So-net無料ブログ作成

12スタッツ&13展望 S

 コンバインが始まってますね。今年は1巡指名権がないので、ほとんどチェックしていないんですが、Arkansas-Pine Bluffとかいう聞いたことのない大学のOTテロン・アームステッドという選手が、6-5、306ポンドの巨体で40ヤードダッシュ4.71秒とな。WRでは4.10秒くらいに相当するレベルのスピードだとか。RTが補強ポイントの一つであるウチとしては興味をそそられますな。

12スタッツ
マディウ・ウイリアムス(FA加入)
出場16 先発16
99タックル(66ソロ)、1.0サック、1INT、6PD
スピードはない、タックルは軽い、しかもミスタックルも多い。これでよく全試合先発出場できたもんだと逆に感心してしまう。特にNYG戦で逆転TDを許したシーンが忘れられないです。もともと控えで獲得した選手をスターターに使わざるを得なかったところが、S陣の脆弱さを物語っているような。今オフUFAになりますが、再契約はないでしょう。

リード・ダウティー
出場16 先発10
69タックル(44ソロ)、1INT、1PD
スピードもパワーも2流以下だけど根性だけは超一流。ラッセル・ウィルソンに2サックをかましたプレーオフSEA戦が間違いなくキャリアベストゲーム。でも、やっぱり身体能力的にスターターレベルの選手ではないです。気迫とSTでの貢献で生き残り続け、なんだかんだで今年8年目。

デジョン・ゴームズ
出場15 先発3
40タックル(26ソロ)、1INT、4PD
飛躍が期待された2年目、シーズン序盤はスターターに起用されましたが、みるみるうちに出場機会が減っていきました。スピードがなさすぎて使い道がないような。

ジョーダン・ピュー(シーズン途中加入)
出場13 先発0
19タックル(17ソロ)、1.0サック、1PD
シーズン途中加入でしたが、S陣がふがいなさ過ぎたこともあり、結構起用されていました。

ブランドン・メリウェザー(FA加入)
出場1 先発1
7タックル(3ソロ)、1INT、2PD
ラロン・ランドリーの後釜として加入もケガ、ケガ、ケガの呪いのシーズンに。プレシーズンゲームでひざを負傷し、初出場する予定だった試合前のウォーミングアップで他の選手と激突してひざを負傷し、ようやく初出場を果たしたと思ったらその試合でひざを負傷し、結局IR入り。オフはリハビリとともにお祓いを受けるように。ただ、唯一出場したPHI戦はいきなりINTを記録するなど大暴れ。ディフェンスシステムとの相性の良さは感じました。

ジョーダン・バースティーン(ドラフト7巡)
出場1 先発0
開幕ロスターを勝ち取るも、確か開幕戦だったか、ヒザを負傷し、IR入り。靱帯を3つくらい断裂したらしく、復帰はキビシイかも。。。

 まさにリーグ最弱といってもいいほどの陣容。メリウェザーが負傷、タナード・ジャクソンも開幕直前に薬物問題で無期限出場停止と、スターターを一気に失ったことが大誤算。シーズンを通して足を引っ張り続けました。

13展望
 間違いなく今オフの最重要補強ポイント。個人的には総入れ替えしてもいいと思うくらい。ケガから復帰すればやれそうなメリウェザーと堅実なバックアップ兼STでの貢献度の高いダウティーは残す必要があるでしょうが、それ以外は白紙。

 メリウェザーとダウティーはともにSSタイプなので、問題はFS。BUFのジャイルス・バードに5年40ミリオンくらい出して引っ張ってきてほしいと思ってたんですが、タグを貼られてFA市場には出てきそうにない雰囲気。残念。

 ただ、今年のドラフトは去年と異なり、Sが豊作らしく、2~3巡でもスタータークラスの素材が獲れるらしいです。キャップもキツイことだし、FAで無理に動く必要はないのかもしれません。

