So-net無料ブログ作成

プレ最終戦&開幕ロスター予想3.0

レッドスキンズ 30―12 バッカニアーズ

 プレシーズン4戦全勝。なんなんだこの強さは。あまりに順調すぎて、落とし穴がありそうでコワイ。。。

 5巡ルーキーのRBトンプソンがPRでTD。ものすごいスピードとクイックネス。オープンフィールドになったらなかなか止まらないでしょうねー。ファンブル癖があるので、しばらくはリターンスペシャリストに特化したほうがいいんじゃないですかね。

 2巡ルーキーのCBアマーソンはINTを記録。相手QBの投げミスとはいえ、ものすごい反射神経。カレッジ時代、シーズン13INTはダテじゃないことを実感。

 FSランボも試合を経るごとに、タックルに安定感が増しているような。今年のドラフトは1巡指名権がなかったけど、かなりいい選手が獲れましたねー。フロントGJ。

 前回のエントリで開幕スターターはカズンズ濃厚と書いたんですが、その翌日からRG3がスターターというニュースが出始めました。執刀医のアンドリュース博士もゴーサインを出しました。すいません、まぎらわしくて。ただ、個人的には今でもカズンズでいいと思ってます。

 で、開幕ロスター予想の最終版をば。赤字は新たに入れた選手。

オフェンス(26)
QB(3) RG3、カズンズ、グロスマン
RB・FB(5) モリス、ヘルー、ヤング、トンプソン、ロイスター
WR(5) ガーソン、モーガン、モス、ハンカーソン、ロビンソン
TE(4) デービス、ポールセン、ポール、リード
OL(9) トレント、リクテンスタイガー、モンゴメリー、チェスター、ポルンバス、コンプトン、レリベウス、ゲティス、パショス

 プレ最終戦を見る限り、やっぱりロイスターのリリースするのは惜しいと痛感。スペシャルチーマーとして活躍できるキーランド・ウィリアムスにするか迷ったけど、ロイスターで。

ディフェンス(24)
DL(6) コーフィールド、ニールド、ボーウェン、ベイカー、ゴルストン、メーリング (Jジェンキンスは4試合アウト)
OLB(4) オラクポ、ケリガン、Bジェンキンス、タップ (ジャクソンは4試合アウト)
ILB(4) フレッチャー、ライリー、バーネット、キール、ウィル・コンプトン
CB(5) ホール、ウィルソン、ビガーズ、アマーソン、クロフォード、ミニフィールド
S(5) メリウェザー、ダウティー、ランボ、ゴームズ、ピュー

 プレ最終戦では新加入のバーネットが初登場。開幕戦には十分出られそうなので、コンプトンをわざわざ入れる必要はないかと。PSで十分キープできるでしょう。

第一次ロスターカット&開幕ロスター予想2.0

 第一次ロスターカットで75人になりました。カットされたビッグネームは、WRストールワースとTトゥルーブラッド。もともとロスターに残れる可能性は低かったので、サプライズではないです。ストールワースは主力に怪我人が出た時の保険でしたが、すんなりリリースされたということは、主力が好調というウレシイ証拠。

 QBカズンズがW1に出られるというニュースが出ています。まるで、開幕戦はカズンズがスターターであるかのような報じ方。カズンズ先発の流れが強まっていますねー。しかも、プレ最終戦ではグロスマンも緊急事態以外では出さないらしい。グロスマンは2番手と位置付けている証拠であり、RG3は開幕戦に出さないことはもう確定ですかね。

 前回とあんまり変わらないんですが、開幕ロスター予想の第2弾。赤字が前回の予想になかった選手。

オフェンス(25)
QB(3) RG3、カズンズ、グロスマン
RB・FB(4) モリス、ヘルー、ロイスター、ヤング、トンプソン
WR(5) ガーソン、モーガン、モス、ハンカーソン、ロビンソン
TE(4) デービス、ポールセン、ポール、リード
OL(9) トレント、リクテンスタイガー、モンゴメリー、チェスター、ポルンバス、コンプトン、レリベウス、ゲティス、パショス

 プレ第3戦でいいパフォーマンスを見せたトンプソンを入れました。シーズンエンドになったCBクロフォードに代わるPRとしてWRドーソンを入れることも考えましたが、PSで十分キープできるかと。

