So-net無料ブログ作成
検索選択

LBアキーム・ジョーダンと契約

 前KCのLBアキーム・ジョーダンと契約しました。契約内容は不明。PHIで6年、KCで1年のキャリアがあります。基本的にバックアップだったようですが、スタッツを見ると、先発の試合も結構多いです。ちなみに地元バージニア出身。

 ILBの獲得は、アダム・ヘイワード(前TB)、ダリル・シャープトン(前HOU)に続き3人目。3人とも格安サラリー(たぶん)。今のフロントはILBに多くのリソースを割くつもりがないことがよ~く分かりました。ワタシはドラフト2巡で大先生の後継者を指名するだろうと予想してましたが、この調子だと指名しても4巡以下でしょうね。

 格安ベテラン3人組にスターターの座を競わせると同時に、STを強化したいというフロントの意志が伝わってきます。3人とも優秀なスペシャルチーマーという評判。去年はSTの中心と期待していたブライアン・キールとキーナン・ロビンソンがIR入り。また、キャンプ中に獲得した大ベテランのニック・バーネットは、スペシャルチーマーのタイプではありませんでした。シャナハンのST軽視が大惨事を招いたのは明らかであり、今のフロントはその反動でスペシャルチーマーをかき集めている印象を受けます。

 地味な補強ですけど、ST重視の方向性はイイと思います。ILBにタレントがいなさすぎることに一抹の不安を感じますけど。できれば、セカンダリーにもバップアップ兼スペシャルなスペシャルチーマーが欲しいところです。


 一方、獲得しようとしていたお得意のTB物件、OTドナルド・ペンはOAK入り。ポルンバスに代わるRT候補だったわけですが、30歳のベテランなんで無理して獲らなくていいんじゃね、と思っていたので、スルーされて良かったです。

 あとは、C Brian De La Puente(前NO)とGマイク・マクグリン(前IND)がスキンズ訪問予定。フロントがOLを何とかしたいと思っているのは好印象。