイトの指名は視野にないのかなーという気もしてきます。

 いずれにせよ、マクルーエンがどんな立ち振る舞いをしてくれるのか、大いに楽しみです。

マイドラフトボード&マイ予想

 過去2年は1巡指名権がなかったので、2~3巡候補のハイライト映像ばかり見ていたんですが、今年は久しぶりに1巡がある上、5位というかなり分かりやすいポジション。主なトップファイブ候補だけ見て、あとはほとんど情報収集しておりません。なので、トレードダウンになったら、わけわかんなくなりそうw

 で、ワタシがドラフトボードを作るとしたらこんな感じです。

1 DTレオナード・ウィリアムス(USC)
2 OLBダンテ・ファウラー(フロリダ)
3 WRアマリ・クーパー(アラバマ)
4 トレードダウン
5 WRケビン・ホワイト(ウエストバージニア)
6 OLBビック・ビーズリー(クリムゾン)

 ウィリアムス、ファウラー、クーパーの誰かが残っていたら、トレードダウンは考えず、素直にそのまま指名。クーパーは絶対にハズレ無し、普通にプロボウル行けそうな感じがするので、本当に捨てがたいけど、今年はディフェンス優先かなあと。

 ウィリアムス、ファウラー、クーパーが消えていたら、正直、どうしても5位で指名したいというセクシーな選手はいないです。なので、この展開ではトレードダウンを模索。ウィリアムス、ファウラー、クーパーの3人が消えているということは、ウィンストンかマリオタのどちらかが残っていることを意味するので、トレードのオファーは絶対あると予想します。

 もしトレードがない場合、またはトレードの代償がイマイチで指名することになった場合は、ホワイトかビーズリーのどちらかをチョイス。モックでは5位でビーズリーという予想もあるけど、ワタシはホワイト推しですね。ビーズリーはコンバインまでに246ポンドまでバルクアップしたけど、カレッジ時代は220ポンド台でプレーしていたようです。バルクアップしてもスピードが落ちていないことが評価されているけど、やっぱり軽量パスラッシャーは当たり外れが大きすぎてスルーしたいです。

 で、1~5位までのワタシの予想はこんな感じ。

1TB  QBウィンストン
2TEN QBマリオタ
3JAX DTウィリアムス
4OAK WRホワイト
5WAS OLBファウラー

 てことで、ウチはドラフトボード第2志望のファウラーをゲットする、そういう展開になるのではないかと見ております。クーパーでも全然問題ないっす。

 ウィリアムスが落ちてくるとしたら、QB2人が消えた上に、JAXがウィリアムスではなくファウラーを指名する展開でしょうか。個人的にはそれがベストシナリオなんだけど。

 OAKは或爺が生きていたら、間違いなくホワイトで決まりだろうけど、最近は読みにくくなりましたねー。

 一時期、マリオタ指名論が浮上したけど、最近はサッパリ消えました。マリオタがチームを訪問するという話もキャンセルになったし、1巡5位でのQBはなさそうな感じ。マリオタを駒にトレードダウンする場合、PHIとの取引だけは絶対パス。チップ・ケリーにモバイルQBを融合させるのは危険すぎる。

2015年スケジュール

 未練・或爺杯ではスキンズ担当の方がフロリダ大のダンテ・ファウラーを指名してくれました。ベストチョイスじゃないでしょうか。いつか生参加してみたいです。

 さて、今年の対戦スケジュールが発表されました。

Week 1: vs. Miami Dolphins, Sun., Sept. 13, 1 p.m., CBS
 去年に引き続きAFCチームと開幕戦。スーさんがいますね~。

Week 2: vs. St. Louis Rams, Sun., Sept. 20, 1 p.m., Fox
 STLとは毎年対戦している気がする。去年は完封負け。情けね~。

Week 3: at New York Giants, Thurs., Sept. 24, 8:25 p.m., NFL Network/CBS
 地区内ライバルと初対戦。毎年思うけど、アウェーでサースデーナイトはキツイっす。

Week 4: vs. Philadelphia Eagles, Sun., Oct. 4, 1 p.m., Fox
 全く別チームになってしまったPHI。いじくりすぎて機能不全になっていたらうれしい。

Week 5: at Atlanta Falcons, Sun., Oct. 11, 1 p.m., Fox
 新HCの下でどんなチームになっているのか。気になるのはOCカイル。

Week 6: at New York Jets, Sun., Oct. 18, 1 p.m., Fox
 こちらも新HC。トッド・ボウルズのブリッツハッピーに対抗できるか。

Week 7: vs. Tampa Bay Buccaneers, Sun., Oct. 25, 1 p.m., Fox
 全体1位チームなんで勝たないといけないけど、去年は7―27でボロ負けしております。

