So-net無料ブログ作成

1巡5位でマリオタ?

 GMマクルーエンが昨日、マリオタがBPAなら1巡5位での指名をためらわないと述べました。HCグルーデンも今日、同じような発言をしています。

 高値でトレードダウンするためのハッタリなのか、本音なのか、よく分かりません。ただ、確実に言えることは、フロント、コーチからこういう発言が出ること自体、RG3を信用していない表れでしょう。マクルーエンはドラフトはBPAで行くと宣言しているので、何が起きても不思議じゃないです。

 個人的にはアリの選択肢だとは思うけど、マリオタが1巡5位のBPAかどうかと言われると微妙ですねー。BPAでドラフトボードを作るなら、レオナード・ウイリアムスはもちろんのこと、アマリ・クーパー、ケビン・ホワイトの両WRのほうがマリオタより上に来る気がします。ただ、結局はQBがどうしても欲しいTENがマリオタ指名で落ち着くとワタシは予想してますが。

 さて、ドラフトの指名順位が正式に決まりました。

Round 1-5-5
Round 2-6-38
Round 3-5-69
Round 4-6-105
Round 5-5-141
Round 6-6-181
Round 7-5-222

 毎度のことですが、今年も補償ピックはナシ。もう何年ももらってない気がする。強いチームはFA選手の市場価値が高まるから必然的に補償ピックも増える好循環が生まれてますね。うちもそういう日がいつになったら来るんだろ。まあ、今年は7つの指名権が無傷で残っているだけでも良しとすべきですかね。マクルーエンの眼力に期待しませう。

 あと、ウチからUFAになっていたDEジャービス・ジェンキンスがCHIと、リリースされたDEスティーブン・ボーウェンがNYJとそれぞれ契約しました。再就職先が決まって何より。

QBコルトと再契約

 案の定、ボーランド引退が大きな衝撃をもたらしていますねー。メディアはNFLの終わりの始まり、みたいな雰囲気を煽ってますが、いずれにせよかなりヤバイ状況になってきたと感じます。近年、脳震盪の危険性を紹介する報道がものすごく多く、子供にフットボールをやらせない親が増えていくことは間違いないです。競技人口が減って、プレーの質が低下し、NFLの魅力が低下し、ファンが離れていく。そんな負のスパイラルに陥らないか、本当に気懸かりです。高校生の競技人口はどういうトレンドになっているんですかねー。

 さて、QBコルトと再契約しました。1年1.5ミリオン。

 RG3がスターターに指名され、カズンズも残留確定、てことで、コルトはもっと好待遇で迎えてくれるチームを探したんですが、見つからなかったようです。マンデーナイトのダラス戦で素晴らしいパフォーマンスを見せたのに。NFLはやっぱキビシイ。結局、出戻りとあいなりました。

 サラリーは1.5ミリオンですが、サインボーナスはたったの0.15ミリオン。いつでもカットできる契約といっていいでしょう。なので、コルトと再契約したからといって、ドラフトでQBは指名しない、ということでは全くないです。1巡5位でのマリオタ指名を含め、ドラフトでのQB指名はあらゆるシナリオが考えられると思います。

 去年はQBがウチのがんだったわけですが、結局、同じズッコケ3人組がそのまま残りました。まあいいんじゃないすか。




Sジェロン・ジョンソンを獲得

 ボーランドが引退とは。。。これからも脳震盪の恐怖がアメフト離れを加速していくでしょうね。NFLも子供も、あらゆるレベルで。ボーランドの引退がアメフト界全体に暗い影を落としたような感じがして、ショッキングなニュースでした。

 さて、SEAのSジェロン・ジョンソンを獲得しました。2年4ミリオン。

 といっても、「誰、この人?」って感じの補強。過去4シーズンで先発はたった1試合。バックアップ兼スペシャルチーマーのキャリアしかない選手にしては明らかに割高契約です。が、出番が少なかったのは、アール・トーマス&キャム・チャンセラーのリーグ最高Sコンビがいたからで、本当はスターターの実力の持ち主、というのが新GMマクルーエンの見立てのようです。

