So-net無料ブログ作成
検索選択

W4@TBプレビュー

1、RG3
 CIN戦では28回もヒットを受けたらしく、さすがにこのままではやばいだろ、という意見が噴出。RG3のランを減らさざるを得ないでしょう。特に、自らキャリーしても、RBにピッチしても、結局ヒットを受けてしまうオプションは、あまり使わないほうがいいかと。RG3のランを減らして、どこまでオフェンスが機能するか、要注目。

2、スキンズランオフェンス×TBフロントセブン
 スキンズの1試合平均のラン獲得ヤードは、180.07ヤードでリーグ2位。一方、TBディフェンスのラン喪失ヤードは47.3ヤードでリーグトップ。今季のスキンズオフェンスはランでリズムを作ってきましたが、苦しめられそう。RG3のランもできるだけ封印しなければならないし。

3、スキンズインサイドラインマン×ジェラルド・マッコイ
 CIN戦ではインサイドを押されまくり、RG3のリズムが崩れた印象があります。開眼し始めているマッコイにやられるようだと、キツイかも。

4、スキンズパスオフェンス×TBセカンダリー
 TBはランディフェンスがリップトップである一方、パス喪失ヤードは353.3ヤードで最下位。TBのセカンダリーは、CBアキブ・タリブ、エリック・ライト、Sマーク・バロン、ロンデ・バーバーと、豪華な顔触れで、パスディフェンスがなぜこんなに低迷しているのかナゾ。個人的には、パスでサクサク進むという展開はイメージしてないです。

 ピエール・ガーソンは今週もクエスチョナブル。そろそろ出てきておくれ~。

5、スキンズディフェンス
 期待することは特にナシ。とりあえず、今季初の20点台に抑えてくれたら御の字。