So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラフト3日目&総評

 更新が遅れました。ドラフト中継を見ながら仕事をしたため、効率悪いのなんの。遅れた仕事を処理するのに週末が潰れました。

 さて、ドラフト3日目が始まる前に読んだ記事で、シャナハンは2巡指名のアマーソンをFSにコンバートせずCBで使うつもりであることが判明。結局、FSの空白は空いたままになり、3日目も引き続き最重要補強ポイントとなりました。

 で、スキンズの2巡指名候補に挙がっていたフレズノ州立大のFSフィリップ・トーマスが残っていたんで、「落ちてこい!!!」と祈りながら見ていたんですが。。。

4巡119位 Sフィリップ・トーマス(フレズノ州立大)
 ぎゃあああ~、キターー! あまりに嬉しくて思わずウチの奥さんに抱きついちゃいました。奥さんは意味不明の様子でしたがw

 昨年、全米最多の8INTを記録し、オールアメリカンに選ばれた選手が、ここまでスリップしてくるとは。Sを必要としていたCLEに獲られるかなと恐れていたんですが、そのCLEは4巡指名権を来年の指名権と引き換えに放出するというナゾの行動に出てくれました。これはもうmentaiさんの決め打ちのおかげでしょうw

5巡154位 RBクリス・トンプソン(フロリダ州立大)
 まさかのRB。RB陣はエースのモリスを筆頭に充実していると思っていたので意外でした。5-7のちびっ子スピードタイプで、チェンジ・オブ・ペースで使うことを想定している模様。

 40ヤード4.3秒という素晴らしい快足の持ち主なんですが、この人の最大の欠点は健康。2011年に背中、2012年はACLと、2年連続で重傷を負ってシーズンエンドになってます。本人はトレーニングキャンプには間に合うと言ってますが、どうでしょう。

 ロイ・ヘルーも耐久性に問題があり、ケガの多いRBを獲る意味がよく分かりませぬ。でも、RBを見る目は他の追随を許さないシャナハンなんで、そこは信用しようと思います。

5巡162位 DEブランドン・ジェンキンス(フロリダ州立大)
 ワタシが希望していたパスラッシャーをここで指名。34ではOLBになります。この人も健康に問題アリ。昨シーズン開幕戦にシーズンエンドの重傷を負っています。本人は100%回復していると言ってますが、どうでしょう。ケガで評価を下げたようです。

 それでも、2010年は13.5サック、2011年は8サックを記録。故障明けのプロデイでは40ヤード4.98とイマイチでしたが、本来は4.69で走るらしいです。素材としてはかなり良さそうな感じですが、問題はケガの回復具合。ただ、今年は出場してもパートタイムでのパスラッシュになるでしょうから、慌てなくていいのかも。

6巡191位 Sバカリ・ランボ(ジョージア大)
 2人目のS。Sは絶対2人指名して欲しいと思っていたので、これもウレシイピック。しかも、3~4巡候補だったのでかなりのバリューピック。これまたmentaiさんの決め打ちスリップ物件ですw

 この人も2011年に8INTを記録したボールホーク。基本はFSのようですが、SSでのプレー経験も結構あるみたいです。

 で、この人の問題点は薬物違反。過去2回も引っ掛かってます。これが順位を下げる要因になりました。この点は不安材料ではありますが、彼がメディアの取材に語った一言にちょいと感銘を受けました。

“That’s my past. I can’t control my past, I can just grow from it.”

 自分の過去はコントロールできない、か。イイこと言いますね。過去をクヨクヨしがちなワタシには結構響きました。

7巡228位 RBジャワン・ジェイミソン(ラトガース大)
 7巡では誰を指名してもいいんですけど、まさかRBとは。ニーズではなく、ドラフトボードに残っていた中ではベストだったようです。この人も5-7とかなりのちびっ子。シャナハンが欲しいと思った選手なんで、何か見どころがあるんでしょう。mentaiさんとこのチャットでは、みなさん「WASに合いそう」とおっしゃっていたので、ちょっと楽しみ。

