So-net無料ブログ作成

開幕ロスター予想3.0

 プレ最終戦はTBに30-3で完勝。それはいいとして、開幕ロスター最終予想です。赤字は予想2.0版で入れていなかった選手。

オフェンス(25)

QB(2)
RG3、カズンズ

 クーリーリリースで空いた枠に第1次ロスターカットで放出したQBクロンプトンを呼び戻しました。てことはQB2人体制+PSクロンプトンという形じゃないかと。

RB・FB(5)
ハイタワー、ヘルー、ロイスター、ヤング、モリス

WR(6)
ガーソン、モス、モーガン、ハンカーソン、ロビンソン、バンクス

TE(3)
デービス、クーリー、ポール、ポールセン

OL(9)
トレント、リクテンスタイガー、モンゴメリー、チェスター、スミス、ポルンバス、レリベウス、ゲティス、コンプトン、ハート

 プレでLGリクテンスタイガーの代役を務めたハートは外せなくなりました。代わりにスミスがアウト。

ディフェンス(25)

DL(6)
NTコーフィールド、ベイカー
DEボーウェン、キャリカー、ジェンキンス、ゴルストン

LB(9)
OLBオラクポ、ケリガン、ジャクソン、ホワイト
ILB大先生、ライリー、ロビンソン、アレキサンダー、キール

 OLBクリス・ウィルソンの調子が良かったので迷いましたが、若さでホワイトをチョイス。

DB(10)
CBホール、ウィルソン、クロフォード、バーンズ、トンプソン、グリフィン
Sメリウェザー、タナード・ジャクソン、マディウ・ウィリアムス、ゴームズ、ダウティー

 トレードされたバーンズの代わりにグリフィンを戻しました。Sはベテランのダウティーを追加。

スペシャリスト(3)
ラッカーズカンディフ、Pロッカ、LSサンドバーグ

ハピネット・オンライン TIGER&BUNNY商品はこちら! フィギュア・キャラクタートイの通販専門『キャラネット』!!

さらばクリス・クーリー

 びっくりしました。本人がスターターでの出場機会を求め、リリースとあいなったようです。う~ん、30歳&故障がちのクーリーにスターター待遇で迎えてくれるチームはあるのだろうか。。。

 それにしても寂しいの一言。2005年くらいからスキンズファンになった僕としては、全盛期のクーリーはまさにチームの顔のような存在でした。ごっついに選手ばかりのNFLで、顔立ちがカワイイ白クマ系キャラという珍しいタイプで、女性ファンも多かったです(うちの奥さんもクーリーTシャツ持ってます)。相手ディフェンダーを跳ね飛ばして突き進むプレーに何度も興奮させられましたし、チームがどんなに低迷していても、ポジティブなコメントをする姿にホント好感が持てました。間違いなくフランチャイズ史に残る選手です。

 シャナハンによると、他チームで再就職先が見つからなければ再契約もあり得ると示唆してますが、どうですかねえ。TEはデービス、ポール、ポールセンで3人いますし、怪我人が出ない限り、再契約はないかと。

 フェデックスフィールド名物の「ク~~~リ~~~」ももうおしまいですか。とにかく寂しい限りですが、新しい再就職先で元気な姿を見せて欲しいです。でも、ウィッテンが負傷しているあの星マークチームに行くのだけはやめて~。

KURIMO(クーリモ) ギフトサイト

第1次ロスターカット

 サプライズはCBケビン・バーンズのDETへのトレード。開幕ロスター入りを予想していたので、ちょっと意外。でも、キャンプ、プレシーズンでの存在感を薄さを考えると、仕方ないかなあと。

 ただ、本当は普通にカットする予定だっところが急遽トレードがまとまったらしく、ラッキーといえばラッキー。代償は明らかになってませんが、せいぜい7巡でしょうか。

 それにしても、3巡指名選手がスターターはおろか3番手CBにも定着できないとは。ビニー・セラートが指名した選手は外ればっかでホント腹が立つ。

 バーンズの放出で、3番手CBには使えないセドリック・グリフィンを使うということになるんですかねえ。

 もう一つのサプライズは、Kラッカーズのカット。ガノ青年懐疑派の私としては残念な結果に。ガノはプレで一度もFGを蹴ってないのに残留だなんて、最初から残すつもりだったんじゃん。そんなら競争なんてさせずに、最初からプレでガノに経験積ませることを優先すりゃいいのに。なんかやり方がちぐはぐだなあ。

 そして、RTブラウンはPUP入り。また手術を受けることになったそうで、シーズン中の復帰も微妙になってきました。

 この他、カットされたのは以下の12人です。これで90人から75人になりました。

QB Jonathan Crompton
RB  Antwon Bailey
RB Lennon Creer
OL Chris Campbell
OL James Lee
OL Tony Moll
OL Nick Martinez
WR Lance Lewis
WR Sam Kirkland
TE Beau Reliford
LB Monte Lewis
CB Morgan Trent.

