So-net無料ブログ作成

ドラフト3日目

 4巡bのトレードダウンで6巡指名権が一つ増え、3日目の指名権は全部で7つに。

4巡102位 QBカーク・カズンズ(ミシガン州立大)

 RG3指名で他にQBを指名するとは思ってなかったので、この指名を耳にした瞬間、頭の中が真っ白に。でも、3分後にはナイスピックだと思うようになりました。(カズンズ一押しのJJ#66さん、おめでとうございます!)

 RG3はマイケル・ビックと同様、スクランブルを多用するプレイスタイルからケガが多そうなタイプ。となると、安定したバックアップの存在がどうしても必要。狙っていたカイル・オートンをDALに奪われたことで、やむを得ずもう1人のRG3と再契約しましたが、ドラフトでももう1人獲っておくことは既定路線だったのでしょう。RG3が倒れたあと、QBは他にもう1人のRG3しかいないなんて、精神衛生上も良くないですからね。それこそシーズンエンドw

 個人的にRG3とラック以外ではウィーデンとカズンズを買っていたので、このピックものすごくウレシイw 去年、ミシガンステートの試合を見たのは1回だけですが、プロスタイルのオフェンスで安定したプレーをするカズンズに感銘を受けました。NFLでスターターになれるかどうかは微妙だと思いましたが、バックアップとしては十分な素材じゃないかと。RG3がいるんでスターターになるチャンスがないのはちょっと気の毒だけど。

 カズンズは今年、3番手で修行を積み、来年から2番手に昇格。そんでもう1人のRG3とようやく決別。嗚呼、なんと素晴らしいシナリオw

 カズンズ指名に伴い、ジョン・ベックがリリースされました。去年のプアなパフォーマンスを見る限り、しかたないですね。使いものにならないんだもん。

4巡119位 LBキーナン・ロビンソン(テキサス大)

 フレッチャー大先生の後継者をここで指名。名門テキサス大で3年間スターターを張っていたようです。今回のドラフトは全体的にリーチが多かったですが、ロビンソンは順位相応の選手のようです。

5巡141位 Gアダム・ゲティス(アイオワ大)

 3巡のレリベウスに続き、もう1人Gを獲りましたか。ちょっと意外。欠点は6-2、293ポンドとかなりアンダーサイズであること。半面、40ヤード5秒と、OLにしては早いほう。サイズよりも機動力を重視するシャナハン好みのピックですかね。OL育成に定評のあるアイオワ大というのもプラス材料で、ビッグ10のセカンドチームに選ばれています。Cのバックアップも務められたらいいんですけどね。

6巡173位 RBアルフレッド・モリス(フロリダ・アトランティック大)

 やっぱりRB獲りましたね。問題は使えるかどうか。コンバインの映像を見たんですが、スピードも迫力もまったく感じませんでした。5-10、219ポンドと豆タンク的な体格は、MJDのような雰囲気もしますが、どうかなあ。ただ、ゾーンブロッキングシステムとの相性はいいといわれています。

6巡193位 Tトム・コンプトン(サウスダコタ大)

 3人目のOL。サウスダコタ大というのが何とも言えませんが、RTブラウンの後継者争いに加えるにはいいんじゃないですかね。3~4巡と予想するモックもあったらしいので、バリューピックじゃないかと。

7巡213位 CBリチャード・クロフォード(南メソジスト大)

 7巡にしてやっとDB指名。SMUが所属するオールカンファレンスUSAではファーストチームに選ばれたそうです。ユーチューブ映像ではPRのシーンもあったので、リターナーとしても期待しているのかな。それにしてもSMU好きだなあ。今ドラフト2人目。去年もWRアルドリック・ロビンソン獲ってるし。でも、CB、もっと上位で獲ってほしかったなあ~。

7巡217位 Sジョーダン・バーンスタイン(アイオワ大)

 アイオワ大ではKRを担当していたらしいです。「7巡でいいからS獲っておいてほしい」という個人的な願望はかなえられましたw

<ドラフト総括>

 トレードダウンで指名権を7つから9つに増やし、その3つをOLに費やしたことは大いに評価できます(ホントは去年やってほしかったけど)。

 一方で、CBが7巡まで指名がなかったのは極めて残念。セカンダリーの弱さが今年もチームの足を引っ張るような気がしてならないです。ルーキーCBが即戦力になるのは希ですが、それでも中位で最低1枚は加えておいてほしかった。

