So-net無料ブログ作成
検索選択

W2 RG3負傷も初勝利!

 今日はてつさんとスポーツバーで観戦。今日のお店はここ。この店は初めてだったけど、料理はスポーツバーにしてはおいしいし、テレビモニターもまあまあ見やすかったです。だけど、すごい人混み。もう少し落ち着いて見られるなら、また来てもいいかな、という感じ。さて、試合結果は。。

スキンズ 41―10 ジャガーズ

 40点台なんて、何年ぶりだろ。とにかく開幕2連敗を避けられて何より。グルーデン、初勝利おめ。

QB交代
 ご存じの通り、RG3が試合序盤に足首を負傷。症状は脱臼で、どのくらい戦線離脱するのか分かりませんが、シーズンエンドもありそうな雰囲気。前回のエントリでRG3を走らせたらいいと書きましたが、最初のプレーがリードオプションからのRG3のラン。インコンプリートになったけど、惜しいディープパスも。調子は良さそうだったので、本当に残念でした。

 で、カズンズ青年がリリーフ登板したわけですが、引き継いだドライブでTDパスを投げ込むなど、スバラシイパフォーマンス。「あのパス、RG3だったら通せないよね~」と思うようなパスがいくつもありました。また、グルーデンもRG3だったら出せないけど、カズンズなら出せると思われるプレーコールも多く、試合を通じて采配が冴えわたっていました。

 それにしても、3rdダウンを含め、こんなにサクサクパスが通るなんて。相手守備が弱いのか、カズンズがいいのか、グルーデンのコールが良かったのか。RG3だったら、どうなっていたんだろう。RG3の将来、ちょっと怪しくなってきたかも。。。

デショーン負傷&脇役レシーバー陣の活躍
 RG3に続き、デショーンが肩を負傷し、そのまま試合には戻りませんでした。エースのガーソンも1キャッチに抑えらたんですが、WRロバーツ、グラント、TEポールら脇役レシーバー陣が大活躍。今年、一気に向上した層の厚さがモノをいいましたかね。

WRアンドレ・ロバーツ
 この選手、こんなにイイとは思わなかった。アリゾナでイマイチぽかったので、過小評価していました。レシーバーとしても、リターナーとしてもナイスプレーを連発。ランでも使われていたし、使い勝手のいいウェポンを手に入れました。

ディフェンス
 スバラシイの一言。フランチャイズ記録タイとなる10サック。試合を通じて相手OLを圧倒しました。まあ、工夫のない相手オフェンスに助けられた側面も大きいですけどねー。

 4サックを記録したケリガンがすごかったのは間違いないけど、やっぱりジェイソン・ハッチャーの加入が大きい。インサイドを崩してくれるとプレッシャーのかかり方が全然違う。

ポカ男の大ポカアゲイン
 ポカ男バカリ・ランボがまたやらかしました。ボールもカバーするレシーバーも見失い、フラフラしているうちにぶち抜かれ、そのまま63ヤードTDを献上。もう完全にビッグプレー献上マシーンと化しています。せっかくイイ気分で見ていたのに、一時はかなり嫌な展開になりました。さすがにその後は、引っ込められていました。もう使わなくていいよ~。

グルーデン
 とにかく初勝利おめ。これで自信がついたでしょう。プレーコールが多彩な上、脇役レシーバーやFBヤングの使い方が絶妙。こんなに気持ちいいオフェンスを見たのは本当に久しぶりで、グルーデンやるじゃんって思いました。開幕戦でグルーデンへの信頼が揺らいでいただけに、本当に大きな1勝です。

 気懸かりなのは、RG3の将来がどうなるかですねー。4年契約は来年まで残っており、またオプションでプラス1年伸ばせるので、RG3がフランチャイズQBという方向性は変わらないと思いますが、ポケットパサーとしての大事なシーズンをロスする損失は限りなくでかいです。