 お母さんが乳がんらしく、お金を稼ぐためにアーリーエントリーしたらしいです。7巡からロスター枠を勝ち取るのは大変だろうけど、頑張れ。

ドラフト総評
 アマーソン、トーマス、ランボと指名したDB3人は皆、即戦力&ボールホークなので、個人的にはかなり満足度の高いドラフトになりました。しかも、アマーソン、トーマスと、自分が希望する選手が2人もピタッと指名される快感を味わうことができるなんてw こんなのなかなかないんじゃないですかね。

 今年はトレードアップもダウンもせず、素直に指名しました。ドラフト前にシャナハンが「自分たちが作ったドラフトボードに忠実であることが結局うまくいく」と語っていましたが、その通り、ニーズを踏まえつつもドラフトボードに忠実に指名していた印象を受けます。例えば、3巡ではニーズではないTEのジョーダン・リードを指名しましたが、シャナハンは「リードはドラフトボードで一番上にいた。ニーズでなかったが、スルーできなかった」と語っています。

 また、今回のドラフト戦略は過去3年とは随分違ったように感じました。これまでは、チームの土台となる選手の指名に力を注いでいた感じでしたが、今回はどちらかというと、違いを生み出すプレーメーカーの獲得を意識していた印象を受けました。TEリードもそうですし、DBはみなボールホークですし、RBもチェンジ・オブ・ペースができるちびっ子スピードスターを獲っています。スキンズウォッチャーのリッチ・タンドラーも"It was a playmaker’s draft."と総括しています。

 シャナハン体制が発足して4年目に入り、自分が欲しい選手が概ね揃ったことで、補強も新しい次元に入ったという意識なのでしょうか。まだまだそんな贅沢を言えるレベルではないと思いますけど。

 何はともあれ、弱点だったDBの重点補強ができたことは何より。個人的にはB+の評価です。

コスメ・コム

ドラフト2日目

2巡51位 CBデービッド・アマーソン(ノースカロライナ州立大)
 うれぴい~。実はワタシが密かに一番希望していた選手でしたw Sにコンバートすれば、理想的なFSになるんじゃないかと。サイズは6-1、40ヤードも4.4前後。2011年には全米最多の13INTを記録したボールホーク。ユーチューブのハイライト映像もピック6ばっか。こんなにピック6の多いハイライトって他にないんじゃないですかね。2012年はビッグプレーの狙いすぎで逆にビッグプレーを大量献上し評価がガタ落ちしたみたいですが、それでも5INTを記録。ギャンブル的なピックではありますが、大満足。

 ただ、4月10日にスキンズを訪問した際は、ハズレットとラヒーム・モリスはCBでの起用しか話をしなかったらしいです。ワタシ的には完全にFSでの起用しか考えてないんですが。。。コンバートするんですよね?

3巡85位 TEジョーダン・リード(フロリダ大)
 2、3巡で有力DBが次から次へと売れてしまい、この順位で指名できるCB・Sはドラフトボードに残ってないだろーなとは思っていたんですが、まさかまさかTEとは。

 TE3枠はデービス、ポールセン、ポールの3人で確定かと思ってましたが、おそらくポールはTEとしては戦力にならないと見ているんでしょう。また、今のNFLはNEを筆頭に強力TE2枚が主流ですし、指名の意図は分からなくはないです。PHIもDALもTEを指名してましたし。それでもウチがこの順位でTEかあ~、といまだに不思議な気分。

 TEはまったくチェックしておらず、このリードという選手、名前すら知りませんでした。6-2、236ポンドとTEとしては小柄。大学の先輩であるアーロン・ヘルナンデスタイプという評価が専ら。ポールをTEにコンバートさせた時も、ヘルナンデスタイプという話が出ましたから、シャナハン親子はもともと、サイズよりスピードで勝負するTEが欲しかったんですかね。一方、mentaiさんによると「リードはクーリー」とのこと。戦術的なことは分からんけど、なんかウレシイ。

 意外な指名ではありましたが、シャナハン親子がどんな使い方をするのか楽しみになってきましたw

ドラフト初日

 1巡指名権がなく「うらやまし~」と思いながら見ているだけの状態でしたが、エンターテインメントとして十分楽しめました。MINの1巡3人指名には驚きましたね~。どれもバリューピックでうらやましい限り。一方、地区内ライバルはみなOL指名と堅実すぎてちょっと不気味。DALが指名したCは相当リーチっぽいですね。

