So-net無料ブログ作成

目指せ8勝! & W1プレビュー

 SEA強すぎ~。ウチのチームとの次元が違いすぎて、見ていて気分が悪くなりました。。。

 で、スキンズももうすぐ開幕戦。毎年、この時期は根拠のない淡い期待感があるんですが、今年は一切無いです。プレシーズンであまりにgdgdなRG3を見せられたのが響いています。RG3があのままだったら間違いなく全体1位まっしぐらなんで。まあ、ここまできたら、プレ3戦目がボトムだと考え、あれ以上悪くはならないと思い込むしかないですねー。

 ワタシの今年の目標は8勝。3勝チームなんで半分勝てたら上出来でしょう。少しでも「プ」争いに絡めたらもう万々歳。ディフェンスは去年よりは期待できそうだし、オフェンスもデショーンの加入と2年目TEジョーダン・リードの台頭でタレントレベルが向上し、2~3勝は上積みできるかと。さらに2~3勝上積みして、8勝までたどり着くには、RG3がシーズンを通して安定したプレーをすることが最低条件になると見ています。

 それ以上勝つには、RG3がプロボウル級の活躍をすることが必要でしょうねー。今のRG3がプロボウル級のプレーをする姿が全くイメージできないので、やっぱり8勝が現実的なMAXラインかなあと。

 さて、W1の相手はHOU。プレビューをば。

1、RG3
 やっぱりすべてはこの人の出来次第。数日前に「修正すべき点は修正したぜ」とかなんとか言っていたけど、プレシーズンのプレーっぷりを見る限り、数回の練習で修正できるレベルとは思えないけどなあ。

 とにかく望むのは、落ち着いてプレーして欲しい、それだけ。プレシーズンでは、ポケット内での動きがドタバタで、ボールを持ちすぎだったり、逆に見切りが早すぎたり、全く自分のリズムでプレーできていませんでした。今思うと、ルーキーイヤーのルーキーとは思えない落ち着きぶりが懐かしいなあ。

2、グルーデン
 HCとして初の公式戦。記者会見で「すっげえ緊張している」と言っており、本番でテンパらないでプレーコールを出せるかどうか。RG3の持ち味を生かしたプレーを用意しているはずなんで、巧みなプレーコールでオフェンスにリズムを作ってあげてほしいですねー。あと、ガーソン、デショーン、リードのスピードを生かしたプレーもどんどんコールしてほしいです。

 昨日のSEA戦を見て、相手守備陣に的を絞らせない巧みなプレーコールにしびれました。何と言っても、パーシー・ハービンの使い方が絶妙。また、最初のTDパス、リードオプションと見せかけて相手CBを引き寄せ、レシーバーをフリーにしたプレーは絶句でした。CBが引っ掛かりすぎたとは思うけど、あのプレーはウチも取り入れて欲しいです。

3、ワット&クラウニー
 この怪物パスラッシャーコンビをどう抑えるか。コワイ、コワイ。左サイドはトレントがいるので、クラウニーは基本的になんとかなんじゃないかと。クラウニーは脳震盪明けらしいし。問題は右サイド。RTポルンバスとワットのマッチアップはあまりに分が悪いので、TEポールセンを付けてダブルチームで対応するんじゃないかと。

 RG3はあまり意識しすぎてもいけないけど、早め早めの判断が必須。プレシーズンのようなボールの持ちすぎは命取りです。

4、パスラッシュ
 プレシーズンで足首を捻挫したOLBオラクポはQ組ですが、出場できる見通し。シャナハンの縛りから解放されたDCハズレットがどのようなコールをするのか興味津々。個人的には試合を通じて、かなりアグレッシブにブリッツを入れると予想しています。セカンダリーの弱さはどうにもならないので、アグレッシブにいくしかないんですけどね。DEジェイソン・ハッチャーのFA加入でインサイドのプレッシャーがどれだけ向上するのか、ドラ2OLBトレント・マーフィーはどんな使われ方をするのか、楽しみです。

5、SSバカリ・ランボ
 2試合出場停止のSSメリウェザーの代役はこの男。ミスタックル連発のポカ男というイメージしかないんだけど、今年は首脳陣の期待を裏切らないでほしい。元々はFSだけど、オープンフィールドでのタックルが無茶苦茶下手なので、ボックス内でプレーするSSのほうが合っている気がします。

6、フィッツパトリック
 相手QBはこの人。いきなりマレットを使ってくるのかとも思いましたが、さすがに無理でしたかね。BUF時代、フィッツパトリック相手に0-23で負けた苦い経験があります。ただ、彼にとってこの試合がキャリアピークで、その後は下る一方というイメージがあり、そんなに怖さはないです。HOUのレシーバー陣は強力で要警戒ですが、QBにプレッシャーを掛け続けることができれば、そんなに大やけどはしないと見ているのですが。甘いですかねー。