 先発経験1試合の無名選手をいきなりスターター候補にするなんてかなりのギャンブルですが、マクルーエンがSEAにいた時に加入してますし、能力を深く把握しているのは間違いないです。これはもう、マクルーエンの眼力を信じるしかないですね。これが当たったら、一生付いていきますw

 とりあえず、SをFAで1人おさえたので一安心!、と言いたいところですが、まだまだリーグ最低の恐ろしいデプス。ジョンソン以外のSはこんなメンツです。

フィリップ・トーマス
 2013年のドラ4だけど、ルーキーイヤーはケガで全休。去年はシーズン後半に出てきたけどインパクト無し。

アキーム・デービス
 去年のルーキーFA。基本スペシャルチーマー。

トレントン・ロビンソン
 UFAで再契約。基本スペシャルチーマー。

デューク・イヘナチョ
 ERFAで再契約。去年の開幕直前にDENから解雇され、クレーム獲得したけど、すぐにIR入り。DEN時代に14試合の先発経験があり、経験だけならウチのS陣でトップ。たった14試合で。。。

 すさまじい陣容。このメンツでシーズンを乗り切れるとは思えないです。テイラー・メイズに関心があるというウワサもありますが、この人、もう終わった人のイメージしかないのですが。

 今年のドラフト、Sは不作といわれているし、どうすんだろー。




CBクリス・カリバーを獲得

 SFのCBクリス・カリバーを獲得しました。とりあえず、懸案のセカンダリーを補強してくれて何より。

 契約内容は4年32ミリオン、保証16ミリオン。FA市場では中堅CBというイメージがあったので、年8ミリオンというのは予想以上にお高くてちょっとびっくりしました。ブラウナーにも逃げられ、選択肢がほとんど残っていなかったので、足元を見られましたかね。

 ただ、サインボーナス5M、サラリーが3M、8M、8M、8Mなので、保証額は2年で償却できます。残り2年はオプションと考えると、悪くない契約に見えます。10ミリオン近いキャップヒットに見合う活躍なら、3年目以降もキープすればいいし、ダメならカットすればいい。とても分かりやすい契約です。

 2013年にACLをやっていますが、昨年はキャリアベストのパフォーマンスを見せ、ヒザの不安はなさそう。PFFの評価ではプラス8.5、CB全体で13位でした。意識して見たことのない選手なので何とも言えませんが、かなりいい補強だと思います。

 これでCB陣は新加入のカリバーと2年目のブリーランドがスターター。ニッケルがDホールかトレーシー・ポーター。アマーソンはニッケルは無理っぽそうなので、FSにコンバートするのはどうでしょう。これいいよ、絶対! ホールをSにコンバートする案もありそう。Sの補強が進んでいないのは、コンバートの構想があるからですかね。

 一方、オラクポがTENと契約しました。守備陣の顔とも言える選手なので、ちょっと寂しいですが、これはもうしょうがないです。本人がFresh start needed for both sidesと言っているのに100%同感。4年32ミリオン、保証13.5ミリオンはどう見てもオーバーペイですが(ワタシがGMなら1年4ミリオンを提示)、ウチでのキャリアを土台に高額契約を勝ち取ってくれて嬉しいです。

NTテランス・ナイトンを獲得

 FA戦線3日目、あまりにのんびりしているんで、だんだん不安になってきていたんですが、やっと嬉しいニュースがありました。DENのDTテランス・ナイトンを獲得しました。イエイ!

