So-net無料ブログ作成

来季の体制を考える

 シャナハンの去就をめぐり、生臭い話が次から次へと飛びだしてきて、フロント内で一体何が起きているのか、何が本当の話なのか、さっぱり分かりません。メディアの記事も、チーム関係者から得た伝聞情報に自分の空想を付け加えて書いている節があり、騒動を意図的に煽っている印象すら受けます。

 今日なんかは、RG3の親父さんが、次期HCにベイラー大のArt Brilesを起用するようロビー活動している、なんてトンデモ情報が出てきました。息子のケガが心配でロッカールームまで入ってきた過保護な親父さんでも、さすがにそこまではしないでしょーよー。チームもこの情報を否定してます。

 どの情報が正しのか間違っているのか、何も分からない状況なんですが、来季の体制はどうあってほしいか、ワタシの希望を書きたいと思います。

 ワタシの大前提は、RG3がフランチャイズQBである、ということ。RG3に過度に配慮するのは良くないですが、それでもRG3が気持ちよくプレーできる環境をつくることを第一に考えるべきだと思います。

 シャナハンとRG3の関係悪化が指摘されてますが、修復可能なレベルであるなら、シャナハン続投でも異論はありません。ただ、いろいろな記事を読む限り(どこまで本当か分かりませんけど)、修復不能なレベルに到達している印象を受けます。特に、スターターをカズンズにスイッチしたことについて、RG3はシャナハンが自己保身のために自分を利用したと受け止めているようです。

 これが本当なら、オフェンスの戦術的な食い違いという次元を超え、完全に信頼関係が崩壊していることになります。このような状況でシャナハンが続投しても、うまくいくはずがありません。カイルをクビにするなど小手先の改革をしたとしても。

 ということで結論なんですが、ワタシが望むのは「レジーム・チェンジ」。新しいHCを雇って、新体制で再出発するしかないと考えます。(数週間前まで続投を支持していたワタシがいうのもなんなんですが。あれから状況が劇的に変わったということで許して下さい)

 来季の体制を決める権限を持つダニエルですが、未払いのサラリー支払いを渋っているらしく、デッドマネーを出さないためにシャナハン続投でも構わないと思っている節があります。そんなくだらないことでチームの将来を決めないでほしい。あんた大富豪なんだから、こんな大事なところでケチんなよ。チームはオーナーの私物じゃない、ファンの公共財だ!