 幸運なことに、今ドラフトはS、CB、Tというスキンズの補強ポイントがことごとく豊作らしく、ドラフトだけでもある程度穴埋めできるという分析もあります。

マカフィー・ストア

RG3の新CM

 RG3はオフも話題に事欠きませんね~。アディダスの新CMにはちょっとドッキリ。リハビリをネタにしちゃうんだ~。



 “Blow up last season. Every win. Every loss. Every headline. Blow it all up. Because all that matters is what you do next.”(昨シーズンのことはすべて吹き飛ばせ。勝利も敗北も全部吹き飛ばせ。大事なのは次にすることだ)と、RG3がナレーションを入れた後、最後に“all in for week 1″の字幕が。すげ~。とてもCM用の演技には見えない。マジで決意してるって感じ。

 ビックリしたのはウエイトトレーニングのシーン。さすがにヒザを使う場面はないんですが、上半身だけとはいえ、もうあんなトレーニングしてるんだ~。

 RG3が新CMのリンクをツイッターで紹介したところ、フォロワーの間で「スポンサーが無理に回復を急かしてどーすんだ」との声が沸騰。それに対して、RG3が以下のようにツイート。




.

 目標はWEEK1だけど、無理はしないよ、とのこと。それを聞いてちょっと安心。最近は開幕に間に合うかどうかより、無理して復帰を急いでいないかのほうが心配になっていたんで。

マカフィー・ストア

12スタッツ&13展望 CB

デアンジェロ・ホール
出場16 先発16
95タックル(68ソロ)、1.0サック、4INT、14PD
パスカバーの緩さは相変わらずで、ホールがマークしているレシーバーへのパス成功率が66.7%だったそうで。66.7%ってアーロン・ロジャース並みの成功率。ただ、プレーオフ進出が懸かったシーズン終盤はかなりいいカバーをしていて、「なんだ、やればできるんだ」と思ったことも。

ジョシュ・ウィルソン
出場16 先発16
74タックル(54ソロ)、1.0サック、3FF、2INT、13PD
個人的にはあんまりいい選手だとは思わないんだけど、意外と評価しているアナリストもいます。6TD献上とレッドゾーンでの弱さがイメージを悪くしているのかな。

セドリック・グリフィン(FA加入)
出場9 先発2
33タックル(25ソロ)、1FF、4PD
3番手CBとして1年契約でFA加入。予想通り大きなインパクトはナシ。禁止薬物の使用で4試合の出場停止処分もあったし。ノビシロがあるような感じもしないし、再契約はないでしょう。

リチャード・クロフォード(ドラフト7巡)
出場10 先発0
18タックル(13ソロ)、1INT、2PD
W3のCIN戦でぶち抜かれてTDを献上し、シーズン中盤は干されていましたが、終盤に出場機会が増えました。最終戦のダラス戦でINTを記録するなど、ボールへの嗅覚とスピードはなかなかのものを持っており、経験を積めばいいCBになれそうな雰囲気。最も印象的だったのは、BAL戦でOT勝利につながる神パントリターン。

13展望
 Sに次ぐ最重要補強ポイントなんですが、どこをどう手を付けていいのかさっぱり分かりません。まず決めるべきはホールの処遇。来季のサラリー7.5ミリオンは高すぎるので、残留させる場合は契約見直しが必須。本人も見直しに応じる意向を示しています。

 ホールは今季も4INTと相変わらずボールへの嗅覚は高いものの、あのユルユルのカバーはいかんともしがたいです。個人的には思い切ってホールをカットして、CB陣の再編成を進めてもいいと思っています。ホール以上のCBを連れてこられる保証はどこにもないですけど、これ以上パスディフェンスが悪くなる気はしないので。