 契約内容は1年4ミリオン。DTではスーに次ぐ評価を受けていたのに、なんなんだこの安さは。体重管理に問題があるらしく、どのチームも長期契約に二の足を踏んだんでしょうが、それにしてもすさまじいバーゲン価格。個人的には最低年7ミリオンを覚悟していました。コーフィールドの放出でNTの穴はどう埋めるんだと思ってましたが、素晴らしいグレードアップになりました。

 間違いなくランストッパーとしてはリーグ屈指の人材。ナイトンがいたDENは昨年、1stダウン時の平均ラン喪失ヤードがリーグ2位だったそうです。ちなみにウチは20位。6-3、331ポンドですが、個人的には体格の割にフットワークが軽やかな印象があります。

 ウチのNTクリス・ベイカーとは高校時代からの親友らしく、それがウチを選ぶ決め手の一つになったようです。

 1年契約というのがビミョーですが、体重管理に問題がある以上、プレッシャーのかかる契約にして気を抜かせないのがベストでしょう。

 FA初日に契約したDTパエア(4年21ミリオン、保証7.85ミリオン)といい、素晴らしいバリュー契約が続いています。新GMマクルーエンは、適正価格で契約する方針を徹底している印象を受けますね。それにしても、DL好きだなあ。RJF、パエアに続き、今オフ3人目の補強。

 ただ、最重要補強ポイントのセカンダリーはいまだ手付かず。有力選手はほとんど売れ切れてきちゃったんですけど。CBブランドン・ブラウナーはウチへの訪問をキャンセルして、NOと契約してしまったのは大ショック。Sアントレル・ロールにもオファーを出したようですが、CHIに取られちゃいました。CBペリッシュ・コックスもウチを訪問したけど、契約せずに他の訪問先へ。DL以外は連戦連敗で、だんだん不安になってきたぞ。

 いくらドラフト重視といっても、穴ぼこだらけのスターターをある程度FAで埋めないと勝負にならないです。お願いしますよー。

音沙汰無しのFA戦線2日目 & マリオタ指名論!?

 FA戦線2日目は何もお買い上げがありませんでした。今年は静かですな~。

 訪問予定と報じられている選手はこの3人。

CB ペリッシュ・コックス(SF)
CB ブランドン・ブラウナー(NE)
NT テランス・ナイトン(DEN)

 コックスとナイトンが来るのは水曜日なので、もう首脳陣と面会しているはずなのですが、何も情報が出てきません。今晩ディナー、交渉は明日って流れなんですかね。

 スターターがいないSがまったく手付かずというのがかなり気になります。

 さて、ウチのUFA選手で他チームと契約を結んだのはこの2人。

RB ロイ・ヘルー →OAK(2年4ミリオン)
 安いですなー。これ以上の金額は楽々出せたはずですが、そうしなかったということは、再契約する意志がなかったんでしょう。3rdダウンバックとしてなら秀逸だと思うんだけどなー。OAKでの活躍を期待します。

WR レオナード・ハンカーソン →ATL(1年1ミリオン)
 カイル・シャナハンと再合流ですか。彼にとってベストの移籍先じゃないですかね。ただ、このサラリーだと開幕ロスター確定ではなさそうなので、頑張ってほしいです。
 結局、ウチでは開花しないまま、サヨナラになりました。ルーキーイヤーの時、キャンプで無理矢理一緒に写真を撮らせてもらったんですが、嫌な顔をせず応じてくれたのを今もはっきり覚えています。笑顔がカワイイ奴で、スキンズで成功して欲しいと心底思ったんですけどねー。

 さて、1巡5位の使い道ですが、ESPNのジョン・クレイトンがマリオタを指名するという仰天予測をしました。

 “Honestly, [people say Mariota] may fall to the Jets; he’s not gonna fall to the Jets at six, I’ll tell you this right now,” Clayton said. “The Redskins will take him at five. Dan Snyder may not think there’s quarterback issues; Jay Gruden and everybody else in the front office thinks there’s quarterback issues. And if Marcus Mariota falls to five – now it’s not a position where they’re desperate enough to trade up to get him – but if he falls to 5, I’m telling you this right now, they’ll take him.”