※追記 BALをカットされたKビリー・カンディフを獲得し、ガノ青年をリリースしたというニュースが入ってきました。

プレシーズン第3戦

スキンズ 30―17 コルツ

 ファーストチームは3Qの序盤まで出場。攻守とも上々の内容でした。

 RG3は、パス11/17、74ヤード、1TD。5回のドライブで2回TDにつなげたので、十分合格点でしょう。パスプロは安定していたし、ランもあれだけ出れば、さすがに落ち着いてプレーできますわな。本番を想定したプレ3戦でいい感触をつかめたのは、本人にとっても自信になるでしょうね。

 楽しみにしていたディープパスは3回ありましたが、いずれも不成功。最初のは惜しかった。でも、2回目のは3rd&5のシチュエーションでディープにぶん投げる判断ってどうなのよって思いました。

 OCカイルが好きな短いドロップバックからのタイミングパスを決めたり、過去2戦一度も投げていなかったTEデービス、クーリーにも通したり、全体的にリズムがありました。あとは、ベアーズ戦のように相手守備陣から強いプレッシャーがかかる時にどこまでやれるか、ですね。

 RBのスターターはこの日も、ルーキーのモリス。14キャリー、107ヤード、1TDとキレキレ。これだけ活躍しちゃうとPSではキープできないので、開幕ロスターは確定ですね。ハイタワー、ヘルー、ロイスターはみんなケガの不安があるので、下手したら開幕スターターもあり得るかも。

 一方、セカンドチームを率いたグロスマンは、パス8/8、127ヤード、2TDと完璧な内容。前々回のエントリでRG3、グロスマンのQB2人体制を予想したんですが、生き残る可能性が高まりました。嬉しいやら、悲しいやら。。。

 前戦に続きTDレシーブを決めたWRブリスコーはセカンドチームでは別格。なんとかキープしたいですねえ。

 守備陣は試合を通して相手QBにプレッシャーを掛け続けていました。あのプレッシャーの中で、TDドライブを完成させたラックはやはりただものじゃないなと。あの31ヤードTDパスはとても新人とは思えん。

 スペシャルチームでは、前半、KRを担当したのがTEポール、PRはモス。これ、バンクス少年をロスターカットした時の想定ですかね? モスは3番手になりそうなので、リターナーを務める余裕はあるでしょうし。 

 それにしてもTEがリターナーを務めたのは初めて見ました。しかも42ヤードのナイスリターンw いけるかも。

 ※サイドバーに更新順のリンク集を設置しました。2年くらい前からやろうやろうと思いつつ、手付かずでした。どうぞご利用下さい。

コスメ・コム

ラックvsRG3

 土曜日に行われるプレ第3戦で、いよいよラックとRG3が対決。こんなTシャツまで作っちゃって。便乗商売ですな。

tee.jpg

 35ドルですって。こういう普段着に使えないTシャツを買う人の気持ちが分からないんですが、買う人は記念品として保存するんですかね。でも、アメリカ人なら普段着で着ちゃいそうw それにしてもShowdownって、ただのプレシーズンなのにまるでスーパーボウル。。。

 プレ1、2戦のカイルのコールが保守的すぎたせいか、RG3は2試合合わせてもたった14回しかパスを投げてません(成功9回)。できるだけ多くの経験を積ませるべき新人QBにしてはどう考えても少なすぎ。極端にする必要はないと思うけど、ガンガンパスをコールして欲しいですね。ディープパスの精度も見てみたいし。

 それにしても、RG3とラックを同時に見られるなんてなんとお得な試合。全米中継されるそうですが、プレにしては結構視聴率取れるんじゃないですかね。

コスメ・コム

開幕ロスター予想2.0

 オラクポとメリウェザーのケガは重傷ではないとのこと。安堵しました。オラクポは開幕に間に合うようです。メリウェザーの復帰時期は明らかになってません。

 さて、プレ2試合が終わった現時点で開幕ロスターの顔触れを予想してみたいと思います。赤字はキャンプ前の予想では入れていなかった選手です。

オフェンス(26)