 ただ、ホール放出の場合、残るCBはウィルソン、クロフォードだけになってしまうので、スターターレベルを1人、バックアップを1~2人連れてくる必要があります。これはかなり大変そう。FAでスターターを連れてきて、バックアップはドラフトやストリートFAで補う、という感じでしょうか。キャップが厳しい中で、CBのスターターを連れてこられるのかという疑問も。結局、ホールにペイカットを受け入れてもらって残留、が手っ取り早いのかなあ。個人的には気が進まないんですが。

 ドラフトでは2~4巡で最低1人は指名して欲しいです。元LSUのタイラン・マシューが5巡までスリップしてきたら、獲っちゃってほしいっす。ビッグプレイを生み出すリターナーも必要なことだし。でも、問題児を敬遠するシャナハンだからあり得ないでしょうけど。

マカフィー・ストア

RG3の状態、チーム名論争ほか

 当ブログの総閲覧数が100万を突破していました。これがアクセス数のことなのかよく分からないのですが、いずれにせよ訪問して下さる皆様に感謝いたします。

RG3の状態
 ESPNのアダム・シェフターがチーム、リーグ関係者の話として、RG3は開幕戦に間に合う可能性があると報じました。この人、ほんの10日ほど前に、RG3が夏のキャンプをPUPスタートするのはほぼ確実、とやや悲観的な情報を流していたんですが。それはさておき、リハビリが順調に行っていることは間違いなさそうなので、それはウレシイですね。

 GMもブルース・アレンさんも木曜日に “He’s progressing well. He’s on schedule, or ahead of schedule, and it’s really because of the work ethic that you know he has.”と語っています。

チーム名論争
 ワシントン市長をはじめ「レッドスキンズ」のチーム名の変更を求める主張が急に沸騰してきていましたが、アレンさんはチーム名を変えるつもりはないと断言しました。ワタシもアレンさんの主張に同感です。

 “I’m proud to be the general manager of the Washington Redskins,” Allen said. “We represent an iconic sports franchise that’s 81 years old, that involves millions of fans worldwide, that has thousands of alumni. It’s ludicrous to think in any way that we’re trying to upset anybody.”

 “There’s nothing that we feel that is offensive, and we’re proud of our history,” Allen said. “To suggest that players and coaches and fans are thinking any other way, it doesn’t make sense.”

フィールドの芝問題
 RG3の負傷以来、フェデックス・フィールドの芝のひどさに批判が集まっていましたが、アレンさんは来季はバイウィークの段階で芝を再度張り替える計画だと語りました。芝の質やメンテナンスに問題があると思うんですが、シーズン中に張り替えるなら、終盤(プレーオフも?)でもそこそこのコンディションでできるでしょう。人工芝の導入にはシャナハンが反対だです。

選手補強・コーチ人事
 NEからリリースされていたNTロン・ブライスという選手を獲得。6-3、330ポンド。2009年に2巡全体40位でNEに加入していますが、
36試合出場、先発7試合にとどまっています。NTはコーフィールドがスターターで、バックアップの座をクリス・ベイカー、故障明けのクリス・ニールドと争うことになります。どれだけやれるか分かりませんが、元2巡選手ですし、ポテンシャルは高いんじゃないかと。これでドラフトでのNT指名はなくなりましたかね。

 ダニー・スミスのPIT移籍で空席になっていたSTコーチには、DENのアシスタントSTコーチだったキース・バーンズが決まりました。現役時代はシャナハンがSBを連覇した時、STの主力だったそうです。コーチとしても高い評価を得ている人物らしく、まあいいんじゃないでしょうか。

マカフィー・ストア

クロックス オンラインショップ

12スタッツ&13展望 ILB

 予想通りRTジャマール・ブラウンがリリースとなりました。これで空くキャップスペースはわずか1.3ミリオン(1.1ミリオン?)。3.3ミリオンがデッドマネーとしてキャップ計上されるそうです。ひえ~。ブラウンと契約延長したのはやむを得ない判断だったとしても、故障のリスクのある選手に後々まで負担をもたらす契約にしてしまったことは明らかにフロントのミスでしょう。今オフ、4ミリオンほどキャップオーバーしているらしく、ブラウンのリリースじゃまだまだ足りません。サラリーの高いDホール、サンタナ・モスあたりがカットもしくは契約見直しのターゲットになりそうです。