 最近、ドラフトでのQB指名を完全除外していたので、ちょっとびびりました。個人的にはアリの選択。反RG3派のグルーデンは欲しいと思うでしょう。RG3派のダニエルは複雑でしょうが、「落ち目のRG3よりマリオタのほうが興行的にベターかも」と、最終的には納得しそう。なので、よくよく考えてみると、十分あり得るシナリオに見えてくるのですが、どうでしょうか。

FA戦線正式開幕

 PHIが激しすぎる。常識的にフォールズ>サムですよね? PHIが支払う代償のほうが高いのは不思議だ。。。

 さて、超弩級のトレードが相次ぐ中、ウチは珍しく地味~なスタートとなりました。目立つ動きは、CHIのDTスティーブン・パエアを獲得したくらい。詳細は不明ですが、4年20ミリオンとのこと。ワタシは年6ミリオン以上を想定していたので、お安いんじゃないでしょうか。

 このほかの今日は動きは、バックアップSトレントン・ロビンソンと再契約したのみ。この選手、UFAだったことも忘れてました。

 ウチは初日からガンガン動くことで有名でしたが、新GMマクルーエンは慎重に動いている感じです。急遽、FA市場に出てきたCBブランドン・ブラウナーを狙っているというウワサもあります。マクルーエンはデカイ選手が好みなので、本気で狙いにいく気がします。ワタシはこの選手、反則が多くてあまり好きじゃないですが、CBはFA市場で最低誰か1人は取らないとお話しにならないので、適正価格ならウエルカムです。

 あと、個人的に気になっているのが、TBを放出されたOTアンソニー・コリンズ。RTはほぼ売り切れ状態なので、良さそうな選手が市場に出てきました。とにかく、バリューな選手をバリュー価格でゲットしていただきたいです。

 冒頭の話題に戻りますが、トレード内容からすると、PHIはマリオタをあきらめ、サムで行くってことですよね。STLは当然、フォールズで行くんでしょう。となると、万一、マリオタが落ちてきてトレードダウンできる状態になった時、取り引きしてくれそうなチームってまだあるんですかねー。CLEはまだジョニーをあきらめてないみたいだし、BUFは今年1巡ないし。そのまま5位で指名するシナリオが高くなってきましたかね。

DTパエアと合意間近 & FA選手売れ行き状況

 FA市場の正式解禁は明日ですが、3日間の事前交渉で有力選手は続々決まってますね。ウチはCHIのDTスティーブン・パエアとの合意間近だそうです。よく知らないのですが、去年6サックと好成績を残しており、いいんじゃないでしょうか。ウチが関心を持っているというウワサはDL選手がやたら多く、DL補強に力を入れている雰囲気です。DENのナイトンを狙っているウワサもあり、パエアでDL補強が終わる感じじゃないですね。

 さて、ワタシが希望していたSマッコーティーはNEと再契約、GイウパティはARIが有力だとか。残念。あとは速攻で欲しい選手は見当たらないので、これから玉突きリリースされる選手も含め、じっくり選んだらいいんじゃないでしょうか。実際、大物を狙っているウワサはほとんど出てきてないし。

 で、ワシントン・ポストに、ウチの要補強ポジションのFA選手の売れ行き具合(月曜日午後6時の時点)をまとめた記事が出ていました。もう古い情報もあるかもしれませんが、こんな感じです。

Safety
Devin McCourty (re-signing with Patriots)
Rahim Moore
Da’Norris Searcy
Kendrick Lewis
Louis Delmas
Mike Adams
Antrel Rolle
Marcus Gilchrist
Tyvon Branch (visited Washington, then Chiefs on Monday)

Cornerback
Darrelle Revis
Byron Maxwell (leaving Seahawks for Eagles)
Brandon Flowers (re-signing with Chargers)
Chris Culliver
Davon House
Walter Thurmond III
Tramon Williams
Kareem Jackson (re-signing with Texans)
Rashean Mathis

Tackle
Bryan Bulaga
Doug Free (re-signing with Cowboys)
Derek Newton (re-signing with Texans)
Joe Barksdale
Orlando Franklin (leaving Broncos for Chargers)
Jermey Parnell (leaving Cowboys for Jaguars)
Michael Oher (leaving Titans for Panthers)