 結局、TEの指名はありませんでした。クーリーは残すということなんでしょうね。良かった、良かった。

 3巡以下の指名では、カズンズ以外は聞いたことのない選手ばかりでした。なので、ドラフトの最大の醍醐味である「こんな評価の高い選手がこの順位で獲れるなんて超ラッキー!」という、いわゆる“バリューピック”を楽しめなかったことが、ちょっと心残り。周囲の評価に左右されず、自分たちの評価基準で指名を行ったフロントの眼力を信じるしかないんですけどね。

 ただ、全体的に十分合格点をあげられるドラフトだったと思います。BPAに走りたくなる欲望を抑え、ニーズを埋めることに徹した姿勢は好感が持てました(カズンズだけは完全なBPAでしょうが)。指名順位はともかく、個人的にニーズと思っていたG、T、CB、S、ILB、RBを一通り押さえてくれましたし。素材型の選手が多い印象を受けますが、うまく育ってくれるのを期待するのみです。

ドラフト2日目

3巡71位 Gジョシュ・レリベウス(南メソジスト大)

 2日目唯一の指名をワクワクしながら待っていたんですが、「誰それ?」が第一印象。すぐにググってみましたが、Gのランキングでは10位とか圏外とか評価はまちまち。いずれにせよ、かなりのリーチであることは間違いなさそう。面構えもお笑いタレントのような雰囲気が。。。いろいろ不安を感じるピックですが、3巡をGに費やしたことはとりあえず評価したいです。

 今のフロントは周囲の評価は気にせず、独自の基準で選手を評価している印象を受けます。去年も3巡候補のDEジャービス・ジェンキンスを2巡上位で指名していますし。「もっと良い選手がいたんじゃない」という声も多いですけど、とりあえずフロント、スカウト陣の眼力を信じたいと思います。

 CB、RTよりもGを先に指名したことは、ACLから回復途上のLGリクテンスタイガーが間に合わない可能性があるということなんでしょうね。

 もともとは3巡69位指名権を持っていましたが、トレードダウンでBUFから3巡71位と7巡217位をもらいました。指名権は一つでも多い方がいいと思っていたので、ダウンは納得。去年もトレードダウンを連発しましたが、細かく稼ぐのが随分うまくなりましたなあ。いいことですw

 3日目は4巡2つ、5巡1つ、6巡1つ、7巡2つの計6つです。最終日が一番楽しそうですね。

ドラフト初日

RG3b.jpg

 まだ1試合もしてないんですけど、長い暗黒時代が終わった、そんな気分です。大袈裟ですかね。

 昨年、シーズン中盤で消化試合になったのに、グロスマンを見続けなければいけないことが、心底苦痛でした。「こんなことになるんなら、ドラフトでQB獲っておいてよ~」と何度も思いました。QB指名をスルーしたシャナハン&アレンにはホント腹が立ちました。でも、今日、RG3を指名でき、グロスマンでガマンした昨シーズンがムダではなかったとしみじみと感じております。

 びるずだいなすてぃさんもおっしゃっていましたが、フランチャイズQBっていうのは、ホント、めぐり合わせで決まる結婚みたいなもんですね~。去年のドラフトで中途半端にQBを指名していたり、グロスマンでそこそこ勝っちゃったりしていたら、RG3はスキンズに来ていなかったでしょうから。

 「今オフはどんな代償を支払ってもフランチャイズQBを獲る!」と首脳陣、フロントを決意させてくれたのは、グロスマンがポカを連発してくれたおかげだと思うのでありますw

 RG3指名後すぐに、スキンズのチームストアからRG3レプリカジャージ販売の宣伝メールが来ました。すげ~売れるだろ~な。

 他チームでは、トレードアップでクレイボーンを獲ったダラスがうまいことやったなあと。プラス2巡で14位から6位までアップできたらおいしいですね。たった4つ上げるのにプラス1巡2つ&2巡1つ付け加えたうちと比べたら。。。