 で、本題に入ります。

ロンドン・フレッチャー
出場16 先発16
139タックル(78ソロ)、3.0サック、1FF、5INT、11PD
シーズン序盤は精彩を欠きましたが、中盤以降はいつも通り鬼神の活躍。キャリアハイの5INTを記録するなど、とても37歳とは思えません。現役を続行するかどうか悩んでいるそうですが、どうなりますかね。もちろん続けて欲しいし、まだまだやれるのは間違いないですが、シーズン序盤、平衡感覚がおかしくなったらしく、引退後の健康を考えると無理しないほうがという思いも。ジュニア・セアウの件もありますし。

ペリー・ライリー
出場16 先発16
129タックル(73ソロ)、3.5サック、1FF、7PD
シーズンを通してスターターに定着。あんまよく分かんないんですが、安定感があって良かったんじゃないでしょうか。

ロレンゾ・アレキサンダー
出場16 先発0
46タックル(34ソロ)、2.5サック
一応ILBということになってますが、手薄なOLBでも出場したりと、チーム屈指のユーティリティープレーヤーは今季も健在でした。今オフUFAになりますが、スペシャルチームのエースですし、引き留めは必須。

キーナン・ロビンソン(ドラフト4巡)
出場11 先発0
11タックル(9ソロ)
フレッチャー大先生の後継者として4巡で指名。出番も少なく、途中でIR入りしたこともあり、スターターになれるタマなのかよく分かりませんでした。

ブライアン・キール
出場5 先発0
6タックル(5ソロ)
最終ロスターカットで切られるも、ロビンソンのIR入りを受け復帰。バックアップとしては有能なベテランじゃないかと。

13展望
 このポジションは大先生の去就次第。大先生が現役続行となれば現状維持が基本でしょうが、引退となれば主要補強ポイントに急浮上。FA市場解禁前までにははっきりさせてもらいたいところですね。

 本当に大先生が引退になったら、恐ろしすぎますね。どうあがいてもその穴は埋まらないですから。FA、ドラフトでどう動くかはロビンソンへの評価次第。個人的にはロビンソンはまだスターターには早いかなという印象なので、FAで見つけてくる必要があるかもしれません。ドラフトだったら、スリップしてきたマンタイさんを2巡でスチールというのはどうでしょう(まだ言ってる)。

 アレキサンダーは確実に再契約お願いします。


 今さらSBネタは古いんですが、思い出したことを一つ。BALが勝ったことにより、これで3年連続でレギュラーシーズンにスキンズに負けたチームがSBを制覇しました(GB→NYG→BAL)。大統領選をめぐるレッドスキンズルールはロムニーが負けたことで完全に崩壊したので、これが新たな伝説ということでどうでしょうw

 あと、SBのコマーシャルでは個人的にはこれが一番ウケました(USAトゥデーの「SBアドメーター」では第2位)。ワタシの英語力では意味が分からないCMも結構多いんですが、これは分かりやすすぎ!



クロックス オンラインショップ


12スタッツ&13展望 OLB

12スタッツ
ライアン・ケリガン
出場16 先発16
54タックル(42ソロ)、8.5サック、2FF、1INT、8PD
ルーキーイヤーの7.5サックからわずかに上昇。同期のJJ・ワット、ボン・ミラー、アルドン・スミスの怪物トリオと比べるとかなり劣りますが、まあよく頑張ったんじゃないかと。代役ですがプロボウルにも出場。とにかくケガがないのがイイですね。

ブライアン・オラクポ
出場2 先発2
5タックル(5ソロ)、1.0サック、1FF、3PD
シーズン序盤に胸筋を負傷してIR入り。昨シーズン最終戦で負傷し手術したのと同じ箇所だったため、チーム屈指のスターパスラッシャーも耐久性をめぐる疑問が急浮上。ルーキー契約最終年の今年は大型契約延長を勝ち取れるかどうか正念場。

