So-net無料ブログ作成

注目のロスター争い・CB

#23デアンジェロ・ホール
#26ジョシュ・ウィルソン
#30EJ・ビガーズ(FA加入)
#39デービッド・アマーソン(ドラフト2巡)
#20リチャード・クロフォード(2年目)
#25チェイス・ミニフィールド(2年目)

 ホール、ウィルソンのスターターコンビに変化はありませんが、FAとドラフトで1人ずつ補強し、デプスは格段に厚くなりました。ただ、開幕ロスターの顔触れはほぼ確定かも。

 まず最初の4人はロック。最後の1枠をクロフォードとミニーJrが争う形になりますが、クロフォードはPRとして重宝される一方、ミニーJrはケガの多さに不安あり。ということで、クロフォードがIN、ミニーJrはPSという感じでしょうか。

 ホール、ビガーズは1年契約、ウィルソンは3年契約の最終年と、来オフは主力がごっそりFAになります。再契約したとしてもせいぜい1人くらいでしょうから、生え抜き組がどこまで成長できるかが死活的に重要な年になります。
クロックス オンラインショップ

コスメ・コム