ディフェンス(25)
DL(6) コーフィールド、ニールド、ボーウェン、ベイカー、ゴルストン、メーリング (Jジェンキンスは4試合アウト)
OLB(4) オラクポ、ケリガン、Bジェンキンス、タップ (ジャクソンは4試合アウト)
ILB(5) フレッチャー、ライリー、バーネット、キール、ウィル・コンプトン
CB(5) ホール、ウィルソン、ビガーズ、アマーソン、クロフォード、ミニフィールド
S(5) メリウェザー、ダウティー、ランボ、ゴームズ、ピュー

 バーネットがケガで出遅れているILBの層を厚くするため、ドラフト外ルーキーのコンプトンを入れました。プレシーズンではセカンドチームで出ていたんじゃないかな。個人的にいい動きをしているように見えました。230ポンドとサイズ不足ですが、スペシャルチーマーとしては役立つと思います。

プレ3戦目

レッドスキンズ 30―7 ビルズ

 プレ3戦目といえば本番モードですが、両チームともエースQB不在でグロスマン対コッブというなんなんだこれはという対決。本当はマニュエルのハイテンポオフェンスをイーグルスオフェンスと見立てて対戦したかったんですけどねー。

 コッブがすぐに引っ込んだのはなぜだろうと思ってたんですが、脳震盪の症状が出てたんですか。まさにコッブクオリティーの炸裂。この人の持ってない感はハンパじゃないですねー(カネはしっかり稼いでいるけど)。

オフェンス
 ファーストチームが出ていた2ドライブはTD&FGと、イイカンジで仕上がっている印象を受けました。グロスマンはまずまず。危ないパスがひとつありましたが。ローカルニュースで「グロスマンはリーグ最高の第3QBだ」と言っていたのには笑えましたw 確かにそーかも。

 RBヘルーの復調は頼もしい限り。ランだけでなく、3rdダウンでもいいレシーブがありましたし、ヘルーは今年の攻撃陣のウェポンになりそう。

 5巡ルーキーRBトンプソンのスピードは予想以上。ただ、ゾーンブロッキングシステムに慣れていないのか、カットを切るタイミングが全般的に早すぎて、ルートが空いていないのに無理に突っ込んでいる印象を受けました。もう少し粘ってからカットを切れば、もっとゲインできるんじゃないかなあ。ここらへんが格段にうまいモリスはさすがだなあと改めて実感。あと、2試合連続のファンブル。ちょっと危険だなあ。

 トンプソンはリターナーとしても使えることが判明。あの爆発的なリターンは間違いなく武器になりそう。出番のなかったロイスターの代わりに開幕ロスターは確定ですかね。

 3巡ルーキーTEリードも良かった。どんどんコンディションが上がっている印象を受けました。今日はスラント系が多かった気がしたけど、いろんな使い方ができそうな選手で楽しみ。

 7巡ルーキーのRBジェイミソンは出番なし。PSでキープするためにわざと試合に出さず、活躍させないようにしてるんですかね?

ディフェンス
 BUFオフェンスがグズグズすぎたけど、ほぼ完璧の内容。喪失ヤードはなんと155。唯一の失点も反則がなければ3rd&アウトで終わっていたので、完封に近いです。

 2試合連続でオープンフィールドでのランに無力だったFSランボは、今日は無難にプレー。

 CBクロフォードがPRの際にヒザの靱帯断裂でシーズンエンド。痛い、痛い、痛い。トーマスといい、どうしてこう脆弱なDBから怪我人が出るんだか。


 攻守ともにかなり早い時間帯にファーストチームを引っ込めていました。怪我人を増やしたくないということなんでしょうね。

 プレシーズンとはいえ、3戦全勝。コーチ陣もシステムも主力選手も変わっていないため、仕上がりが早いのかなと思った次第です。レギュラーシーズンもこんなにサクサク勝てたらいいんですけどねー。

開幕ロスター予想1.0

 カズンズはMRIの結果、靱帯などの損傷は見当たらず、開幕戦までには間に合うとのことです。ああ、良かった、良かった。WRハンカーソンとロビンソンの症状は出てこないので、重傷ではないと思われます。

 さて、プレシーズン2戦目が終わった現時点での開幕ロスター予想をしてみたいと思います。赤字がルーキー、青字がFA加入選手。

オフェンス(25)
QB(3) RG3、カズンズ、グロスマン
RB・FB(4) モリス、ヘルー、ロイスター、ヤング
WR(5) ガーソン、モーガン、モス、ハンカーソン、ロビンソン
TE(4) デービス、ポールセン、ポール、リード
OL(9) トレント、リクテンスタイガー、モンゴメリー、チェスター、ポルンバス、コンプトン、レリベウス、ゲティス、パショス

