So-net無料ブログ作成

注目のロスター争い・RT

 毎年の課題でありながら、なかなか固定できないのがRT。サラリーキャップ削減の影響で十分な補強ができず、今年もどんぐりの背比べの争い。

#74タイラー・ポルンバス(FA再契約)
#69ジェレミー・トゥルーブラッド(FA加入)
#77トニー・パショス(FA加入)
#79モーリス・ハート(3年目)
#68トム・コンプトン(2年目)
#61ザビアー・ニクソン(ドラフト外ルーキー)

 おそらくこの6人でRTのスターターとTのバックアップ2枠を争う形になるかと。このメンツなら、昨年15試合に先発したポルンバスがRTのスターター最右翼。ただ、ポルンバスはパスプロでの左右の動きがまったくダメなので、できればポルンバスからスターターの座を奪う選手が出てきて欲しいところ。

 キャップに余裕がないため、トゥルーブラッドとパショスの両ベテランを安いサラリーで連れてきました。キャップに負担をかけずにデプスを厚くするいいやり方だと思いますし、どちらかでも「当たり」が出れば嬉しい限り。

 個人的に期待しているのは2年目のコンプトン。今年のドラフトでTを指名しなかったのはコンプトンへの期待の表れとも思ったり。ただ、去年はレギュラーシーズンで出場機会がまったくなかったので、開幕からスターターの座はちときつそう。

 ドラフトではOL指名を見送りましたが、4~5巡候補と言われていたニクソンをルーキーFAでゲットできたのはラッキー。フロリダ大でゾーンブロッキングに慣れているらしく、開幕ロスターに残れるチャンスは十分ありそう。ただ、「ホントにやる気あんの?」と思われるほど、ワークエシックに問題があるというウワサ。身体能力が高くても、モチベーションにムラがある選手は大成しないと思うんですよねー。キャンプに向けて根性見せて欲しいところ。

 話は変わって、3巡ルーキーのTEジョーダン・リードがイイというウワサ。ケガでRG3らと別メニューで練習しているようですが、随所で身体能力の高さを発揮している模様。通常のTEではなく、レシーバーに近い形で起用するのではないかと言われてます。ドラフトでWRを指名しなかったのもちょっと理解できました。楽しみですねえ。