QB(2)
RG3、グロスマン、カズンズ

 カズンズがプレ2戦目であまりに良かったので、グロスマンカットでQB2人体制に。

RB・FB(5)
ハイタワー、ヘルー、ロイスター、ヤング、モリス

 ハイタワー、ヘルーがケガで出遅れているので、保険のために6巡ルーキーのモリスを入れました。

WR(6)
ガーソン、モス、モーガン、ハンカーソン、アームストロング、ロビンソン、バンクス

 バンクス少年はレシーバーとしては使い物にならないけど、あのリターンは捨てがたい。デズモン・ブリスコーも残したいけど、WR7枠の余裕はないかなあ。

TE(4)
デービス、クーリー、ポール、ポールセン

OL(9)
トレント、リクテンスタイガー、モンゴメリー、チェスター、ブラウン、スミス、ポルンバス、レリベウス、ゲティス、コンプトン

 復帰の目処が立たないブラウンはPUPかカットか。代わりに6巡ルーキーのコンプトンがイン。いずれにせよ心細い顔触れ。

ディフェンス(24)

DL(6)
NTコーフィールド、ニールドベイカー
DEボーウェン、キャリカー、ジェンキンス、ゴルストン

 IR入りしたニールドの代役はクリス・ベイカー。ものすごくイイというウワサ。

LB(9)
OLBオラクポ、ケリガン、ジャクソン、ホワイト
ILB大先生、ライリー、ロビンソン、ゴフ、アレキサンダー、キール

 ゴフがIR入りしたので、代役にブライアン・キール。

DB(9)
CBホール、ウィルソン、グリフィンミニフィールド、クロフォード、バーンズトンプソン
Sメリウェザー、タナード・ジャクソン、マディウ・ウィリアムス、ゴームズ

 CBグリフィンは使えないのでカット。ミニフィールドはキャンプ前にIR入り。代わりに4年目のバーンズと2年目のトンプソンを入れました。Sは今のところ同じ顔触れにしてますが、メリウェザーが開幕に間に合わない場合、ベテランのダウティーを入れる必要があるかも。個人的にはバーンズをSに回したらいいと思うんだけど。

スペシャリスト(3)
Kラッカーズ、Pロッカ、LSサンドバーグ

 ガノ青年はプレで全然目立ってないですねえ。まるで空気。

 日曜日にMLBナショナルズ―メッツ戦を見てきました。雨の影響で開始が2時間半遅れで待ちくたびれたけど、試合は5対2でナショナルズ快勝とかなり満足のいく内容でした。特に19歳の新鋭ブライス・ハーパーのホームラン&三塁打を見られたのは大興奮。いや~、ものすごいホームランでした。

 今年のナショナルズは「どうしたんだろ」と思うほど絶好調で、現時点でリーグ最高成績。万年最下位の弱小球団も遂にプレーオフが見えてきました。今年初めての観戦だったんですが、球場内の雰囲気、盛り上がりが去年までとは全然違うのに驚きました。チームが強いとファンも盛り上がるんだなあと改めて実感。フェデックスフィールドも今年はそうなってほしいっすね。

プレシーズン2戦目

レッドスキンズ 31―33 ベアーズ

 最後まで楽しめる試合でしたが、肝心のファーストチームは攻守とも完敗、オラクポ、メリウェザーの主力2人が負傷とあいたたたの試合でした。メリウェザーはやばそう。。。

ファーストチーム

 まず、オフェンスですが、OL陣が散々。RG3が被サック3つ(うちファンブル1つ)と、常に逃げ回っている感じでした。あのOLでは、誰がやっても何もできないでしょうね。なんか、去年と同じような光景を見ているようで悪寒がしましたw

 RG3のスタッツは、パス5/8、49ヤード、ラン3回17ヤード。カイルは短いドロップバックからタイミングを重視したパスを好むのに、RG3にはそういうプレーコールをほとんど出していなかったですね。カイルが求める基準まで至っていないということなのか、気になりました。TEデービスに一度もパスを投げていないのも気になりますね。

 RBのスターターはルーキーのモリス。ファーストチームのディフェンス相手にどこまでやれるのか見てみたかったんだと思いますが、まずまずだったと思います。去年までいたトレインに似たパワーバックタイプですね。

 ファーストチームの守備陣はハーフタイムまで出ましたが、前半だけでパス223ヤード献上と、今年もパスディフェンスが鬼門になりそう。

 この試合もDホールがスロットレシーバーのマークに付いた時は、セドリック・グリフィンが外側を守る体型でしたが、グリフィンは全然ダメですね。それなりの期待をして獲得した選手がこのレベルじゃやばいです。開幕前にカットされるかも。好調のドラフト7巡ルーキー、クロフォードを使ったほうがいい気がしました。