 さて、注目のCB・Sの売れ行き具合ですが、CBはミリナー、ヘイデン、トルーファント、ローズ、Sはヴァッカーロ、リード、イーラムと、1巡候補は順当に売れちゃいました。当初の予想通り、2巡候補の中から選ぶしかなさそうです。

 昨日だったか、おとといだったか、シャナハンが記者会見で、トレードダウンはあまり考えていないと語ったみたいです。過去2年間はガンガンダウンして指名権を増やしましたが、戦力が整ってきたので、指名権はそれほど多くなくていい、という考えのようです。

明日からドラフト

 いや~いよいよですね~。1巡指名権がないとはいえ、やっぱり楽しみ。初日は純粋にエンターテインメントとして楽しもうと思います。あと、有力セカンダリーのうち、誰がスリップしてくるかも注目です。

 ESPNのドラフト専門家メル・キーパーとトッド・マクシェイはともに、スキンズの2巡51位をサウスカロライナ大のD.J. Swearingerと予想してます。メル・キーパーの予想はあまり当たらないイメージがあるのはワタシだけでしょうか。

 ワタシが指名を希望するポジションはこんな感じです。

2巡51位 FS
 マディウ・ウイリアムスがFAとなり、スターターの座がすっぽり空いているFSをまず押さえて欲しいです。SwearingerもPhillip Thomasもあんまり気が乗りませんが、3巡まで落ちてくる保障はないので、この時点で残っているベストの人材を獲っちゃって下さい。

3巡85位 CB
 ホール、ウィルソン、新加入のビガーズ、2年目のクロフォード、故障から復帰するミニフィールドと頭数だけは揃ってますが、全体のレベルはリーグ最低レベル。しかも、ホール、ウィルソン、ビガーズの3人は契約最終年。CBの上位指名も必須。

4巡119位 OLB
 アナリストの多くはOLBはスキンズのニーズとみなしてないんですよねー。不思議だ。オラクポとジャクソンは契約最終年。しかもジャクソンは4試合の出場停止処分。オラクポが離脱した昨年、他チームのPSからOLBを引っ張ってきては捨てるを繰り返したほど、デプスの薄さに苦しみました。パスラッシャーはいくら投資してもしすぎることはないと思ってます。

5巡154位 SS
 2人目のSをここらへんで。SSは故障明けのメリウェザー、伸び悩みのゴームズ、パワー・スピードともに今一歩のダウティーと頭数は揃ってるけど、微妙なメンツ。SSのグレードアップも必須。5巡じゃ遅いかな。

5巡162位 ILB
 「ハ」のトレードで得た指名権、ここは絶対当てたい! フレッチャー大先生が今季限りになる可能性が高いので、ここらへんでILBを。昨年、4巡でロビンソンを指名しましたが、後継者候補をもう1人。

6巡191位 CB
 数打ちゃ当たるでCBをぜひもう1人。

7巡228位 TE
 7巡はニーズなんて気にする必要はないんだけど、故障明け&1年契約のデービスの保険でTEを。

面談・招待したドラフト候補

 気がつけばドラフトは今週なんですね。1巡指名権がないため、未練・或爺杯には絡めませんでしたが、少しずつテンションを上げていきたいと思います。

 さて、このサイトによると、スキンズが面談した、チームに招待した、ワークアウトを行った、または関心を持っている選手は以下の通りだそうです。

(カッコ内の記号の意味は以下の通り)
SR - Senior Bowl meeting.
EW - East-West Shrine meeting.
COM - Combine meeting.
VINT - Very Interested.
PRI - Private Workout.

