So-net無料ブログ作成

株が上がっている選手

 ミニキャンプが終わり、7月下旬に始まるトレーニングキャンプまでオフに入りました。毎年、ミニキャンプとOTAをどのようにウォッチしたらいいのかよく分からないまま、時間だけが過ぎちゃいます。とりあえず番記者の情報を適当にチェックしているのですが、断片的な情報しか出てこないので、まったくイメージがわきません。

 ただ、評価が上がっている選手がRG3以外にも何人かいるので、ちょこっとご紹介します。

CBチェイス・ミニフィールド(ドラフト外ルーキー)
 ドラフト3~4巡候補でしたが、手術(内視鏡手術?)を受けたヒザの具合を懸念され、結局、ドラフト外でスキンズと契約。本当は40ヤード4・4秒台で走れるそうですが、ヒザが完全に回復していないのに、無理矢理走ったプロデイで4・6秒台を出してしまい、ドラフトで敬遠される大きな要素になったようです。
 とにかく、ミニフィールドに対しては絶賛ばかり。ミニキャンプでもINTするなど、評価を一段と高めた感じ。CB陣は層が薄いので、今の調子なら開幕ロスターは間違いなさそうな勢いです。ものすごい掘り出し物かも。

Sマディウ・ウィリアムス(FA加入)
 ベテランミニマムに近い金額で加入し、ロスター当落線上と言われていましたが、かなり調子がいいという記事をあちこちで見かけます。FSスターター候補のタナード・ジャクソンがケガからの回復途上で出遅れているようなので、好調なウィリアムスの存在は心強いかぎり。

TEナイルズ・ポール
 WRからTEへのコンバートはまずまず順調に進んでいるようです。ブロッキングが向上すれば、面白い存在になれそうな雰囲気がプンプン。

WRサンタナ・モス
 体重を15ポンド絞るなど、やる気満々とのこと。オフにガーソン、モーガンが加入し、危機感を感じているんでしょうね。今までWR陣のレベルが低すぎて、モスの地位が安泰すぎましたからね。いいことです。モーガンも2年目のハンカーソンも故障明けで出遅れていることもあり、モスに対する期待が再浮上している感じです。

 ドラフティーではRG3以外に「コイツはいいぞ」という話が見当たらないのが、ちょっときがかり。3巡のレリベウスはCでも使われているようです。レリベウスの指名は、故障明けのLGリクテンスタイガーの保険と思っていたんですが、Cモンゴメリーの後継者という狙いのほうが大きいのかもしれません。ただ、いずれにせよ、去年は控えインテリアラインマンがボロボロだったので、レリベウスがGとCを両方こなせる意義はかぎりなくでかいです。

エディー・バウアー・ジャパン


キャンプ地がリッチモンドに移転

 個人的にかなりショックなニュースです。来年から夏のキャンプ地がチームオフィスのあるバージニア州アッシュバーンのレッドスキンズパークから州都リッチモンドに移ることになりました。

 リッチモンドまでうちから車で約2時間。う~ん、結構遠い。今までは車で30分と買い物感覚でキャンプを見に行っていたんですが、来年からは気合いがいりますな。たぶん、往復4時間もかけて見に行かないだろうなー。となると、今年が最後のキャンプ見学になるかも。

 チームオフィスの移転も検討し、ワシントンDC、メリーランド州とも交渉したようですが、結局、今のオフィスを改修することになりました。そらそうでしょうね、ブルース・アレンがGMである限り、バージニアから出て行くことはないでしょう。兄貴のジョージ・アレンは元バージニア州知事で、11月の選挙で同州選出の上院議員に返り咲きを狙う地元の大物政治家ですからね。バージニアからレッドスキンズが逃げ出したとなったらイメージ悪いですもん。

 ボブ・マクドネル現バージニア州知事の奥さんは元レッドスキンズチアだとか。マクドネル氏は将来、共和党の有力大統領候補の1人として浮上してくる可能性があるので、First Lady of Football がアメリカの First Lady になる日が来るかもしれませんね。

 それはともかく、気になったのは1992年にオープンしたチームオフィスが大改修が必要だということ。まだ20年じゃないですか。よっぽど初期設計が悪かったんですかね。初めてチームオフィスを見た時(もちろん中に入ったことはないですが)、天下のNFLチームにしては「あれっ、小さくね」って思いました。あのサイズで、マネジメント部門のオフィスから選手のロッカールーム、トレーニングルーム、ミーティングルーム、食堂まで入りきるのだろうかと疑問に感じたのを覚えています。実際、他チームの施設よりかなり劣っているらしいです。

 ちなみにこれが3年くらい前にキャンプ見学で撮ったチームオフィスの写真です。写真では大きく見えますが、実際はそれほどでもないです。

1.JPG

 7月下旬から始まる今年のキャンプはリッチモンド移転前最後ですし、生RG3も見られますし、必ず行くつもりです。ものすごい人混みでしょうが、奇跡的にサインをゲットできたらなあと。

DB、数打ちゃ当たる?

 RG3の加入、レシーバーの大型補強、ドラフト中下位でのOL重点指名と、オフェンス陣はなんとなくサマになってた気がするのですが、ディフェンス陣はDBの層が薄いまま。今季最大の不安材料であることは間違いないです。

 Sはランドリー、アトーグウェのスターターコンビがチームを去りました。CBはDホールとジョシュ・ウィルソンが一応スターターですが、2人ともエリートレベルじゃないです。しかも、ニッケルCBも確定していません。

 サラリーキャップ枠削減の影響からかFA市場では大物に手を出さず、中堅選手をかき集めました。ドラフトでは7巡でようやくCBリチャード・クロフォードとSジョーダン・バーンスタインを指名したのみ。

 現在、ロスターには15人のDBがいるそうで、とりあえず「数打ちゃ当たる」で対処するつもりのようです。こんなんでシーズン乗り切れるのか、ちょっと不安。新DBコーチのラヒーム・モリスには期待してるけど、コーチがプレーするわけじゃないしなあ。

 CBとSのロスター争いの現状をおさらいしておくと・・・。

CB
 Dホールとウィルソンがスターターで、3番手はFA加入のセドリック・グリフィンが今のところ最有力。残り1~2枠を、4年目のケビン・バーンズ、2年目のブランディン・トンプソン、7巡ルーキーのクロフォード、ドラフト外ルーキーのチェイス・ミニフィールドあたりが争う展開です。

 最近、JAXをリリースされ、ウェイバーにかけられていたモーガン・トレントという選手をクレームして獲得。これに伴い、4月にFA加入したばかりのリー・トレンスがリリースされました。トレンスはスペシャルチーマーとして有能なので、開幕ロスターに入ると予想していたので意外でした。

 3巡指名ながらなかなか芽が出ないバーンズは、個人的にはCBとしては終わっていると思っているので、Sで活路を見出したほうがいいと思うんですが。


 ここはスターターが誰になるかもさっぱり見当がつきません。アナリストの間では、FA加入のブランドン・メリウェザーとTBをリリースされたところを拾ったタナード・ジャクソンが有力と言われてますが。2人とも能力はお墨付きだけど最近精彩を欠いている、というイメージがありますね。

 2年目のゴームズとFA加入のマディウ・ウイリアムスも残るんじゃないかと。あとは残る0~1枠をダウティー、7巡ルーキーのバーンスタインが争う展開でしょうか。

 うまく機能すればかなり面白そうなユニットですけど、はずれたら大変なことになりそう。さて、どうなることやら。

ELLE SHOP

マカフィー・ストア