So-net無料ブログ作成
検索選択

戦力分析&優勝賞品

 NFLファンお楽しみの人気恒例イベント、ちゅるさんプレゼンツ「NFL KICKOFF PARTY 順位予想大会 2012」が今年も開催されます。それに合わせてちゅるさんが各チームの戦力分析を募集されているので、スキンズの分析を簡単に。

【オフェンス】

 すべては新加入のRG3出来次第。プレシーズンでは全体的にまずまずだったものの、パスラッシュがきついと慌てる傾向があり、まだまだ判断力を磨く必要あり。開幕からいきなりエリートレベルのプレーを期待をするのは酷か。

 ただ、RG3のパスターゲットとなるWR陣はかなりグレードアップ。FAでピエール・ガーソンとジョシュ・モーガンを獲得。ベテランのサンタナ・モスと2年目のレオナード・ハンカーソンと合わせ、なかなかレベルの高い陣容になり、シャナハンが求める駒がようやく揃ったか。

 ラン攻撃は2年目のロイ・ヘルー、エバン・ロイスター、6巡ルーキーのアルフレッド・モリスの若手RBトリオが担う。飛び抜けた選手はいないものの、決してレベルが低いわけではない。特に、プレシーズンでパワフルな走りを見せたモリスは開幕スターターもありうる。

 オフェンス陣の弱点は今年もOL陣。RTジャマール・ブラウンはPUP入りし、LGリクテンスタイガーもヒザの大ケガから回復途上。ドラフトではOLを3人指名したものの、依然層の薄さは否めず。

【ディフェンス】

 ストロングポイントはフロント7。スターターの顔触れが去年と変わっておらず、導入から3年目を迎える3-4ディフェンスが一段と機能することが期待される。

 その中で、サック量産が期待されるのが、ブライアン・オラクポとライアン・ケリガンのOLBコンビ。ただ、オラクポはプレシーズンで肩を負傷し、開幕から本調子でプレーできるかどうかは微妙なところ。チームの大黒柱、ILBロンドン・フレッチャーは今年も健在。

 一方、弱点はセカンダリー。昨シーズン、パスディフェンスに苦しんだにもかかわらず、セカンダリーの補強は不十分。特に、3番手CBとしてFA加入したセドリック・グリフィンはプレシーズンで抜かれまくるなど、大きな懸念材料。

 Sも主力として期待していたタナード・ジャクソンが薬物検査で引っ掛かり、無期限出場停止処分を受けたのは大きな痛手。SSブランドン・メリウェザーもプレシーズンでのヒザの負傷から開幕までに本調子を取り戻せるかギリギリな状況。


 とまあ、戦力分析は以上、こんな感じです。。。

 「ネット投票部門」も設けられているので、皆さん、ぜひどうぞ。ワタクシ、昨シーズンのネット投票部門で見事優勝し、ちゅるさんから賞品まで頂いちゃいました。ワシントンまで国際郵便で送って下さったその優勝賞品とは。。。

kincho.JPG

 キンチョーの蚊取り線香とキンチョーの蚊取り線香のデザインがあしらわれたステテコですw ちゅるさんのセンス、スバラシイですね。5月に日本に一時帰国した際、部屋着として使える柄付きのステテコが人気であることを知り、イトーヨーカ堂で一枚買ってきたんですが、あまりに快適な着心地にえらく感動。もう一枚欲しいなあと思っていたところでした。しかも、このデザイン、アメリカ人にウケそうですね。ちゅるさん、ありがとうございました!

マカフィー・ストア