So-net無料ブログ作成
検索選択

W1@NOプレビュー

 開幕戦が明日に迫りました。でも、NO相手に勝つ試合展開がイメージできず、あまりテンションが上がってきません。アウェーですし、Must Winの試合じゃないと思って、肩の力を抜いて見ることにします。でも、やっぱ勝ってほしいw

1、RG3
 勝つチャンスがあるとすれば、RG3がいきなり大爆発し、NOとの点の取り合いで競り勝つという展開かなあ。その展開が起きるとすれば、ランが安定的に出て、RG3が落ち着いてプレーできるシチュエーションをつくることが前提条件になるでしょうね。

2、NOパスアタック×スキンズDB
 昨シーズン、NOのホームでの平均得点は41点だそうです。うへっ。積極的にパスラッシュをかけてブリーズのリズムを崩す、というのが守備陣の基本戦略になるんだと思いますが、仮にプレッシャーを掛けられても、層の薄いうちのDB陣では止まる気がしないです。特に心配なのが、3番手CBセドリック・グリフィン。狙い撃ちされそうな予感が。。。ある程度攻め込まれるのは仕方ないとしても、ビッグプレーをガンガン献上するような展開だけは見たくないです。

3、RB
 誰を先発起用するのかシャナハンは明言してませんが、6巡ルーキーのアルフレッド・モリスが先発する可能性が高いようです。馬力があるので、ロスヤードがほとんどないのが彼の魅力。ブリッツピックに難があるのが玉に瑕ですが、これは試合で経験を積ませるしかないですね。

 個人的にはスターターで使って欲しいヘルーは「サードダウンバックタイプ」というイメージが定着しちゃった感じで、そういう使い方をされるんじゃないかと。

4、SSゴームズ
 練習で再びヒザを故障し、2~4週間のアウトが決定したSSブランドン・メリウェザーの代役は、2年目のデジョン・ゴームズ。彼はFSよりスクリメージライン近くにセットしたほうが絶対持ち味を生かせるはず。ウチのディフェンスはSSがキモなので、気張れ。

5、ブランドン・バンクス
 流れをつかむにはバンクス少年のビッグプレーがほしいところ。シャナハンもバンクス少年を「プレーメーカー」と評しており、リターンだけでなく、リバースなどトリックプレーで起用していくはず。

トレンドマイクロダイレクトストア