ロブ・ジャクソン
出場16 先発14
37タックル(26ソロ)、4.5サック、2FF、4NT、6PD
オラクポのIR入りに伴いスターターに昇格し、スバラシイ活躍。セラートが主導した悪夢の2008年ドラフトで7巡指名で入団した選手がここまで成長するとは感無量。とにかく4INTが立派。ケリガン、オラクポはほぼパスラッシュしかできないのに対し、ジャクソンはパスカバーでも貢献できるのが魅力。パスラッシュではオラクポに遠く及ばないと思ってましたが、終盤、サック数も伸ばしました。今オフ、RFAになりますが、引き留めは必須。7巡入団なので、最低2巡相当のテンダーオファーを出さないと引き留められないでしょう。

クリス・ウィルソン
出場16 先発0
12タックル(9ソロ)、0.5サック

13展望
 ケリガンとオラクポのコンビは悪くはないですけど、少々物足りないという思いもあります。ただ、さらにハイレベルのパスラッシャーを手に入れるのは不可能に近いと思うので、今オフはあきらめます。1巡指名権はないし、キャップはペナルティーでキツキツなので。てなわけで、来季もケリガン、オラクポがスターターで、ジャクソンが3番手という構図は変わらないかと。

 ジャクソンがテンダーオファーで1年残留になる場合、オラクポとジャクソンがともに契約最終年になり、来オフ、2人ともいなくなる可能性があります。4番手OLB兼来オフの備えとして、ドラフト下位で指名する可能性は考えられるかと。ILBのロレンゾ・アレキサンダーとキーナン・ロビンソンはアウトサイドでもプレーできるので、無理に指名する必要はないかもしれませんが、個人的には余裕があれば、下位でいいので生きのイイ選手を指名して欲しいという思いがあります。


RG3がオフェンス部門新人王

 今までテレビでNFLの表彰式なんて見たことがなかったんですが、RG3の様子見たさにじっくり見ちゃいました。

 RG3が普通に歩いて壇上に上がり、トロフィーを受け取る姿には思わず感動。てっきりまだ松葉杖状態かと思っていたので。表情も明るく、バーガンディ&ゴールドのネクタイが輝いていました。同席していたお父さんのネクタイもバーガンディ&ゴールド。「スキンズ愛」が伝わってきますねー。

 シーズン中はRG3が新人王を獲る獲らないはあまり気にしていなかったんですが、プレーオフでケガしてからは何とか獲らせてあげたいと強く思うようになりました。というのは、自分の中には「RG3はキャリアエンドかもしれない」という思いが常に頭の片隅にあります。なので、RG3がNFLで活躍したという証しを賞の形で刻むことはできないか、と思うようになり、新人王受賞を切望するようになりました。ちょっと感傷的すぎますかね。

 50票中、RG3が29票でラックが11票、ウィルソンが10票。予想以上に差が開きました。ウィルソンはもっと伸びると思ったんですが。ラックの複雑そうな表情がなんとも。ハイズマントロフィーでもRG3に負けており、さすがに悔しいでしょうね。

 今日のワシントン・ポストには、RG3のポジティブなコメントや最近の様子などが出ていました。手術以降、RG3の様子が全然分からなかっただけに勇気付けられました。

 “My goal is Week 1,” he said. “That’s all I’m really worried about.”(目標は開幕戦の出場。心配しているのはそれだけ)
 “You will see a different version of me,” he said. “I vowed to my teammates and to myself after my first knee injury that I’ll come back a better player and that’s what I plan to do after this one as well. You won’t see the same Robert Griffin. You’ll see a better Robert Griffin.”(チームメートと自分自身に誓ったんだ。もっといい選手になって戻ってくるよ、って。来季のオレは同じロバート・グリフィンじゃない、もっといいロバート・グリフィンが見られるよ!)