 第3QBはやっぱグロスマンですかね。ホワイトのモビリティーは捨てがたいけど、RG3とカズンズのコンディションを考えると、ここはベテランを置いておきたいところ。

 RBはルーキーコンビの出番が少なすぎて実力を評価しようがないです。残り2試合で相当いいプレーを見せないと厳しそう。

ディフェンス(25)
DL(6) コーフィールド、ニールド、ボーウェン、ベイカー、ゴルストン、メーリング (Jジェンキンスは4試合アウト)
OLB(4) オラクポ、ケリガン、Bジェンキンスタップ (ジャクソンは4試合アウト)
ILB(4) フレッチャー、ライリー、バーネット、キール
CB(6) ホール、ウィルソン、ビガーズアマーソン、クロフォード、ミニフィールド
S(5) メリウェザー、ダウティー、ランボ、ゴームズ、ピュー

 セカンダリー11人は多い気もするけど、ミニフィールドはPSじゃキープできないだろうし、メリウェザーのコンディションを考えると、しばらくはSを5人置いておきたいところ。

スペシャルチーム(3)
Kフォーバス、Pロッカ、LSサンドバーグ


プレ2戦目

レッドスキンズ 24―13 スティーラーズ

 内容はまずまずだったと思うけど、ファーストチームに続出した怪我人が心配。。。

 カズンズが負傷したというミッドフットというのはどこらあたりですかね。かかと付近かな。レントゲンでは骨折はしてないらしく、今のところ捻挫という診断。捻挫という話だったのに重傷だったフィリップ・トーマスの例があるので安心はできないです。カズンズアウトでRG3が開幕から強行出場を強いられるというシナリオだけは勘弁。。。

 NTコーフィールドは手を負傷。小さなひびが入ったらしいですが、ギプスをしながら試合には出られるだろうとのこと。ハンカーソン(ひざ)、ロビンソン(太もも)の両レシーバーの症状はまだ情報が入ってきてません。ああ心配だ。。。

 さて試合内容ですが、攻守ともにファーストチームが前半を担当。特にディフェンスがかなり仕上がってきている印象を受けました。特にケリガンのビーストっぷりは頼もしい限り。この調子なら2ケタサックは固いんじゃないですかね。注目していた新人OLBジェンキンスもいいプレッシャーかけてたし、FA加入のタップもまずまず。OLBのデプスがペラっペラだった去年に比べると随分良くなったような。

 オフェンスはあんまよく分からなかったです。カズンズの負傷離脱で何を焦点にして見たらいいのか分かんなくなりました。ファーストチームはラン主体で攻めていた序盤はストラグルしてましたが、パス主体に切り替えてから進むようになり、グロスマンでも2Qはサクサク進んだんで悪くはないのかな。

 ただ、RTポルンバスはヤバイっすね。あっさりぶち抜かれるわ、ホールディングするわ。今年もRTは頭痛の種になりそう。嗚呼、ウィンストン。。。

 今日のRBはなぜかキーランド・ウィリアムスが中心。注目のルーキーコンビはトンプソンが3キャリー14ヤード、ジェイミソンが5キャリー20ヤード。もっと見たかったなあ。う~ん消化不良。ルーキーコンビはキーランドより下の位置付けなんですかね。

 オフェンスのセカンドチーム以下で目立ったのは・・・思いつかない。とりあえず、3巡のTEジョーダン・リードがデビューして1つレシーブを決めたことくらいかな、良かったのは。

 ディフェンスのセカンドチーム以下は、DL陣が良く見えました。あと、CBクロフォードの動きが軽快で、オールモストINTがありました。

 プレ3戦目は24日。プレシーズンに中4日ってどういうスケジュールなんだ。

最近のニュース&プレ2戦目の見どころ

最近のニュース
 Sフィリップ・トーマスがシーズンエンド。が~ん! ただでさえ、ウチのSはリーグ最弱の布陣なのに、期待のルーキーを失うとは。ウチの3-4は能力の高いSSを置けるかがキモだと思うんですよねー。あとはACL明けのメリウェザーの復調に期待する以外、どうしようもないです。嗚呼。