Oday Aboushi, OL, Virginia (COM)
Robert Alford, DB, Southeast Louisiana (COM)
Johnthan Banks, DB, Mississippi State (VINT)
Sam Barrington, LB, South Florida (EW)
Jonathan Cyprien, DB, Florida International (PRI)
Marcus Davis, WR, Virginia Tech (EW)
Andre Ellington, RB, Clemson (SR)
Montori Hughes, DL, Tennessee-Martin (SR)
Tony Jefferson, DB, Oklahoma (COM)
Keelan Johnson, DB, Arizona State (COM)
Nick Kasa, TE, Colorado (COM)
Robert Lester, DB, Alabama (COM)
Tyrann Mathieu, DB, LSU (COM)
T.J. McDonald, S, USC (COM)
Bradley McDougald, S, Kansas (EW)
Brandon McGee, CB, Miami (EW)
Will Pericak, DL, Colorado (EW)
Ty Powell, LB, Harding (SR)
Jordan Poyer, CB, Oregon State (COM)
Justin Pugh, OL, Syracuse (COM)
Bacarri Rambo, DB, Georgia (INT)
Mychal Rivera, TE, Tennessee (SR)
D.J. Swearinger, S, South Carolina (COM) (SR) (SR)
Rod Sweeting, CB, Georgia Tech (COM)
Phillip Thomas, DB, Fresno State (PRI) (SR)
Duke Williams, DB, Nevada (PRI) (SR)

 1巡指名権がないとはいえ、見事なほど、1巡候補者がいません。トレードアップするつもりはないんでしょうかね。別にしなくていいんだけど。

 26人のうち20人が守備の選手で、そのうちセカンダリーがなんと16人を占めます。分かりやすすぎ。この感じだと、2巡、3巡はセカンダリーに使い、全体で3人くらい指名しそうな雰囲気。

 面談を複数回行った選手のうち、D.J. Swearinger、Phillip Thomasが2巡指名の有力候補。特に最近、Swearingerを推すアナリストの分析をよく見かけます。ただ、この人、40ヤード4.67秒という遅さが引っ掛かります。昨シーズン、スピードのあるレシーバーにウチのセカンダリーは付いていけなかったイメージがあり(特にNYG戦の終盤、クルーズにぶち抜かれたシーン)、個人的にはできれば40ヤード4.5秒台前半以内の選手をお願いしたいです。

 一方、Phillip Thomasは去年、カレッジ最多の8INTを記録しており、ワタシが希望するボールホークの条件に合致するんですが、この人も4.65秒とイマイチ。う~ん。

 Jonathan Cyprienは51位までは残ってなさそうな雰囲気。40ヤード4.64秒というのが引っ掛かりますが、顔がショーン・テイラーにそっくり。LTDさんじゃないですけど、顔は重要! 顔だけで選ぶなら、断固Cyprien!

 個人的には、LSUのEric Reidあたりがスリップしてこないかなと思ってるんですが、無理だろうな~。SwearingerとThomasは2巡で指名するのはあんまり気が進まないんで、この2人を指名するなら先にCBを押さえちゃってもいいかなという思いもあります。


今年のスケジュール

 昨日のニュースですが、今年のスケジュールが発表されました。全チームに割り当てがあるサースデーナイトを含め、全国中継のナイトゲームがなんと5試合! RG3の存在と昨年の地区優勝で注目度がジャンプアップした感じです。でも、ナイトゲームは先に寝ている奥さんと子供を起こさないように絶叫できないのがつらい。。。

W1 Sept. 9 » Eagles, 7:10 p.m., ESPN
 開幕戦はいきなりマンデーナイト。RG3の復帰戦になるか。チップ・ケリーのハイテンポオフェンスがまだ機能していないといいんだけど。。。

W2 Sept. 15 » at Packers, 1 p.m., Fox
 アウェーでGBですかい。勝てる気がこれっぽっちもしません。

W3 Sept. 22 » Lions, 1 p.m., Fox
 RG3はスーさんに壊されないように。それだけが心配。

W4 Sept. 29 » at Raiders, 4:25 p.m., Fox
 保坂典子さんのいるOAKとの対戦。サイドラインも要チェックです!