 ルーキーのサラリーが下がったことで、ドラフト上位のトレードが活発化し、全体的に面白かったです。

 1巡候補がスリップした選手も多いので、2巡指名権があったら2日目はもっと楽しかったんですけどね~。

ドラフトポジション予想

 スキンズドラフト3巡以下の指名選手を予想、といきたいところですが、そんな情報量もないし、映像を見ても違いが分かるわけでもないし、ポジションだけ予想してみたいと思います。あくまでニーズベースの予想になっちゃいますが。

3巡69位 CB

 今年はCBが豊作と言われる半面、需要も高いらしく、メル・キーパーによると、150~175位までにCBは25~27人指名される可能性があるそうです。意中のCBを取るには、この順位を使うしかないんじゃないかと。

 個人的には、デアンジェロ・ホールの緩いカバーにはいい加減うんざりしているので、来年の入れ替えを念頭に、スターター候補生を今年取っておいてほしいです。そういう意味でも3巡はCBに投入。

4巡102位 OT

 RTジャマール・ブラウンがキビシイと言われ続けているので、後継者を指名。シーズン中盤くらいからスターターに昇格、とうまい具合にいったらいいのですが。

4巡109位 G/C

 LGリクテンスタイガーがACLからの回復途中なので、G指名は必須。できれば、Cもできるマルチな選手だと、デプスを厚くする意味でも大助かりなんですが。

5巡141位 TE

 クーリー放出が既定路線だとするなら、最低でもこの順位までにTEを指名するんじゃないかと。

6巡173位 ILB

 フレッチャー大先生の後継者候補をここらへんで。大先生との契約が切れる2年後まで育成期間があるので、即戦力でなくても全然問題ナシ。

7巡213位 RBまたはS

 ハイタワーと再契約しないなら、RBは必要ですよねえ。7巡では遅すぎな気がしますけど、必要なのは3番手なのでまあいいかなあと。

 Sはもっと上位で取りたいですけど、今オフ、ベテランを3人加え、頭数は揃ったので、本格補強は来年に先送り。それでも指名できるなら指名しておいてもいいんじゃないかと。


 話は変わって、HOUからFAになっていたKニール・ラッカーズと1年契約を結びました。当面、ガノと争うことになるんでしょう。過去2年間、ガマンして使い続けてきたガノが変革すると僕は全然信じてないんで、そのままラッカーズでいってくれちゃっていいんですけど。

気になった情報

 もうすぐドラフト、楽しみですね~。といっても、僕の中ではトレードが決まった日が興奮のピークでした。コルツもラックを指名すると言っているし、とりあえずRG3がスキンズの#1ジャージを掲げるシーンを見るのが待ち遠しい、って感じですかね。

 最近、ドラフト戦略にも影響しそうな気になるニュースがいくつか出てきました。

WRポールがTEに

 2年目のWRナイルズ・ポールがTEにコンバートするそうです。このニュースを聞いた時、「サイズ的にどうなの?」って思いましたが、登録されているサイズは6-1、224ポンドとWRにしては大柄。昨シーズン中は228ポンドで、あと10ポンドのバルクアップを目指しているそうです。

 それでもTEにしたらかなり小柄ですが、NEのアーロン・ヘルナンデスが6-1、245ポンドだとか。首脳陣はヘルナンデスのようにTEとWRのハイブリッド的な選手として使いたい意向なんでしょうね。ポールはブロックはうまいと評判ですし、なかなか面白いコンバートじゃないかと。

 ポールがTEで登録されるとすると、TEはデービス、クーリー、ポールセンと計4人になります。しかも、今日のワシントン・ポストによると、ドラフトでTEを中下位で指名するらしいです。う~ん、サラリーの高いクーリーが放出される雰囲気になってきたような。。。

アレキサンダーがILBに&デプス強化

 ペラペラなILBのデプスを厚くするため、OLBロレンゾ・アレキサンダーが今年はILBをやるそうです。4-3時代はDTだった選手が、ILBですか。なんというマルチな選手。

 また、今日、ブライアン・ケールという選手とサイン。ILBのデプス強化とともに、スペシャルチーマーとしても有能なようです。

 これでILBは大先生とライリーのスターターコンビに、アレキサンダーとケールと、とりあえず頭数は揃いました。ドラフトでのプライオリティーは少し下がった気がします。それでも、大先生の後継者候補を今年1人指名しておく必要があると思います。

RBハイタワーは戻ってくる?

