So-net無料ブログ作成

DLシャッフル

 DL陣に大きな動きがありました。

IN リッキー・ジーン=フランコイス 6-3/297
 契約内容は、3年9ミリオン、保障4ミリオン、インセンティブを入れると最大11.25ミリオンという内容。GMマクルーエンがSFのGM時代にドラフト7巡で指名した選手だそうです。2013年にコルツと4年22ミリオンの契約を結びましたが、キャップ対策でカットされていました。SFとSEAも獲得に動いていたそうです。今まで知らなかった選手なんで何とも言えませんが、DL陣は血の入れ替えが必要だと思っていたんで、いいんじゃないでしょうか。

OUT バリー・コーフィールド
OUT スティーブン・ボーウェン
 DL陣の高給取りを2人一気に切りました。2人の今季のキャップヒットは7.7ミリオンと8.02ミリオン。カットによりそれぞれ4.2ミリオン、5.52ミリオンセーブできました。

 2人ともシャナハン時代の2011年にFA加入しましたが、高いサラリーの割にはあまりパッとした活躍はしてくれませんでした(ボーウェンは特に)。2人とも市場価値よりサラリーがはるかに高いのは明らかで、ウチのFA補強下手の好例ともいえる存在だった気がします。コーフィールドはもう1年残すかとも思いましたが、マクルーエンは一気に切りましたね。いいと思います。

 これで残る主力DLはこんな顔触れ。

ジェイソン・ハッチャー
クリス・ベイカー
ケドリック・ゴルストン
フランク・カース
リッキー・ジーン=フランコイス(新加入)

 コーフィールドが抜けたので、最低でもNTを1人入れる必要がありますね。個人的にはドラフトでDLを1人は指名しておきたい気がします。FAになる2011年2巡のジャービス・ジェンキンスは、結局、開花しないまま、サヨナラになりそうな雰囲気。

 あと、RFAになるOTトム・コンプトンと再契約。契約内容は不明。