W5 Oct. 6 » Bye
 こんなに早くバイとは。フィールドの芝生はこのタイミングで張り替えるんですかね。

W6 Oct. 13 » at Cowboys, 8:30 p.m., NBC
 宿敵と初戦はサンデーナイト! バイ明けなんでコテンパンにやっちゃってくださいw

W7 Oct. 20 » Bears, 1 p.m., Fox
 シャナハンとカトちゃんの師弟対決。どうでもいいけど。

W8 Oct. 27 » at Broncos, 4:25 p.m., Fox
 アウェーで兄者率いるDENですか。まあここは負けても気にしません。

W9 Nov. 3 » Chargers, 1 p.m., CBS
 SDというと元々イメージが沸かないチームなんですが、新HCの下、どんなチームになっているのやら。。。

W10 Nov. 7 » at Vikings, 8:25 p.m., NFLN
 サースデーナイト! 中3日で移動もあるのか。ちょっときついかも。

W11 Nov. 17 » at Eagles, 1 p.m., Fox
 やっぱり気になるのはチップ・ケリーのハイテンポオフェンス。この頃にはかなり洗練してそう。

W12 Nov. 25 » 49ers, 8:40 p.m., ESPN
 2度目のマンデーナイトの相手はSF。RG3とケイパーニックの対戦。盛り上がりそうだぞ。

W13 Dec. 1 » Giants, 8:30 p.m., NBC
 サンデーナイト! W13になってようやくNYGと初対戦。

W14 Dec. 8 » Chiefs, 1 p.m., CBS
 元々タレント揃いのチームにアンディ・リードが加わり、かなり手強そう。

W15 Dec. 15 » at Falcons, 1 p.m., Fox
 シーズン大詰めにATLですかい。きついですなあ。

W16 Dec. 22 » Cowboys, 1 p.m., Fox
 We want Dallas!それだけ!

W17 Dec. 29 » at Giants, 1 p.m., Fox
 シーズン最終戦。プレーオフ争いの行方は。。。

 昨年地区優勝したので、対戦相手は全体的にハードですが、特にSFやATL、NYG(2試合)との対戦があるW12からの6試合が正念場。プレーオフ争いに絡むには、それまでに貯金を作っておく展開にしておきたいところです。

日本人チアが復活!

 今日、元スキンズチアの保坂典子さんからメールがあり、今年、日本人のスキンズチアが誕生したそうです。お名前は森下昌子さん。日本人としては3人目のスキンズチア。おめでとうございます、頑張って下さい!

 スキンズのホームページで最終オーディションの写真をチェックしたんですが、アジア系っぽい人が数人いて、どなたが森下さんか確認できませんでした。今年のロスターの写真がホームページにアップされるのを待ちましょう。

 一方、現在、西海岸にお住まいの典子さんですが、なんと今年はレイダースのチアに合格したそうです! スキンズで2シーズン、アリーナフットボールのチアを2シーズン(でしたっけ?)、そして今度はレイダースですか。いや~、頑張りますね~。

 幸い、今年はアウェーでレイダース戦があります。今なおダイハードなスキンズファンである典子さんとしては「とても複雑な気持ちになりそう」とのこと。典子さんがテレビに映る可能性があるので、プレーの合間も目が離せないですね。

 レイダースのホームページをチェックしたところ、オーディション時の典子さんの写真を発見したのでどうぞ。

noriko3.jpg

noriko4.jpg

キャップスペースは3万ドル

 18ミリオンのキャップペナルティーの中でも自チームのFA選手の引き留めだけはほぼなんとか成功してきましたが、いよいよキャップスペースがなくなりました。残るスペースは3万ドル。補強どころか、ちょっと装備のいいミニバンを買うのが精一杯。さすがにFA戦線はもう打ち止めでしょうねー。

 ドラフティーとの契約はどうすんだと心配になりますが、今年は2巡51位が最高位なので、そのキャップヒットはわずか0.7ミリオンらしいです。しかも、開幕まではキャップに加算されるのはサラリーが高い上位51人だけなので、4巡以下のドラフティーとの契約は加算されない見通し。結局、2巡、3巡ドラフティーの契約がだけがヒットするわけですが、その分、サラリー50位、51位の選手が圏外になるため、差し引いたキャップヒットはわずか0.2ミリオン程度だそうです。これなら何とかなりそう。それでも残る3万ドル(0.03ミリオン)のスペースでは全然足りないんですがw

 復帰したDホールの契約内容ですが、総額2.25ミリオンのうち、サインボーナスが0.25ミリオンで保障されているのはこれだけ。サラリーが1ミリオンで、残る1ミリオンがインセンティブ。今年のキャップヒットは1.25ミリオンと、驚くほどキャップに優しい契約。いや~、このサラリーでよく戻ってきましたね。ホールの「スキンズ愛」がこれほどとは。ちょっと見直しました。