 ハイタワーがFAになっていて、まだ再契約していないことをすっかり忘れていました。ハイタワーがNEを訪問したというニュースを読んでその存在に気がつきました。

 ドラフト6巡+DEホリデーを出して獲った選手なんで、費用対効果的にもう1年はキープしたいですね。ただ、ACLからの回復途中なので、過度の期待は禁物。保険としてドラフトで下位でのRB指名はあるかもしれません。


 話は変わって、MLBワシントン・ナショナルズが絶好調。万年最下位のお荷物球団が見違えるような強さ。特にピッチャーがイイ。先発ローテーションはストラスバーグを筆頭にリーグトップクラスの充実した布陣です。気は早いですが、プレーオフに行ってほしいw

 NHLのキャピタルズもプレーオフ第1ラウンドで、昨年の覇者ボストン・ブルーインズと死闘を繰り広げていて、第7戦までもつれています。

 NBAウィザーズは相変わらずの体たらくですが、今年はワシントンのスポーツチームがイイ感じです。RG3加入のスキンズも盛り上げてほしいところです。

RG3スキンズ入り決定!

 てつさんがコメントで書かれていたように、コルツがラックに「1位指名する」と伝達したようで、RG3のスキンズ指名が確定しました。めでたい、めでたい。これで何の不安もなくドラフト当日を迎えられますね。

 さて話は変わって、昨季のリーディングレシーバー、WRギャフニーがトレードまたは放出されることになりました。サラリーキャップ枠を空けるためと言われていますが、個人的には#10を空けるためではないかと疑ってますが。。。

 68キャッチ、947ヤードを稼いだ安定感抜群のレシーバーを放出するのはもったいない気がしますが、ギャフニーがスターターである限り、迫力のないオフェンスは続くことになると思っていたので、まあ仕方ないかなあと。気迫を全面に出す姿勢が大好きな選手でしたが。

 トレードといっても、6~7巡がせいぜいと言われており、成立したら儲けもの、くらいのようです。スキンズの選手が3巡以上の高値でトレードされたのって、記憶にないです。。。これもチーム低迷を示す事例の一つですかね。

 あと、サラリーキャップペナルティーの調停が、5月10日に行われるそうです。いつ結果が出るのかは分かっていませんが、優秀な弁護士を立てて、説得力の欠くNFLの主張を徹底的に論破してほしいですね。宿敵ダラスとタッグを組むというのもなんとも。

2012スケジュール

 今年の対戦スケジュールが決まりました。地区内ライバルとの対戦がW10までに1試合しかなく、残りの7週に5試合が集中。ここまで偏ったスケジュールは自分のファン歴では記憶にないです。

W1 Sept. 9 @New Orleans Saints 1 p.m.

 いきなり 強豪セインツとの対戦。報奨金問題揺れてますが、充実した戦力を見る限り、そんなの関係ねえんじゃねという気が。。。

W2 Sept. 16 @St. Louis Rams 4:05 pm

 トレードアップでお世話になったラムズとの対戦。ここは確実に白星を拾っておきたいところ。

W3 Sept. 23 Cincinnati Bengals 1 pm

 今季初のホームゲーム。

W4 Sept. 30 @Tampa Bay Buccaneers 4:15 pm

W5 Oct. 7 Atlanta Falcons 1 pm

W6 Oct. 14 Minnesota Vikings 4:15 pm

W7 Oct. 21 @New York Giants 1 pm

 7週目にして地区内ライバルとやっと初対戦。

W8 Oct. 28 @Pittsburgh Steelers 1 pm

W9 Nov. 4 Carolina Panthers 1 pm

 またニュートンと対決。モバイル系QB、苦手なんだよなあ~。

W10 Nov. 11 Bye

 10週目にしてようやくバイ。選手たちも大変です。

W11 Nov. 18 Philadelphia Eagles 1 pm

 バイ明けにまたPHIに血祭りに上げられるなんてことはないですよね?