 ロスターに少し動きがありました。WRヘンダーソンをリリース。ILBのデプスを厚くするためにQuan Sturdivantという選手を加えています。

 DCハズレットがチップ・ケリー研究でオレゴン大の映像をひたすら見ているそうです。個人的にもチップ・ケリー対策が今季のカギだと思っていたので、研究熱心なのはいいことですが、あの人の能力で対処できるのだろうか。。。

プレ2戦目の見どころ

1、QBカズンズ
 TEN戦では完璧でしたが、次はPITが相手。本気モードに入りつつあるPITディフェンス相手にそこそこやれたら、本物じゃないですかね。前の試合とは比べものにならないほどプレッシャーがかかると思うので、その中でどこまでやれるか。

2、ルーキーRBコンビ
 トンプソンとジェイミソンのルーキーRBコンビがいよいよ登場。プレ1戦目はヘルーとロイスターが中心的に起用されたので、2戦目はルーキーコンビが中心になるようです。シャナハンはまとまってキャリーさせないとRBの実力は見極められないと考えているようで、プレ初戦に出番がなかったのはそのためのようです。

 ヘルーとロイスターがいいアピールをしたので、ルーキーコンビは早くも崖っぷち。崖っぷちコンビがどこまでやるか、この試合一番の楽しみ。

3、FBランボ
 TEN戦ではCJ2Kの前に無力だったランボ。いい経験を積んだと思うので、今回は安定したプレーを見せてくれるんじゃないかと。

4、OLBジェンキンス
 5巡ルーキーのブランドン・ジェンキンスがイイというウワサ。TEN戦でもアナリストは高評価を与えていました。ニッケルのシチュエーションではファーストチームで起用されているらしいです。ワタシはTEN戦でジェンキンスの存在すら確認できなかったので、今度はちゃんとチェックしますw

5、CBミニフィールド
 土曜日付のワシントン・ポストに、ミニフィールドを評価する記事が出ていました。来季以降のことを考えても、ミニフィールドの成長は重要。頑張れ。

RG3の憂鬱

 RG3が月曜日の記者会見で、ヒザの回復が順調にもかかわらず、練習をセーブし、プレシーズンを休ませるシャナハンのプランに強い不満を示しました。優等生のRG3にしては、ちょっとドキッとする発言でした。

 RG3には無理して欲しくないですが、RG3の言い分も分かる気がします。W1を目標にしているなら、ぶっつけ本番よりもプレシーズンに少しでも出て実戦感覚をつかみたいと思うのは当然かなあと。

 それでも、やっぱり、ケガの再発リスクを回避するために、練習をセーブし、プレシーズンを回避するシャナハンの判断を支持します。シャナハンとしてもRG3をもう一度壊したらHCとしてのキャリアは終わりという怖さがあるんじゃないですかね。

 RG3とシャナハンの溝は、W1に対する考え方の違いがあるんじゃないかという気がしています。RG3は記者会見で“There’s no doubt I’m playing Week 1”と語ったように、W1に先発出場するのが既定路線という意識なんだろうと思います。一方のシャナハンはそこまで断定的に決めてはないんじゃないかと。むしろ、最初の数試合はカズンズでいっても構わないという思いがあるんじゃないかと。

 ワタシも最初の2~4試合はカズンズでいったほうがいいと思っています。RG3のプレースタイルで、しかも故障明けで16試合フルに出場できるとはとても想像できないんで。

 ただ、W1に出られないとなったらRG3がショックを受け、シャナハンとの確執がやばいことになりそうで、それまたコワイ。ただ、RG3には自分だけの体ではないことを理解してもらって我慢してもらいたいところです。

 あと、どうでもいいんですが、半沢直樹、面白いっすね~。

プレシーズン初戦

スキンズ 22―21 タイタンズ

 久しぶりのスキンズ戦。やっぱ楽しいっすねー。

QB
 注目のカズンズは完璧。6/7、52ヤード、1TD。わずか2ドライブで判断しちゃいけないでしょうが、これはもうスタータークラス。去年に比べて判断力が随分向上したように見えました。

 全く眼中に入っていなかったホワイトが思いのほか良かったw TDドライブ&逆転2ポイントコンバージョンはスバラシかった。足があるからリードオプションが使えるというのが彼の魅力。ホワイトがロスターに食い込むなんて想像もしてなかったんですが、モタモタグロスマンを抜いて第3QBの座をゲットするかも。

 RG3が試合に出ないのにユニホーム姿だったのにはちょっと驚きました。左手にはグローブもはめてたし、いつでも試合に出られるような雰囲気でした。あれはモチベーションを高めるためなんですかねー。

