So-net無料ブログ作成

W3 惜しい!

 てつさん、JJ#66さん、 u-daiさん、レスできずすみません。 u-daiさん、日本でも観られるようになってよかったですね! u-daiさんの詳しい解説、とっても勉強になるので、またお願いしますね。

スキンズ 34―37 イーグルス

 久しぶりにぞくぞくする試合で、ずっとのどがカラカラでした。惜しかった! たらればを言ったらきりがないけど、キックリターンTDとFGミスがなければなあ。でも、PHI相手にあそこまでやれたことで、弱いチームではないことは分かり、気分は意外と前向きです。

ディフェンス
 マッコイ&スプロールズのランはほぼ完璧に抑えました。2人でなんと42ヤード! u-daiさんが書かれていたように、内にカットを切らせるよう両サイドからのコンテインがうまくいっていたように見えました。TEに対しても、常にILBキーナン・ロビンソンがマークし、これもうまく抑えていました。

 ここまではほぼ戦略通り。が、WR陣、特にスロットにセットしたレシーバーにやられまくりました。ILBペリー・ライリーやSメリウェザーがスロットのカバーにつくと、相手はスピードのミスマッチを突いて、スロットレシーバーを縦に走らせてロングゲイン、その繰り返しでした。相手QBはどこにミスマッチがあるか、瞬時に判断するんだろうなー。

 ランを封じ込め、TEも抑え、あとは相手WRとセカンダリーの一騎打ち、という展開に持ち込んだわけですが、結局、ここでボロ負けしてしまいました。PHIに勝つには、セカンダリーのレベルアップが絶対必要だと痛感。できればシャットダウンコーナーが欲しいっす。

 10サックを記録したJAX戦とは一転、サックゼロ。ウチのパスラッシュを警戒していて早め早めの判断をしていたと思いますが、PHIのオフェンスは基本的にラッシュが届く前にパスを投げるようにデザインされているんじゃないかと思いました。ホント嫌な相手だ~。

 前半終了間際のTDや3rd&ロングを更新されたり、勝負所でもう少し踏ん張れたら結果は変わっていたでしょうね。悔しい。

オフェンス
 試合を通して、スバラシイ内容でした。u-daiさんの言うとおり、ウチのレシーバー陣はミスマッチを作れるので、そこにカズンズが正確に投げ込み続けた、そんな感じでした。あそこまで正確に投げられたら大したもんです。

 常に相手ディフェンスに的を絞らせないプレーコールも秀逸。特に3rdダウンを淡々と更新していくデザインされたショートパスの数々に頼もしさを感じました。

 残念だったのは、終盤のカズンズのミス。INTは明らかに焦っているように見えました。7点ビハインドとはいえ、焦る時間帯じゃなかったのになあ。最後の4thダウンからのパスミスも、プレッシャーからコントロールがずれたように見えました。試合全体では十分すぎる内容だったけど、QBは勝ってこそナンボ。スターターの座をつかむには、ココ一番のドライブを決められるQBであることを証明する必要があるでしょうねー。

 デショーンは予想通りロングボムを1発やってくれました。それだけに勝ちたかった。それにしても、自分で勝手にFA移籍したわけじゃないのに、スタジアムのあのすさまじいブーイングはなんなんだ。

スペシャルチーム
 もういい加減、なんとかしてよ~。