W12 Nov. 22 @Dallas Cowboys 4:15 pm

 サンクスギビングゲーム! 知り合いのご家庭からディナーのお招きを受けたらどうしよう。。。他人の家で「テレビ見ながらメシ食っていいっすか?」なんて言えるわけないし。

W13 Dec. 3 New York Giants 8:30 pm

 マンデーナイト! 今季唯一のナイトゲーム! 無様な試合だけは勘弁。

W14 Dec. 9 Baltimore Ravens 1 pm

W15 Dec. 16 @Cleveland Browns 1 pm

W16 Dec. 23 @Philadelphia Eagles 1 pm

W17 Dec. 30 Dallas Cowboys 1 pm

 シーズン最終戦は宿敵ダラス。 プレーオフをかけた一戦になっているか、消化試合になっているか。。。


 やっぱりシーズン終盤に地区内ライバルとの試合が集中しているのは重たいですね。滑り出しに失敗しても、終盤に巻き返しのチャンスが残っているということにはなりますが。。。

スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」

大先生がようやく契約

 フレッチャー大先生との契約がやっとまとまりました。めでたい、めでたい。

6a015432d86661970c01676512499a970b-500wi.png

 HTTRって何だろうと思っていたんですが、Hail to the Redskinsの略語だそうです。これはいいですね。

 それにしても長かったですね。FA市場解禁から1カ月。一体何をもめてたんですかね。大先生の年齢を考えると、他チームが獲りにくることはないと思っていたので、心配はしてませんでしたけど。

 2年契約だそうですが、金額は出てきていません。3年くらいオファーすると思っていたんですが、2年ですか。短いのか、ちょうどいいのか、よく分かりません。大先生の変態プレーぶりを見ると、あと5年くらいいけそうな気もしちゃうんですがw

 あと、最近、TBをリリースされたSタナード・ジャクソンを獲得しました。アレンさんがTBのGM時代に指名した選手で、DBコーチのラヒーム・モリスの下でプレーしていました。そのあたりの人脈が獲得の決め手でしょう。

 気になるのは、薬物違反で2回も出場停止処分を受けていること。マリファナかなんかですかね。ちゃんと克服できているのかどうか心配。薬物のリスクは軽視できないです。うちには既に薬物違反者が2人もいますからねー。TBがリリースした経緯を見ると、素行にも問題がありそうな感じ。

 ただ、2009年にINTを5つも記録しており、リスク覚悟でトライしてみる価値はありますね。

 ちなみに地元メリーランド州の出身。最近加入したSマディウ・ウイリアムスも同じ。FA加入のWRジョシュ・モーガンはDC出身ですし、今年はやたら地元出身者が多いです。

 これでSはメリウェザー、ウイリアムス、ジャクソン、ダウティー、ゴームズとなり、とりあえず頭数は揃いました。これでドラフトでのDB補強は、CB優先ですかね。

 最近、TEもそこそこの順位で指名するような気がしてきました。デービスは薬物で1年アウトのリスクがありますし、クーリーは故障が多く、年齢的な衰えも出てきました。去年はセラーズも含めてTEを4人入れていたので、ドラフトで指名する可能性は十分あると思います。

DBを補強

 CBとSを1人ずつ補強しました。

 1人は、前SFのSマディウ・ウイリアムス。SFでは出場機会にあまり恵まれなかったようですが、8年のキャリアで86試合に先発、INTも12個記録しています。FSということらしいので、とりあえずFSの空白を埋めた格好です。

 もう1人は、前NOのCBリー・トレンス。2008年の途中までスキンズにいた選手です。Dホールの途中加入で弾き出されてNOに移籍し、SBリングをゲットしています。スペシャルチーマーとして有能だったという記憶がありますが、それ以上はどうなんでしょう。

 ほとんどテンションの上がらない補強ですが、18ミリオンのキャップ削減を考えると、ベテランを安く連れてくるしかないでしょうね。

 この補強はドラフトにどう影響しますかね。あまり関係ない気がしますが、とりあえずOLの優先度が多少上がったかも。それでも、マディウ・ウイリアムスもトレンスも“保険”、あるいは若手が育つための一時しのぎでしょうから、ドラフトでのDB指名はまず間違いないと思います。

