So-net無料ブログ作成
検索選択

注目のロスター争い・CB

#23デアンジェロ・ホール
#26ジョシュ・ウィルソン
#30EJ・ビガーズ(FA加入)
#39デービッド・アマーソン(ドラフト2巡)
#20リチャード・クロフォード(2年目)
#25チェイス・ミニフィールド(2年目)

 ホール、ウィルソンのスターターコンビに変化はありませんが、FAとドラフトで1人ずつ補強し、デプスは格段に厚くなりました。ただ、開幕ロスターの顔触れはほぼ確定かも。

 まず最初の4人はロック。最後の1枠をクロフォードとミニーJrが争う形になりますが、クロフォードはPRとして重宝される一方、ミニーJrはケガの多さに不安あり。ということで、クロフォードがIN、ミニーJrはPSという感じでしょうか。

 ホール、ビガーズは1年契約、ウィルソンは3年契約の最終年と、来オフは主力がごっそりFAになります。再契約したとしてもせいぜい1人くらいでしょうから、生え抜き組がどこまで成長できるかが死活的に重要な年になります。
クロックス オンラインショップ

コスメ・コム

ロスタームーブ

OUT
DEダグ・ワーシントン
TEデアンジェロ・ピーターソン

 2人とも練習でケガを負ったらしく、ウェイバーを経てIR入りするようです。DEは層が薄いのでワーシントンの離脱は微妙にイタイかも。

IN
WRダンテ・ストールワース(前NE)
WRデベリー・ヘンダーソン(前NO)
K ジョン・ポッター(元BUF)

 ダンテさんが復帰ですか。個人的にはスピードがあって好きな選手なんですが、プライベートのトラブルが怖すぎてどうも。。。数年前に例の交通事故をやってますし、今年は熱気球が落下して死にかけてます。お祓いが必要、絶対。

 前NOのベテランレシーバー、ヘンダーソンともサイン。QBがブリーズだからかNOのレシーバー陣はみんな良く見えちゃうんですが、1000ヤード超えは一度もなく、スタッツ的にはそんなにすごいというわけではない感じ。

 一気にベテランレシーバーを2枚加えたのは意外でしたが、2人ともロスター確定ではなく、主力にケガ人が出た時の保険の意味合いが強そうです。

 Kポッターはキックオフ専門らしいです。カイ・フォーバスのキックオフの短さは致命的で、キックオフ専門キッカーを希望していたワタシとしては歓迎。ただ、BUFに所属していた昨シーズン、キックオフ26回中、タッチバックは13回。う~ん、5割ですか。キックオフ専門でこの数字はどうなんでしょう。フォーバスの62回中15回よりはるかにいいのは確かですが。

※追記
 木曜日にFBドーソン・ボイスがリリースされました。
コスメ・コム

注目のロスター争い・RT

 毎年の課題でありながら、なかなか固定できないのがRT。サラリーキャップ削減の影響で十分な補強ができず、今年もどんぐりの背比べの争い。

#74タイラー・ポルンバス(FA再契約)
#69ジェレミー・トゥルーブラッド(FA加入)
#77トニー・パショス(FA加入)
#79モーリス・ハート(3年目)
#68トム・コンプトン(2年目)
#61ザビアー・ニクソン(ドラフト外ルーキー)

 おそらくこの6人でRTのスターターとTのバックアップ2枠を争う形になるかと。このメンツなら、昨年15試合に先発したポルンバスがRTのスターター最右翼。ただ、ポルンバスはパスプロでの左右の動きがまったくダメなので、できればポルンバスからスターターの座を奪う選手が出てきて欲しいところ。

 キャップに余裕がないため、トゥルーブラッドとパショスの両ベテランを安いサラリーで連れてきました。キャップに負担をかけずにデプスを厚くするいいやり方だと思いますし、どちらかでも「当たり」が出れば嬉しい限り。

 個人的に期待しているのは2年目のコンプトン。今年のドラフトでTを指名しなかったのはコンプトンへの期待の表れとも思ったり。ただ、去年はレギュラーシーズンで出場機会がまったくなかったので、開幕からスターターの座はちときつそう。