Guard
Mike Iupati
Franklin
James Carpenter
Clint Boling
Justin Blalock
Todd Herremans (cut by Eagles, signing with Colts)

Outside linebacker
Jason Worilds
Brian Orakpo
Trent Cole
Pernell McPhee (leaving Ravens for Bears)
Brandon Graham (re-signing with Eagles)
Sean Weatherspoon (close to leaving Falcons for Cardinals)

Defensive line
Ndamukong Suh (leaving Lions for Dolphins)
Nick Fairley
Jared Odrick (leaving Dolphins for Jaguars)
Dan Williams
Vince Wilfork
Terrance Knighton
Stephen Paea (close to leaving Bears for Redskins)

 こうして見ると、FA市場でのRT補強はもう無理っぽいですね。Sは層が薄いせいか、これからって感じ。ウチはSDのMarcus Gilchristを狙っているというウワサです。

 前回のエントリで書いたTEポールの契約延長ですが、正確な金額は3年6ミリオン、保障2・25ミリオンだそうです。ワタシの評価額は「3年6~7ミリオン」と書きましたが、ピタリ賞でしたw

TEナイルズ・ポールと契約延長

 UFAになる予定だったTEナイルズ・ポールと契約延長しました。3年最大10ミリオン。インセンティブも含めての金額でしょうが、3番手TE&スペシャルチーマーとしては、高けーな、というのが率直な印象。ワタシの評価額は3年6~7ミリオン。スキンズのテレビ番組で「オレは生涯レッドスキンだ」と高揚してましたが、そりゃウレシイでしょーよ、こんだけ貰えれば。

 とはいえ、生え抜きドラフティーが再契約を勝ち取ってくれたことは素直にウレシイです。とりわけ目立った才能を持つ選手ではないため、引き留めるかどうは五分五分と思ってましたが、この金額はフロントが本気で引き留めを狙っていたのを示すものですね。こういう使い勝手の良い選手は貴重なんでしょう。

 あと今年のUFAで気になるのは、RBロイ・ヘルーですかね。好きな選手ですが、サヨナラになりそうな雰囲気。

もうすぐFA市場解禁

 PHIの動きが目まぐるしいですねー。チップ・ケリーが自分好みの選手を集めたいのは分かるけど、看板選手をあれだけばかすか放出してしまうと、ファンはキツイでしょうねー。

 マッコイとキコのトレードですが、ポーティス×チャンプ・ベイリートレードで失敗したスキンズファンとしては、勝者はPHIに見えちゃいます。でも、あの変態RBが地区内からいなくなることは率直にウレシイ。

 さて、FA市場の解禁日が近づいてきました。忙しくてあまりフォローできていないんですが、誰を狙っているか、いろんなウワサが飛び交っています。で、ワタシが獲得を希望するのはこの2人。

Sデヴィン・マッコーティ(NE)
Gマイク・イウパティ(SF)

 2人ともそのポジションではトップの選手でかなりお高くつきそう。年8ミリオンは超えちゃうだろーな。両方取るのは無理だろうかから、どちらか1人でもお願いしたいです。個人的にはマッコーティで。

 PHIのキャップ枠が40ミリオン以上とか、NYJが55ミリオンだとか、信じられないッス。こういうチームと金銭闘争して勝てるんですかねー。ちなみにウチのキャップスペースは25ミリオン。悪くないです。

 スーさんを狙っているというウワサもありますが、一体いくら払えばいいんですかね。年15ミリオンはいくでしょう。来てくれたらそりゃあウレシイけど、個人的には無理しないほうがいいと思います。DTのFAでは「ハ」で痛い目に遭ってますしー。

 一方、QBカズンズは残留の方向のようです。トレードに出しても、代わりの2番手を探すのが面倒だし、いいと思います。首脳陣はまだカズンズのポテンシャルを高く評価しているようです。カズンズ残留なら、コルトは2番手待遇をもらえそうな別のチームを探すことになりそう。
マカフィー・ストア