セカンドチーム

 ファーストチームとは一転して、攻守ともに相手を圧倒。特に、QBカズンズがパス18/23、264ヤード、3TD、レーティング154.1と、鬼神のような活躍。20点差のビハインドを一時は3連続TDで一気に逆転しました。RG3にはなかったタイミングパスをバシバシ決めるなど、カイルのプレーコールとの相性がいいのはカズンズのほうだと感じました。

 いくらセカンドチームとはいえ、まぐれじゃこのスタッツは出ないでしょう。このままいくと、グロスマンカットで、QB2人体制にする可能性がぐんと高まりました。シーズン中、RG3が不調だと「カズンズを出せ~」コールが出てきそうで、そっちが心配になってきますね。嬉しい悩みですが。

 レシーバーでは、2年目のロビンソンがキレキレ。開幕ロスターは決定でしょう。加入間もないブリスコーも良かったです。

 スペシャルチームでは、バンクス少年がPRで一発やりました。本当はあのシーン、リターンTDかますよりも、RG3の2ミニッツを見たかったんですが。レシーバーとしては使えないけど、リターナーとしてはやっぱり捨てがたい選手ですね。

 あとは、オラクポ、メリウェザーのケガが軽いことを祈るのみ。

プレシーズン初戦

スキンズ 7―6 ビルズ

 デビュー戦となったRG3、素晴らしかったです。とにかく新人とは思えない落ち着きぶり。ファーストターゲットに投げられない場合も、セカンド、サードと落ち着いてターゲットを探しており、視野の広さを感じさせてくれました。

 危機察知能力も高く、インコンプリートでしたが、ブリッツをかわすためにパスを急いで投げた判断の良さにも感心しました。あれがグロスマンだったら、サック&ファンブルだったかもw

 新加入のWRガーソンとのコンビネーションも完璧でした。ガーソン、コイツは使えそうですね~。スピードで相手CBのマークを外せるから、RACでヤードを稼げるのが魅力。シャナハンが求めていたタイプのレシーバーって感じがしますね。

 RG3の次に注目していたのがOL陣。スターターのLGリクテンスタイガー、RGチェスター、RTブラウンがアウトだったため、バックアップ陣がファーストチームの守備陣相手にどこまでやれるか、いい機会でした。代役は、LGが2年目のハート、RGがルーキーのゲティス(5巡)、RTがポルンバス。

 ビルズのDL陣は新加入のマリオを筆頭にリーグ屈指のタレント揃いなので、ランがほとんど出なかったのはしゃあないですね。ただ、パスプロではRG3をがっちり守っていたので、合格点をあげられるかと。また、TDパスのシーンではLTトレントがナイスブロックしてました。今年のトレントは「ベターじゃなくてベストになる」と意気込んでいるらしく、やってくれそうな感じです。

 ディフェンスで注目していたのは、ラヒーム・モリスが改革しているというCB陣。Dホールはアウトサイドをカバーするのが基本ですが、ニッケル体型ではホールをスロットレシーバーにつかせ、アウトサイドはセドリック・グリフィンが守っていました。ただ、ファーストチームの出場時間が短すぎて、このシステムが効果を上げているのかどうかよく分かりませんでした。でも、セカンダリーがユルユルだった去年と同じやり方ではダメだと思うので、改革はいいんじゃないかと思います。

 セカンド、サードチームは、両チームともオフェンスがgdgdすぎて、眠くなりました。グロスマン、カズンズとも不発でした。

 セカンドチーム以降で良かったのは、INTを記録したCBクロフォード。PRでもいいリターンをしてました。かなり使えそうな雰囲気です。

 WRバンクス少年はセカンドチームで出ていましたが、やっぱりレシーバーとしてはダメですねえ。サイズがないため、ボールの競り合いに弱すぎて、使い物にならないと感じました。シャナハンはバンクス少年について、「レシーバーとして貢献できないとダメだ」と言っていましたが、今のままではロスター残留は厳しいかも。

 話は変わって、なでしこは残念でした。なでしこの試合を見たのは、W杯決勝以来だったんですが、女子サッカーのレベルはこんなに高かったのか~、とかなり驚きでした。日本にもアレックス・モーガンちゃんみたいに前線でボールをキープできる選手がほしいですね(しかもかわいい)。

 それにしても、アメリカでオリンピック放映権を持つNBCはワケが分からんです。視聴率を稼げる女子サッカー決勝を地上波で放送しないなんて。地上波で流していたのは水球ですよ、水球。