 ドラフト情報はちょこちょこチェックしてるんですが、51位ともなると、そのポジションの5~6番手になってしまうので、誰がいいのかサッパリ分かりませぬ。ざっくり言って、51位はFSで決まりだと思うので、スピードのあるボールホークを希望。

パット・ホワイトのカレッジ映像

 新加入QBパット・ホワイトのカレッジ時代の面白い映像を見つけたので、どうぞ。ほんの19秒です。サウンドはオンにして下さい。音がないとまったく意味不明なので(仕事中の方はご注意下さい)。いや~、なかなかオモロイキャラですw



犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

2人のQBと契約

 グロスマンと元MIAのパット・ホワイトとそれぞれ1年契約を結びました。グロスマンとの再契約は想定内ですが、スキンズでもう4年目ですか。こんなに長くお付き合いするとは思いませんでした。早くサヨナラしたい。。。

 さて、気になるのがホワイトとの契約。キャンプではQBが4人くらい必要ですし、RG3も出遅れるでしょうから、いずれにせよQBをもう1人ロスターに入れておく必要があったので、QBの加入自体に驚きではないです。

 で、問題はその使い方。考えられるのは、1)単なる練習要員、2)第3QBの座をグロスマンと競わせる、3)ワイルドキャットのような飛び道具としての起用を想定――あたりでしょうか。

 個人的には、1と3の両方かなあと。スカウトチームのQBにホワイトを入れれば、PHIのビックなど苦手とするモバイル系QBのいい練習相手になるんじゃないかと。また、去年まではバンクス少年を飛び道具としてスパイス的に使っていましたが、バンクス少年とは再契約していなので、その代わりとして期待している可能性もあります。

 普通のQBとしてはまったく役に立たないと思いますが、身体能力だけが取り柄の一発屋って個人的には好きなので、ホワイト獲得は意外とウエルカムです。カイルのプレーコールはトリッキーなものが多いので、使い道はいろいろあるんじゃないかと。もちろん、開幕ロスター確定ではないでしょうが。

 ※左のサイドバー(下の方)に、NFLブログの更新順リンク集をつけました。前からリンクを更新順にしたいと思っていて、外部のブログパーツを利用したりしたんですが、うまく作動せず、あきらめていました。ところが、つい最近になって、So-netブログにそういう機能があったことが判明。今のところとりあえず作動しているようなので、どうぞご利用下さい。また、ワタシのネタ元であるニュースサイトなどのリンクも「その他のリンク」にまとめました。

やっぱりあの人が帰ってきた

 「ウエルカムバック!」という気にはなれないのはワタシだけでしょうか。キャップ対策でリリースされたDホールが1年契約で復帰しました。結局、予想通りの展開。テンションは上がりませんが、2.25ミリオンならお安いのでまあ良しとしましょう。個人的には、今のホールの能力的にはこの金額が相応だと思いますが。

 これでCB陣はホールとウィルソンがスターター。CBを3枚入れる時は、ホールがスロットCBで、新加入のビガーズがアウトサイドを守ることになります。要するに、去年の3番手CBセドリック・グリフィンがビガーズに代わっただけ。それでも、ビガーズ加入で戦力的にはわずかなら純増じゃないかと。

 結局、チームから流出したのはLBアレキサンダー(→ARI)のみ。ほぼ去年と同じ顔触れにルーキーが加わる形で新シーズンを迎えることになりそうです。

TEデービスの契約内容
 単年契約で残留したデービスですが、サインボーナスが1.5ミリオン、サラリーが1ミリオン、インセンティブが1.25ミリオンで、最大3.75ミリオンだそうです。3年10ミリオンくらいが相場じゃないかと思っていたので、年平均で換算すれば、だいたい予想が当たりました。ちなみに、今年のキャップヒットは2.5ミリオン。

 BUFが提示した条件は2年契約で、金額的にもウチより0.7ミリオンほど良かったそうですが、QBが不透明なBUFに移籍するより、スキンズ残留で来年FA市場に再挑戦したほうが得策と判断した模様。

RG3がランニング開始へ
 いよいよ走り始めるそうです。手術から3カ月弱。相当早いペースで回復が進んでいる感じです。

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』