So-net無料ブログ作成

次はランボーフィールド

 アグリーな試合から一転、気を取り直していこう!、といきたいところですが、次の相手はランボーフィールドでGB戦。開幕戦にいきなり未体験のチップ・ケリー・オフェンスとの対戦でしたし、今年はスケジュール的についていない気がするんですけど。。。

 さて、GBに勝てますかねぇ。相手も開幕戦を落としているので、マストウィンで臨んでくるでしょう。勝ち負けはともかく、とりあえずは最低限、ミスの少ない引き締まった試合にしてほしいところ。相手がどうこうというより、まずは自分たちのプレーができるかどうか、ですね。アグリーな試合をズルズル繰り返すか、ランボーフィールドでも自分たちのプレーをする精神的タフさがあるのか、今シーズンの分岐点となる試合だと感じます。

1、RG3
 故障明けとはいえ、2試合続けて地に足がつかないプレーは許されないです。開幕戦復帰を志願したのは本人ですし。開幕戦の後半序盤までコントロールミスが多かったですが、ひざをかばうあまりしっかり踏み込めない、焦って投げ込んでしまう、という印象を受けました。てつさんが書いていたように、開幕戦で散々ヒットを受けたので開き直って思い切りを取り戻して欲しいです。

2、RBモリス
 RG3とともにこの人がカギ。もともとファンブルが比較的多い選手ですが、開幕戦のファーストタッチでファンブルをやらかしてしまったのは、精神的に重くのしかかっているはず。それでも、モリスのランが出ないことには、オフェンスが成り立たないです。

3、タックル
 個々の身体能力が高いPHIオフェンスとはいえ、ウチのディフェンス陣のタックルの甘さは否めません。やっぱり気になるのがランボ。PHI戦は及第点だったと思うけど、オープンフィールドでは相変わらずタックルに入るタイミング、角度ともに未熟さを露呈。これ、経験を積んで直る問題なんですかねえ。

4、メリウェザー
 インジャリーレポートではプロバブルなので、いけそうです。開幕戦のアグリーな守備陣を思うと、彼に期待するしかないというのが正直なところ。たまには、これぞセーフティーというような一発で確実に仕留めるハードヒットを見せておくれ。

5、キッカー
 Kフォーバスが足を痛めているみたいで、クエスチョナブル。土曜日に最終判断するようです。もしダメなら、キャンプに参加していたジョン・ポッターを入れる見通し。その場合、代わりに誰をリリースすんですかね? やっぱパット・ホワイト?

iStockPhoto