So-net無料ブログ作成
検索選択

W3プレビュー デショーンのリベンジマッチ

 次は相手は@PHI。開幕2試合の相手とは次元が違います。ファンの心理は単純で、自滅したHOU戦後は全体1位を覚悟したんですが、爆勝したJAX戦後は「意外といけるんじゃね」と180度切り替わりました。なので、PHI相手でも今はポジティブな心理状態ですw

1、カズンズ
 JAX戦は出来過ぎだったのか、通常のパフォーマンスだったのか。本人も認めているように、グルーデンオフェンスとの相性はいいのは確かなので、それなりにやってくれるでしょう。RG3のような普通にやれるのかどうか心配、というストレスはないですw

2、デショーン
 JAX戦で肩を負傷し、今週はほとんど練習できていません。Q組ですが、絶対出てくるでしょう。PHIファンも待ち望んでいるだろうし。チップ・ケリーは放出の判断を批判されたくないだろうから、タイトにカバーしてくるはず。本調子でなくてもデコイとしてフィールドにいるだけでも大きな価値があります。本人がビッグプレーを決めてくれるのが一番ですけどね。デショーンのキャラを考えると、やってくれそうな雰囲気がプンプン。

3、DCハズレット
 去年は2試合ともチップ・ケリーに打ちのめされました。ある程度やられるのは仕方ないけど、無様な展開だけはもう勘弁。シャナハン時代と違い、グルーデンからディフェンスに関してほぼ全ての裁量権を与えられた今、DCとしての真価が問われる試合になります。

4、ILBロビンソン&Sメリウェザー
 守備陣のカギを握ると思うのがこの2人。去年は徹底的にミスマッチを突いてくるチップ・ケリーの戦術に完敗でした。守備陣はマッコイ&スプロールズの変態RBコンビを抑えることに重点を置かざるを得ないと思うのですが、同時にアーツ&セレクの強力TEコンビにやられないようケアする必要があります。この2つの役割を同時に担えるスピードとフィジカルを備えた選手は、ロビンソンとメリウェザーだけでしょう。メリウェザーは頭部ヒットすんなよ~。

5、CBホール
 個人的に心配なのがこの人。JAX戦でぶち抜かれて相手レシーバーがドロップしなければTDというシーンがあり、怖くなりました。PHIのRB・TE陣を頑張って抑えてもWR陣にやられたら意味がないので、とにかく全てを台無しにするようなビッグプレーだけはやめて~。