RB
 エースのモリスがお休みで、ヘルーがスターター。いいランがいくつかったし、キレが戻ってきた印象を受けました。楽しみにしていたルーキーコンビは出番なし。ひざに不安を抱えるトンプソンはしょうがないとしても、ジェイミソンは一体どうしたんですかね。

WR
 注目していたハンカーソン、ロビンソンはともにまずまず。ただ、ロビンソンのど派手なドロップはまずいっすね、あれ。ロスター当落線上のレシーバーでは、ランス・ルイスがなかなか良さそうな感じ。ブリスコーは相変わらず、ドロップが。。。これはもうダメかも。

若手DB陣
 予想通りルーキートリオが先発。中でも、CBアマーソンは使える。コイツは使える。現在のCB陣で最も才能のある選手といわれてましたが、納得。全ての動きからセンスを感じます。ケニー・ブリット相手にピッタリマークしてましたし、ランサポートもうまかったです。

 FSランボはプロの洗礼というべきか。クリス・ジョンソンの60ヤードTDランでは、タックルに入る角度、タイミングが最悪だったような。相手がジョンソンだったのでやむを得ないところもありますが、最後の砦のFSがあれではちょっとまずいですね。

 SSトーマスは負傷。重傷でないことを祈るのみ。CBミニフィールドは意外に良かったです。ロスター確保へいいアピールになったかも。

ファウル
 ムダな反則が相変わらず多すぎ。改善されていないことに不安を覚えました。


 KC1、ホワイト、ヘルー、アマーソン、ミニフィールドと全体的に収穫の多い試合だったと思います。ただ、ファーストチームが1QにビッグTDランを2発許したのが気になりますね。DLの弱さでもあるでしょうし、Sのサポートの悪さでもあるし。レギュラーシーズンじゃこんなの許されないです。いい教訓だと思って、しっかり対策を練って欲しいです。

プレシーズン初戦の見どころ

 いよいよ明日(木曜日)、プレシーズン初戦となる@TEN戦。長い長いオフもやっと終わるのかと思うとなんか感慨無量です。初戦なんで「ケガなく適当にやってよ」という感覚ですが、一応、見どころと思う点をいくつか。

KC1
 RG3はプレシーズンはスルーするので、QB陣の注目はこの人だけ。個人的には、RG3が16試合フル出場できるとはとても思えないので、カズンズの出来はちょいと気になります。去年は無茶投げのシーンが結構多かったので、プレッシャーが掛かっても落ち着いてパスを出せるようになったか、チェックしようと思います。もう一人のRG3とパット・ホワイトの第3QB争いは、全く興味ナシw

RBヘルー、ルーキーコンビ
 故障明けのヘルーはコンディションがいいというウワサなので、どこまでキレが回復しているか。今年のオフェンスのカギを握る選手だと思います。

 一方、キャンプではさっぱりいい評判を聞かなかったトンプソン、ジェイミソンのルーキーコンビ。それでも実戦場面を見るのは初めてなのでちょいと楽しみ。ヒザに不安を抱えるトンプソンは出ないかもしれませんが。

WRハンカーソン、ロビンソン
 生え抜きWRコンビももう3年目。そろそろブレークイヤーにしないと後がないです。プレシーズンからアピールしておかないと本番の出場機会にも響きそう。ロスター確定でも、この2人は本気モードでしょうから、要チェックです。

セカンダリー
 Sはメリウェザーが休むらしいので、ランボとトーマスのルーキーコンビがいきなりスターターを務める見通し。CBもホールが出場しないので、2巡のアマーソンがスターターかも。DB4人のうち3人がルーキー!? 喜んでいいんですかね。あと、実質ルーキーのミニフィールドにも頑張ってもらいたいです。ということで、ディフェンスはDB陣を中心に追っていこうかなと思ってます。

デプスチャート

 今年初のデプスチャートが発表されました。22ポジション中、21が去年のスターターと、サプライズはほぼ皆無。継続性を重視した布陣と見るべきか、キツキツのサラリーキャップで補強に動けなかっただけと見るべきか。

