So-net無料ブログ作成
検索選択

スターターはRG3

 グルーデンが記者会見で "We’ll go into the season with Robert as the No. 1 guy obviously"と宣言しました。ある程度、競争の余地を残すのかと思っていたのですが、あっさり結論を出しました。

 昨シーズン、グルーデンはRG3と決別したい雰囲気をプンプン漂わせていただけに、何があったんですかね。RG3派のフロントの意向に従う以外に選択肢はなかったんでしょうねー。

 反RG3派のクリス・クーリーが数週間前に「スターターはRG3で決まり。ウチのフロントを考えたら、それ以外ないじゃん!」てなことを言っていましたが、ずばりその通りでした。

 RG3懐疑派のワタシとしてはちょっと微妙な展開ではありますが、早い段階でスターターを指名することで余計な雑音を封じたのは良かったと思います。「スターター争いはオープン」てなことを言ったら、長いオフがぐちゃぐちゃになり、チームに甚大なdistractionをもたらすところでした。

 ただ、スターターに指名したといっても、メディアも書いているように、実際はスターター確定というわけではないと思います。キャンプやプレシーズンの内容が悪ければ、スイッチする可能性は十分あるかと。本人もそれは分かっているでしょう。

 さて、興味深いのはカズンズの処遇。基本的にはトレード相手を探すことになるんでしょう。ウチ的にはバックアップとして残ってもらっても何の問題ないわけで、安売りする必要は全くないです。カズンズを指名した4巡以上は最低欲しいところ。3本目のQBを4巡で売るのかよ、と突っ込まれそうですが、QBが大不作の今年のFA市場なら需要と供給の関係上、4巡以上の買い手は見つかるとワタシは見ています。

 カズンズトレードならコルトが2番手、ドラフト下位で3番手を指名、そんな展開ですかねー。ただ、コルトは首のケガが不安材料。となると、カズンズキープのシナリオも十分あり得ます。
マカフィー・ストア