So-net無料ブログ作成

ルーキーミニキャンプ

 金曜日から3日間、ルーキーミニキャンプが行われました。ドラフティー、UDFA、トライアウト選手が参加。トライアウトは48人もいたそうで、かなりの大所帯だったようです。

 アマーソン、トーマス、ランボのDBトリオは、期待通り、好パフォーマンスを見せていたようで、シャナハンも「インプレッシブだった」とのこと。トーマス、ランボはINTを記録したそうです。

 Sは基本的にトーマスがSS、ランボがFSだったそうです。ワタシはトーマスはカレッジ時代、FSだと思いこんでいたんですが、SSだったそうです。フレズノ州立大のディフェンスはスキンズのスキームと似ているそうで、システムとの相性も良さげ。西海岸出身のくせになぜかスキンズファンだったらしく、しかも一番好きな選手はショーン・テイラー。完璧です。

 気が早いですが、トーマスとランボがともに開幕スターターという可能性もあり得る気がしてきました。Sをルーキーに任せるのはかなりコワイので、理想的なシナリオではないですが、ゼロではないんじゃないかと。メリウェザーはACL明けですし、ダウティーはバックアップで持ち味を出せるタイプ。ゴームズ、ピュー、バーンスティーンだったら、既にルーキーコンビのほうが上でしょう。

 一方、3巡指名のTEリードは、カレッジ最終戦で負ったヒザのケガが完全に回復しておらず、ストレッチのみの参加。ほぼ回復に近づいているとのこと。

 5巡aのRBトンプソンもACL明けで不参加。夏のトレーニングキャンプに間に合うといいのですが。5巡bのOLBジェンキンスは故障明けですが、フル参加したそうです。

 地元メディアの報道をさらっと読む限り、DBトリオが群を抜いて目立っていたようで、他に目立った選手はあまりいなかった雰囲気。ドラフト外で期待のOTニクソンはどうだったんですかね。

 あと、トライアウトの中には、アルフレッド・モリスの弟もいたそうです。ポジションは同じRBらしいです。トライアウトからロスターまで上がるのは至難の業ですが、偉大な兄を目指して頑張れ。

 ほんのちょっとですが、ルーキーミニキャンプのニュース映像です。特に印象的な映像があるわけではないですが、なんかワクワクしてきますw



HMV ONLINE/エルパカBOOKS