オフェンス
WR ①ガーソン②ロビンソン③ ストールワース④ヘンダーソン、スカイ・ドーソン、チップ・リーブス
LT ①トレント②コンプトン③ニクソン
LG ①リクテンスタイガー②レリベウス
C  ①モンゴメリー②ケビン・マシューズ③テビタ・スティーブンス
RG ①チェスター②ゲティス③ハート
RT ①ポルンバス②パショス③トゥルーブラッド
TE ①デービス②ポールセン③ポール④リード、Emmanuel Ogbuehi
WR ①モーガン②ハンカーソン③モス④ブリスコー、ランス・ルイス、ニック・ウィリアムス
QB ①RG3②KC1③RG3④ホワイト
FB ①ヤング②エリック・ケタニ
RB ①モリス②ヘルー③ロイスター④キーランド・ウィリアムス、トンプソン、ジェイミソン

 2年目のコンプトンは左サイドなんですね。RT先発争いに加わるかと思ったんですが。
 RB陣ではヘルーがセカンドチーム。あまり情報は出てきませんが、コンディションはいいようです。トンプソン、ジェイミソンの新人コンビは、ほとんど情報ナシ。キャンプであまり目立ってないようです。故障明けのトンプソンはヒザの調子が良くないみたいで、今年はダメかな。

ディフェンス
LDE ①ジェンキンス②ベイカー③ドミニク・ハミルトン
NT  ①コーフィールド②ニールド③ロン・ブライス④Chigbo Anunoby
RDE ①ボーウェン②ゴルストン③メーリング
LOLB①ケリガン②タップ③ブランドン・ジェンキンス④リッキー・エルモア
ILB ①大先生②マッケルロイ③ウィル・コンプトン④バーネット
ILB ①ライリー②キール③Jeremy Kimbrough④Marvin Burdette
RLOB①オラクポ②ジャクソン③Vick So’oto
LCB ①ホール②ビガーズ③ミニフィールド④Ryan Mouton
SS  ①メリウェザー②ダウティー③トーマス④Jose Gumbs
FS  ①ランボ②ゴームズ③ピュー
RCB ①ウィルソン②アマーソン③クロフォード④ジェローム・マーフィー

 FSはルーキーのランボがファーストチーム。CBアマーソンもセカンドチームに入ってます。トーマスと合わせ、この3人の新人トリオの評価はかなり高いです。
 やっぱDE陣の層の薄さが気になりますねー。ILBはバーネットが加入してなかったらちょっとやばかったかも。スターター以外は「誰それ?」という選手ばっかりなので。

キャンプ情報ほか

RG3
 ローカルニュースの映像を見る限り、体は引き締まっているし、動きも驚くほどシャープ。リハビリ期間もコンディションを落とさないようにトレーニングを積んでいたことを感じさせます。今年はニーブレスを付けたままプレーするそうで、多少は機動力が低下するでしょうが、オーソドックスなポケットパサーになってもかなりやれそうな印象さえ受けちゃいます。

LB補強の動き
 DENをリリースされたジョー・メイズは結局、HOUが獲得。残念。代わりに、BUFをリリースされたニック・バーネットがリッチモンドを訪問中。これだけ実績のある選手をバックアップでキープできるなら大歓迎w

 ※追記 バーネットは1年契約で合意。これでILBのデプスが格段に厚くなりました。

RT
 オフェンス最大の穴であるRTですが、ファーストチームがポルンバス、セカンドがパショス、サードがトゥルーブラッドの順だそうです。トゥルーブラッドは「やる気あんの?」というほどのざるっぷりらしく、遅かれ早かれカットされそうです。ベテランがやる気ないというのはがっかり。やっぱウィンストン欲しかったw


 FSは6巡ルーキーのランボがファーストチームのまま。ジョージア大Dとシステムがそっくりらしく、そのあたりがルーキーでもファーストチームが務まる要因のようです。

 SSはダウティーとピューがローテーションでファーストチーム。4巡のトーマスはサードチーム。決してトーマスの評価が低いわけではなく、オフの練習が学業の影響で出遅れたらしく、それを取り戻している段階のようです。

WR
 今年やってくれそうなのがWR陣。エースのガーソンはケガから復帰。2番手のモーガンもケガを抱えながらプレーした昨年に比べ「100倍イイ」とのこと。3年目のロビンソンもかなり高い評価を受けています。ドラフト外ルーキーでリターナー候補のドーソンもイイらしいです。

オモシロ映像
 OLBケリガンがレポーターを装って、スキンズファンにインタビューする映像があります。あまりに一般人ぽすぎで誰も気づかんでしょーよ。特に、3番目のお姉ちゃんのリアクションがオモロイです。最初のあんちゃんのナゾのダンスも笑えました。ぜひどうぞ。