 ドラフトではOL指名を見送りましたが、4~5巡候補と言われていたニクソンをルーキーFAでゲットできたのはラッキー。フロリダ大でゾーンブロッキングに慣れているらしく、開幕ロスターに残れるチャンスは十分ありそう。ただ、「ホントにやる気あんの?」と思われるほど、ワークエシックに問題があるというウワサ。身体能力が高くても、モチベーションにムラがある選手は大成しないと思うんですよねー。キャンプに向けて根性見せて欲しいところ。

 話は変わって、3巡ルーキーのTEジョーダン・リードがイイというウワサ。ケガでRG3らと別メニューで練習しているようですが、随所で身体能力の高さを発揮している模様。通常のTEではなく、レシーバーに近い形で起用するのではないかと言われてます。ドラフトでWRを指名しなかったのもちょっと理解できました。楽しみですねえ。

注目のロスター争い・RB

 ローカルニュース番組を見ていると、RG3の動きが日に日にシャープになっているのが分かります。OTAが始まった当初は少しおっかなびっくりで動いているように見えましたが、最近はホントにケガしてんの?、と思うくらい動きが滑らか。本人はトレーニングキャンプ初日から完全復帰したいと考えているようですが、ホントにいけそうな気がしてきました。無理すんなよー。

 さて、FA・ドラフトで競争が激しくなったポジションを見ていきたいと思います。まずはRBから。

#46アルフレッド・モリス(2年目)
#29ロイ・ヘルー(3年目)
#22エバン・ロイスター(3年目)
#35クリス・トンプソン(5巡ルーキー)
#47ジャワン・ジェイミソン(7巡ルーキー)

 モリス、ヘルー、ロイスターの3人で鉄板かと思っていたら、ドラフトではまさかの2人指名。シャナハンはトンプソンについて「ケガしてなければ1巡クラスの選手」、ジェイミソンに対しては「7巡まで残っているとは思わず、スルーできなかった」と述べるなど、ともに高く評価している模様。エースのモリスを除く4人のうち、誰が残り2枠を勝ち取るのか、さっぱり分からなくなりました。

 ケガから回復途上のヘルーは、最近ようやく練習に完全復帰したらしいです。本来のスピードが戻ってくれば、ロスターは間違いないでしょうが、どこまでコンディションを戻せるかがカギ。

 一番やばそうなのが、ロイスター。昨年、シーズンを通じてサードダウンバックを任されましたが、ドラフトで2人も指名したのを見ると、よっぽど気に入らないんじゃないですかね。

 ルーキーのトンプソンはハイライト映像を見ると、「1巡クラス」というシャナハンの評価もうなずけるほどのホームランヒッター。ただ、何と言ってもACL明けだからなー。開幕にギリギリ間に合うかどうかでしょうか。

 個人的な予想では、ロイスターがカットされ、ルーキー2人は片方がIN、もう片方がPS行き、と考えます。

 少し前に元スキンズのハイタワーを呼び戻したがっているという噂がありました。まだRB加えたがってんのか~、とちょっとびっくり。さすがシャナハンですねえ。

ダラスのドラフトボード

 1カ月近く更新をお休みしていました。アパートの改修工事をめぐって管理会社ともめていてブログに気が回りませんでした。海外生活なのでやむを得ないんですが、「日本じゃありえねー」ということが頻発するので精神的に滅入ってます。早くすっきりしたい。。。

 さて、この記事で知ったんですが、またダラスのドラフトボードが流出したんだとか。2年くらい前も同じことがありましたよね。ドラフトボードの前でインタビューなんて普通ありえんでしょ。わざとやってんですかね。

 で、スキンズが指名した選手はダラスではどのくらいの評価を受けていたのか気になり、チェックしてみました。ウチが指名した7選手のうち、ダラスのドラフトボードに載っていたのは3人だけ。2巡指名のCBアマーソン、4巡指名のSフィリップ・トーマス、5巡指名のOLBジェンキンスがそれぞれダラスの4巡候補でした。

 チームによって、ドラフティーに対する評価がこんなに違うものかと結構衝撃的でしたw ウチはRBを2人指名しましたが、2人ともダラスからは眼中に入ってなかった模様。3巡指名のTEリードも同様。能力だけでなく、戦術への相性などを吟味した上でドラフトボードに入れるかどうか取捨選択するんでしょうが、なかなか興味深いです。