3巡候補

 1巡はRG3でロック、2巡はSTLに放出と、今年はドラフトを予想する楽しみがないのが少々物足りないところ(コルツが変な気を起こさないかが気懸かりですが)。ということで、最近は3巡をどのポジションに充てるのかに関心を寄せています。

 いろいろなモックドラフトをランダムに眺めていると、3巡候補はやはり、CB、S、OLが多いです。今年はSが超不作である一方、CBは豊作で、3巡でもいい人材が残っていると言われています。最近、スキンズはSFからFAになっているS Madieu Williamsにオファーを出したそうですが、SはFAで層を厚くしておいて、CBはドラフトで、という戦略を描いているんじゃないかと。

 OLの3巡候補でよく名前を見かけるのが、カリフォルニア大のTミッチェル・シュオーツという選手。野犬留置場さんによると、「パスプロの際の横の動きに難はあるが低い当たりからのランブロックが秀逸で、彼もまたNFLではピュアRTと目される一人。カリフォルニア大で4年間スターターを務め、3巡以降予想のOTの中では屈指の即戦力候補」だそうです。RTブラウンに不安を抱えるスキンズとしては適材のように見えます。3巡で残っていればの話ですけど。

 一方で、オレゴン大のRBラマイケル・ジェームズをスキンズの3巡指名と予想するモックドラフトも結構多いです。ジェームズのようなスピードスターが入ったら楽しそうだけど、さすがにRBを3巡で指名する余裕はないでしょうねー。

 話は変わって、FAになっていたDEケドリック・ゴルストンと再契約。ゴルストンは生え抜きですし、great locker-room guyと呼ばれるほどのナイスガイなので、ウレシイ動きです。これでDEは主力のボーウェン、キャリカー、2年目のジャービス・ジェンキンスに安定感のあるゴルストンが再加入。この他にダリオン・スコット、ダグ・ワーシントン、ケントワン・バルマーがロスターにおり、ドラフトでの指名はまずないでしょう。

 あと、元TBのOTジェームズ・リーという選手を獲得したそうです。とりあえず、キャンプでロスター枠を争う感じでしょうか。

XPS 13_300x250

プレシーズンスケジュールほか

 プレシーズンの大まかなスケジュールが発表されました。

Week 1 (Aug. 11-13) @ Buffalo
Week 2 (Aug. 18-21) @Chicago
Week 3 (Aug 25-28) vs. Indianapolis
Week 4 (Aug. 30-31) vs. Tampa Bay

 注目はコルツ戦。いきなりラック対RG3の対決が実現。本番モードのW3なので楽しみですね。

 さて、RG3がコルツのワークアウトを断ったそうです。本気じゃないコルツのためにワークアウトやっても時間の無駄と判断したんでしょうね。コルツはRG3を指名するかもしれないという噂があちこちから聞こえてきてちょっと不安になりましたが、このニュースを聞いて「コルツ=ラック」は確定だと確信しました。てゆうことで、「スキンズ=RG3」も確定ですねw

 先週末、ワシントンエリアで開かれたイベントに出席したRG3はスキンズグッズにサインしちゃったりして、早くもスキンズの一員のような雰囲気。映像に出てくる、ファンがなんとも嬉しそうなこと。長年待ち続けたフランチャイズQBですからねー。早くレプリカジャージが欲しいっす。ところで、#10はWRギャフニーが付けてるけど、どうするんだろう。

 話は変わって、キャップスペースを空けるために、僕はWRサンタナ・モスをトレードに出すと思っていたんですが、現時点でモスをトレードまたはリリースしても、キャップスペースは1.484ミリオンしか生まれないらしいです。6月1日以降だと3.15ミリオンのスペースができるそうですが、ドラフト後にトレードしてもなあ。逆にサラリーが安いギャフニーを放出した場合、2.65ミリオンの空きができるらしいです。でも、ギャフニーだとトレードは厳しいんじゃないですかね。

 モス、ギャフニーのほかに、FA加入のガーソン、モーガン、去年のドラフトトリオ+バンクス少年と、WR陣は数が多すぎるので、いずれにせよ整理が必要になると思います。

クロックス オンラインショップ