 いやあ~、なんとファン泣かせのコメント。重苦しいオフを過ごしているファンの心を一瞬にして癒すような発言。もちろん本人は100%そう信じているからこそこういうコメントが出るんだと思いますが、明らかにファンを意識してしゃべってますね、コレ。惚れ惚れするほどスバラシイ若者です。ポスト紙によると、既にフロリダで1日3回のリハビリを行っているそうです。

 RG3のひざについては悲観的な思いがぬぐえませんが、RG3の熱い思いを信じるしかないですね。

12スタッツ&13展望 DL

12スタッツ
<NT>
バリー・コーフィールド
出場16 先発16
36タックル(15ソロ)、2.5サック、1FF、6PD
NTというポジションをどう評価したらいいのかいまだによく理解できていないのですが、可もなく不可もなく平均レベルだったような。いいNTを見つけるのは難しいとはいえ、6年36ミリオンのサラリーに見合う選手かどうかは少々疑問。サックを決めた後のパフォーマンスだけはチーム1の秀逸さ。

クリス・ベイカー
出場14 先発0
15タックル(8ソロ)、1PD
昨シーズンのバックアップNTニールドがIR入りしたことで開幕ロスター入り。ほとんど存在感なかったですが、バックアップなんでまあこんなんもんでしょう。

<DE>
スティーブン・ボーウェン
出場16 先発16
25タックル(12ソロ)、1.0サック、3PD
一昨年の6サックから大幅に低下。コーフィールドと同様、堅実な選手ではあるものの、5年27.5ミリオンのサラリーからするとちょっと物足りないような。

ジャービス・ジェンキンス
出場16 先発14
25タックル(11ソロ)
ルーキーイヤーの昨シーズンはプレシーズンでのACL断裂で棒に振り、今シーズンが実質1年目。キャリカーのIR入りでスターターに昇格するも、シーズン前半はほぼ空気。後半になってロスタックルなど光るプレーがちらほら。それでも2巡指名で期待は大きかっただけにサックゼロは寂しい限り。ACLは2年くらいかかるといわれているので、来季の飛躍に期待。

アダム・キャリカー
出場2 先発2
1タックル(1ソロ)
オフに4年20ミリオンの契約延長を勝ち取るものの、シーズン序盤にヒザをやってしまい、失意のシーズンに。

ケドリック・ゴルストン
出場16 先発0
16タックル(8ソロ)
今年も堅実なバックアップでした。以上。

ダグ・ワーシントン
出場6 先発0
3タックル(2ソロ)、1PD
唯一のPDが大事な場面でのナイスプレーだったというかすかな記憶があります。

 素人のワタシは3-4のDLの役割がよく分かっておりません。相手OLの引き受け役というイメージがあり、スタッツだけで評価するポジションではないとは思うのですが、それでもDL全体で3.5サックは寂しすぎ。セカンダリーが弱いだけにDLからのプレッシャーの弱さがパスディフェンスを一段と悪化させました。

 コーフィールド(6年36ミリオン)、ボーウェン(5年27.5ミリオン)、キャリカー(4年20ミリオン)、ジェンキンス(ドラフト2巡)と、他のどのポジションよりも多くのリソースを割いているのに、この内容はお寒い限り。

13展望
 昨シーズン後半はDLのプレッシャーの弱さを巧みなブリッツで何とか補い、最低最悪だったパスディフェンスを辛うじて向上させましたが、来季はDLのプレッシャー向上が絶対に不可欠。セカンダリーを補強しても、同時にパスラッシュも良くならないと意味がないと思うのです。とはいっても、現有戦力にあまりに多くのリソースを費やしているため、大きな補強には動けそうもないのが悲しいところ。

 FAで大きな動きはナシ、ドラフトでも中下位がせいぜいでしょうか。考えられる戦力アップは、キャリカーの復帰とジェンキンスの成長に期待する、くらいですかねー。