Week 8: Bye

Week 9: at New England Patriots, Sun., Nov. 8, 1 p.m., Fox
 せっかくのバイ明けにNEが相手なんて最悪。1週間の休養も意味ないじゃんw

Week 10: vs. New Orleans Saints, Sun., Nov. 15, 1 p.m., Fox
 TEグラハムの放出って何度考えても意味が分からない。

Week 11: at Carolina Panthers, Sun., Nov. 22, 1 p.m., Fox
 このチームにはいつも負けている気がする。苦手な相手。

Week 12: vs. New York Giants, Sun., Nov. 29, 1 p.m., Fox
 久しぶりに地区内ライバルと対戦。

Week 13: vs. Dallas Cowboys, Mon., Dec. 7, 8:30 p.m., ESPN
 今年もダラスとマンデーナイト! 今年も勝ちたい!

Week 14: at Chicago Bears, Sun., Dec. 13, 1 p.m., Fox
 HCが変わったけど、カトちゃんがそのままなら、浮上するイメージが沸かないです。

Week 15: vs. Buffalo Bills, Sun., Dec. 20, 1 p.m., Fox
 レックス・ライアンを迎えた今年のBUFはいい感じがする。

Week 16: at Philadelphia Eagles, Sat., Dec. 26, 8:25 p.m., NFL Network
 今年も土曜日にPHIと対戦。去年勝ったのでイメージはいいです。

Week 17: at Dallas Cowboys, Sun., Jan. 3. 1 p.m., Fox
 シーズン最終戦は憎きダラス。

 全国中継の試合は3試合あるけど、1試合は全チームに回ってくるサースデーナイト、もう1試合はシーズン終盤の土曜日なので、実質的に1試合だけ。近年の成績を考えれば、しょうがないです。

 最後の4試合中3試合がアウェー。「プ」争いをしていたらきつい日程。でも、今年は「プ」争いなんて、ちょっとイメージできないです。

 正直、8勝できたら万々歳というのがワタシの感覚。新GMマクルーエンがいい補強をしてくれているので、3~4年後を見据え、来年につながるシーズンにしてほしいです。

未練・或爺杯

 今年もチュルさんプレゼンツ『未練・或爺杯モックドラフト2015』が開催されます! 我らがレッドスキンズ担当者がまだ決まっていないようです。

 ワタシはツイッターアカウントを持っていない上、最近、色々なことで目まぐるしく、とても参戦できる状況にありません。どなたか立候補していただけたら幸いです。今年は5位ですので、かなり分かりやすいです。自分好みの選手を5人リストアップし、順位を付けてドラフトボードを作れば、GMの仕事はほぼ完了です。ただ、トレードダウンしたら、ちょっと大変かも。でもそっちのほうが楽しそうw

 てことでどなたかどうぞ宜しくお願い致します!

FSゴールドソンをトレード獲得

 TBとのトレードでFSダション・ゴールドソンを獲得しました。この選手、だいぶ前から放出のウワサが出ていて、ぜひ獲りにいってほしいと思っていたので、納得のトレード。しかも、代償は来年の6巡と7巡のスワップと、タダに近いトレード。う~む、新GMマクルーエン、やるな、おぬし。

 今年のサラリーは8ミリオンですが、4ミリオンはTBに負担させて、ウチが払うのは4ミリオン。TBがトレードではなく解雇しても4ミリオンを支払い義務が残るので、タダで放出するよりはウチとのトレードでほんのちょっと見返りを得ることができた形。

 代償はタダ同然で、サラリーも相手に半額支払わせる。なんとおいしいトレード。マクルーエン、やるな、おぬし。

 来年のサラリーは7.5ミリオン、再来年は6.75ミリオン。ちょっとお高いですけど、保証額はないのでいつでもカット可能。高いサラリーに見合う活躍ならキープすればいいし、ダメだったらカットすればいい。ペイカットを飲んでもらう方法もあるでしょう。

 TBでは不調だったようですが、SF時代にマクルーエンが見てきた選手なので、それなりにやってくれるとは思います。少なくとも、Sがリーグ最低の陣容だった去年よりはかなりのグレードアップでしょう。

 ウチのロースターにはFSがおらず、どーすんだと思っていたので、一安心。ただ、30歳の選手なので、長期的アンサーではないのは明らか。Dホール、アマーソンのコンバート、またはドラフト指名の可能性も十分あるでしょう。

 ゴールドソンはショーン・テイラーの大ファンだそうで、スキンズ移籍を喜んでいる様子。SEAキャム・チャンセラーやウチのフィリップ・トーマスもテイラーファンだし、テイラーのハードヒットはみんな憧れるんでしょーね。

 それにしても、テレンス・ナイトンの超バーゲン契約に続き、マクルーエンの辣腕ぶり、素晴らしすぎる。こういう堅実なオフを数年続けていけば、絶対強くなると思う。あとはドラフトで当たりを引けるかどうか、ですね。