 うちは地上波しか映らないので、近所のオンボロのバーで見てきました。普通のバーとはいえ、サッカー決勝を真剣に見ているお客さんが僕以外にほとんどいなかったことにも驚きました。国民の多くがテレビにかじりついたであろう日本とは随分違いますね。

生RG3見てきましたw

 先日は練習がない日に見に行くという大失態を犯してしまいましたが、今日はスケジュールを何度も確認した上で、行ってきました。練習の様子を適当に撮ってきたんで、どうぞ。

blog01.JPG
RG3のパス練習

blog02.JPG

blog03.JPG

blog04.JPG
なぜかガッツポーズ

blog05.JPG
OL陣に囲まれるとモスは一段とちっちゃく見えますな

blog06.JPG
WRピエール・ガーソン

blog07.JPG
11対11

blog08.JPG
ファーストチームのセカンダリー4人衆。Dホールはキャンプではいつも背番号2をつけてるのはなぜでせう?

blog09.JPG
RBロイ・ヘルー。こんなワイルドな雰囲気してたっけ?

blog10.JPG
大先生、今年も宜しくお願いします

blog11.JPG
ドラフト3巡ルーキー、G/Cレリベウス。ワシントン・タイムズ紙に、レリベウスはいつも笑ってると書いてあったけど、ホントに笑っとった

blog12.JPG
なぞの背番号「?」、しかもQB用の黄色いジャージ。誰だコイツは!?

blog13.JPG
WRアームストロングでしたw お茶目ですな

blog14.JPG
練習後のサインタイム。といっても、VIPエリアばっかりでサインして、一般客エリアには全然来てくれな~い! 誰かが「カズンズ~!、お前はスキンズ史上最高のドラフト4巡選手だ~」などと意味不明なことを叫んで猛アピールすると・・・

blog15.JPG
来てくれました、一般客エリアに。さすがナイスガイ。でも、残念ながらサインはもらえず。。。


 肝心のRG3ですが、あんまり良くは見えなかったです。いろいろなメディアで、ポケット内でボールを持ちすぎと書かれ続けてましたが、その意味がなんとなく分かりました。11対11では、パスを出すタイミングがかなりイマイチ。INTされるシーンもあったんですが、守備陣が全く見えていないまま無茶投げしてました。全体的に判断が悪い感じで、かな~り不安を覚えました。シーズン序盤はかなり苦戦するかも。

 一方で、RG3にランさせるプレーコールが結構ありました。本番でも積極的に使う方針なんですかね。それはものすごいウェポンなんだろうけど、ケガがコワイ。

 いよいよ9日にプレ初戦ですね(もしかしてなでしこ決勝と同じ日?)。RG3には12~20スナッププレーさせるそうです。2~3ドライブを任せる感じでしょうか。いや~、楽しみです。

OL陣、早くもピンチ

 OL陣が早くもパッチワーク状態になってきました。PUP入りしたRTブラウンに続き、故障明けのLGリクテンスタイガーが右ヒザのarthoscopic手術を受けることになりました。

 リクテンスタイガーはプレシーズン全休が決定。開幕からのスターター復帰は無理かと。もともと開幕に間に合うかギリギリだろうと思っていたので、想定内といえば想定内なんですが、OLは弱点なだけにやっぱりイタイ。ファーストチームのLGには2年目のモーリス・ハートが入っています。3巡ルーキーのレリベウスはどこ行った?

 チームはジョーダン・ブラックというOTをロスターに加えています。80試合(うち先発40試合)の出場経験を持つベテランですが、去年は出場がなく、あまり期待できなさそうな雰囲気。個人的にはブラウンに見切りをつけてカットし、FA市場でまだ売れ残っているOTの中でベストの選手を獲りに行ったほうがいいと思うんですが。ブラウンの代役、ポルンバスは練習でかなりやられているそうですし。

 いずれにせよ、今年もOLには悩まされそうですね~。

 一方、LBジョナサン・ゴフは、また右ヒザのACLをやってしまい、シーズンアウトが決定。故障明けでリスクの高い補強だとは思ってましたが、ギャンブルに失敗した格好。2年連続でACL断裂ですか、キャリアエンドかも。。。ゴフに求められていた役割はバックアップだったので、チームにとっては大きな痛手ではないですが、本人には本当に気の毒。

 実は、日曜日に練習を見に行ったんですが、休みでした。。。練習スケジュールを勘違いしていました。今年、設置された室内練習場の外観だけ見て帰ってきました。一緒に連れ出してしまったMさん、すんません!!